低金利ローンプランを利用するコツ - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/26(火)
キャッシングサービスには融資プランが1つのところがある一方、複数のプランを備えてユーザー自身が選べるようになっている場合もあります。また、少し特殊なケースですが、ユーザーが選べないにも関わらず複数プランを備えているサービスもあります。

たとえばイコール・クレジットの場合、同じ限度額300万円で

・金利6.5~17.5%の「イコール・クレジットNEO」
・金利25.0~29.2%の「イコール・クレジット」

という2つが用意されています。

また、最大手の武富士も限度額100万円で

・金利9.125%の「ゴールドローン」
・金利21.535%の「ロイヤルプラン」

等、やはり同じユーザーに2種類の融資プランがあります。

このように複数プランがあり、ユーザーが選べない場合はどうやってプランが決まるかといえば、キャッシング店舗が審査の結果によって「振り分け」を行なっているのです。

イコール・クレジットにしても武富士にしても、まず申込み時に記入された個人データ等を元に独自の審査をします。そして信用度が高ければ低金利プランを、そうでないユーザーには通常金利のプランを使うわけです。

こうすればキャッシング店舗にとっては貸し倒れ(自己破産や返済遅れ)で損をするリスクが減らせますし、私たちユーザーにとっても二段構えの審査があれば融資が受けやすくなるメリットがあります。

あとはどんな目安でプランを振り分けているかですが、

・他社での借入れ件数と総額
・ブラック情報(返済遅れなど)の有無
・年収の高さ

が大きなポイントになってきます。

さすがに年収額をアップさせることは私たち自身の意志でどうにもなりにくいですが、それ以外の部分については努力すれば改善することが可能です。返済日を守ることはもちろん、他社での借入れ件数が多い方は、おまとめローンを使うなどして信用度をアップすれば良いでしょう。

そして信用度をアップした状態でイコール・クレジットや武富士に申し込めば、何も対策をせず申し込むよりもずっと高い確率で、低金利ローンプランで融資OKにすることが出来るのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。