FC2ブログ

アイフル系のローンは審査厳しくなった? - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/17(木)
1週間ほど前から不祥事を起こした三和ファイナンスの業務停止が始まり、6月までこの状態が続く予定です。違法な取立てがあったとはいえ、かなり激甘審査で借りやすいローンだっただけに、処分が終わったあとの審査がどうなるか気にかかるところです。

キャッシング大手の行政処分といえば昨年のアイフルが思い出されますが、やはり処分から1年が過ぎた現在でもイメージダウンの影響は大きく残っています。

アイフル本社の発表したデータによれば、新規顧客数が70%近くも減ってしまっています。それに合わせて審査の可決率は半分ほどに落ち込み、条件のいいユーザーだけを選んで融資を行なっている様子がわかります。

ただしアイフル本社は不調が続いているのに対して、グループ内の各社は柔軟審査が続いています。

たとえば信販系のライフプレイカードはアイフルグループですが、以前からの評判通りに今でも高い可決率を誇っています。限度額は200万円でスピード融資にも対応し、意外な穴場サービスといえます。

また、事業者ローンのシティズも申込数こそダウンしましたが、可決率はほとんど以前と変わっていません。無担保で1500万円の融資額を誇るビジネスローンはかなり貴重で、事業者ユーザーの方にとっては困ったときに頼れるサービスになるでしょう。

本社が不振なのにグループ全体の融資残高がそれほど減っていないのは、こうしたグループ系列会社の積極融資があるからだと言えます。

よく最近のニュースでも「大手は審査が厳しくなった」と言われていますが、こうして系列ローンまで調べれば、実は柔軟融資が続いているケースがあります。マスコミで言われるイメージだけを信用するのではなく、自分できちんと情報を集めるのが柔軟ローンを使っていくポイントになるのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。