FC2ブログ

ローンのブラック情報は本当に消せる!? - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/09(水)
キャッシングサービスの審査が引き締められてきた影響か、融資を受けにくくなったユーザー相手に「過去のブラック情報を削除すれば新しく融資が受けられますよ」と持ちかける詐欺の手口が増えてきています。

金融庁へ特別な手続きをしてブラック情報(返済遅れや自己破産など)を削除し、その見返りとして手数料・保証料を請求してくる手口が多いようです。

しかし実際はどうかといえば、金融庁に働きかけても個人ユーザーのブラック情報が消えることは一切ありません。そもそも金融庁はブラック情報を管理しておらず、全国にいくつかある「信用情報機関」という組織がデータを保存・管理しています。

それなら信用情報機関にいえば個人のキャッシング履歴を消せるかといえば、それも無理です。間違って登録されてしまったデータを除けば、勝手に消すことは出来ないのです。

ただし、返済が遅れたり自己破産した不利なデータも永久に残るわけではありません。ちゃんと一定期間が経過すれば、そのデータは削除されます。

中でも「自己破産した」という事実はもっとも重く扱われ、破産してから7~10年はデータとして残されます。だからこの情報を見たキャッシング店舗やクレジットカード会社は、その利用者が申し込んでもカードを発行しないことになります。

この次に重要視されるのは、支払いが遅れたり債務整理をしたというデータです。信用情報機関によって少しは異なりますが、だいたい5年ほどは残されます。だからこの期間中は、やはり新しくカード発行がされにくくなるのです。

さらに意外と忘れがちですが、実際に遅延や自己破産をしなくても「カード発行を申し込んだ」という事実だけでもデータにしっかり残されています。この期間はおよそ3ヶ月~1年ほどになります。

つまり自分が審査に通るはずもないローンばかり連続して申し込むと、カード発行されないばかりか「申込みブラック」の状態にされ、長ければ1年は新しい融資が受けられなくなってしまうのです。

支払いが遅れてブラックにされるならともかく、申し込んだだけでブラック情報に記録されるのは非常に損な話です。しっかりカードごとの特長を調べ、自分の条件で審査に通りやすそうなところだけに申し込むのがポイントです。

いわゆるブラックリスト(ブラック情報)の基本的な知識を今回は書いてきましたが、このあたりを知っているだけで詐欺被害に遭う確率はずっと減らすことが出来ます。

それに、ちゃんとしたキャッシング店舗にもベティローンのように審査激甘なところはあります。まずは怪しい誘いに応じる前に、これらの柔軟サービスで申込みを試してみるのが良いでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。