FC2ブログ

キャッシング申込みはどうして手間がかかる? - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/19(木)
ほとんどのキャッシングサービスは一度でもカード作成すれば使い勝手は良好ですが、最初のカード作成時にはいろいろな手間がかかります。申込み自体はインターネットから可能なものの、最終的には身分証を送ったり書類とカードが郵送されてきたり、どうしても面倒な手続きが必要になってきます。

2001年には「IT一括法」という法律ができて、本来ならここでキャッシングの申込みもインターネットで完結するようになるはずでした。ところが消費者金融サービスはIT一括法の適用から外されたため、今でも書類のやりとりが必須なのです。

すでにオンラインショッピングでは書類不要でクレジットカード決済が簡単に出来るようになったのと比較すれば、どうしても不便を感じてしまうところでしょう。

それを少しでも簡単にするサービスを導入したキャッシング店舗に、クレディアがあります。

クレディアは2005年に業界で初めて、携帯電話のデジカメを使って身分証を撮影・送信できる「写プリ」をスタートさせました。いちいち店頭や契約機で身分証を送信したり、郵送する等の手間が省けるようになったのです。

これに続いて武富士も同じタイプのシステムを採用した「携帯\enむすび」をスタートさせ、キャッシング申込み時にかかる手間を半減させました。

また、今年の3月から武富士はイーバンク銀行と提携を強め、イーバンク口座のログイン画面から武富士のキャッシングに直接申込みが出来る「提携キャッシング簡単申込」のサービスも開始しました。

・イーバンク銀行に登録した個人データが最初から入力されている
・通常より低金利でキャッシング契約できる

という大きなメリットがあるため、この新サービスはユーザーにも好評です。

少しでも手間をかけず簡単に申し込みたいという方には、こうした気の利いたサービスが非常に重宝するでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。