キャッシングの個人情報が漏れると危険? - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/16(金)
ニュースをチェックしている方はご存じかもしれませんが、大手の印刷会社から大量の個人情報が流出し、ダイレクトメールの印刷を発注していた消費者金融・レイクからも5万人以上のユーザー情報が漏れたとのことです。

今回の事件はレイクの責任ではありませんが、レイクでキャッシングを利用していた方には自分の氏名や住所が悪用される心配が常につきまとうことになります。特に消費者金融やクレジットカード利用者のデータはヤミ金業者等にとって利用価値が高いため、個人情報には気をつかう必要があります。

ところが今でも中小キャッシング店舗の多くは、申込み時の情報セキュリティにあまり気を配っていないところが目立ちます。インターネットからの申込み情報はしっかりガードしないと、実は非常に危険なのです。

一方、IT系のキャッシング店舗はさすがにデータのセキュリティに弱点がありません。プリーバはその良い例で、ユーザーから送信される情報を「TRUSTeプライバシー・プログラム」と「ベリサイン方式」という二重のセキュリティで完全にガードしています。

プリーバといえば限度額300万円の柔軟キャッシングというイメージが強いですが、こうしたセキュリティ面の気配りも他社にくらべた大きなアドバンテージと言えるでしょう。

また、プリーバに並ぶ人気キャッシングのGMOネットカードも情報セキュリティに万全の体制をとっています。

送信される情報はすべてベリサインで守られている上に、去年の9月には取得がきわめて難しい「プライバシーマーク」の認定も受けました。インターネットを通じて送られる情報だけでなく、GMOネットカード社内での個人情報の扱いも非常にしっかりしていることが証明されているということです。

キャッシングの融資サービスがしっかりしているのに加え、情報セキュリティ体制も完備したサービスを探している方には、こうしたIT系のキャッシング店舗がベストな選択になってくれるはずです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。