おまとめ一本化向きカードローンの最新事情 - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/29(月)
高額融資でおまとめ向きだったいくつかの店舗がサービスを縮小する等、グレーゾーン金利の撤廃が迫っているためか、審査基準やサービス内容を変更するところが目立つようになってきました。

特に、おまとめ一本化をしたい場合は「どこでもいいから借りたい」という場合に比べて、低金利・高限度額・柔軟審査の3つをバランスよく満たしている必要があります。そのため、古いクチコミ情報はそれほど役に立たず、最新の情報を知っておくことが大切なのです。

たとえば阪急阪神グループのスタッフィは、3ヶ月ほど前におまとめ専用の新型ローンプランを発表したばかりで、まだそれほどユーザーにも知られていません。保証人が必要になりますが融資は非常に受けやすく、300万円までの一本化に威力を発揮します。

スタッフィといえば通常は限度額200万円まで即日スピード融資のフリーローン(特急キャッシング)が有名ですが、おまとめ専用プランが加わったことは知っておくと良いでしょう。

また、オリックスVIPローンカードも最近になって動きが見られました。

まず、ただでさえトップクラスだった低金利がさらに補強され、7.7~17.6%の設定になりました(変更前は8.0%~)。わずか0.3%のダウンですが、それだけ積極的にユーザーを増やしたいという融資姿勢が感じられます。

そしてほぼ同時に、CMを増やすなどの広告戦略にも力を入れ始めています。この時期から審査が柔軟になったという評判が増えているため、300万円の限度額も考えるとおまとめ一本化に向いたサービスに変わってきたと言えるでしょう。

楽天マイワンもVIPローンカードと同じようにキャッシング条件を変えましたが、こちらはさらに大がかりです。

もともと300万円で十分に高かった限度額を500万円までアップし、金利も7.0~17.8%と申し分ない数字になっています。公式WEBサイトに「他社からの借り換えもOK」と明言されていることから考えれば、おまとめ狙いのユーザーを対象にしたサービス強化だと考えられます。

このように、ほんの数ヶ月だけでも審査基準を変えたり、新しいキャッシングプランを追加する等、おまとめ向きになってきたサービスが意外にあることが分かります。低金利・高額なキャッシングに借り換えしたいユーザーの方は、これらの新しいサービスにもチェックを入れておくと役立つでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。