FC2ブログ

好調融資が続くIT系キャッシングサービス - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/27(土)
このところキャッシング業界の再編やリストラが進み、今までのように柔軟審査のところが多くは見られなくなってきました。すでにクレディア等の中堅グループは審査を引き締めに入っており、ついに昨日には最大手の武富士も「審査の厳格化」をユーザーに発表しました。

こうした動きは少なくとも各社のリストラがひと段落するまで続くと見られ、私たちキャッシング利用者は情報集めに苦労しそうです。やはり、グレーゾーン金利の廃止が法律で決まったのが大きなきっかけになったと言えるでしょう。

そんな中で、IT系グループを親会社にするキャッシング店舗は、消費者金融系キャッシングにくらべて比較的安定した柔軟審査を今も続けています。

好調の理由はいくつか考えられますが、

・もともと低金利なので、グレーゾーン廃止のダメージが少ない
・大手消費者金融の不祥事で離れたユーザーが、借り換え先に選んでいる

といった点がもっとも大きなところでしょう。IT系キャッシングは従来の消費者金融系にくらべて限度額が高めに設定され、低金利なところが今の時代によくマッチしているといえます。

このIT系キャッシングの代表例は、楽天グループの楽天マイワンになります。

500万円の限度額に金利7.0~17.8%という条件はライバルを寄せ付けず、その割に審査が柔軟なのでユーザーから高い評価を得ています。全国80000台ものATMネットワーク、それにインターネット銀行(ジャパンネット銀行)と提携したことによる24時間オンラインキャッシングへの対応等、サービス体制もかなり進化しています。

個人向けのキャッシングやクレジットカード事業は楽天グループでは中核事業の1つとされているため、まだまだ今年も積極審査が続く見込みです。

このほか、女性にも好評なイコール・クレジットや、激甘審査のプリーバ等、IT系のカードローンには限度額300万円クラスのサービスが揃い、楽天と同じくおまとめ一本化に使いやすくなっています。

最初にも書いたとおり、今後は消費者金融系キャッシングを中心にして、サービス内容や審査の甘さが大きく変わっていく時期になります。どこを選ぶか迷ったときには、安定して好条件・柔軟審査の見込めるIT系サービスを中心に検討していくのも、有効な方法だといえます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。