準大手なのに激甘審査? 三和ファイナンス - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/20(土)
キャッシング店舗には武富士やプロミス等の大手があり、それより融資残高がやや低くランキング10位くらいまでの消費者金融を「準大手」と呼ぶことがあります。全国に何千もある中小の消費者金融よりは上のランクなのですが、実はもっとも不況に弱いランクだともいわれています。

なぜなら、キャッシング申込者には

・返済余力のある初心者ユーザーは大手を選ぶ
・借入件数が増えてしまったユーザーは激甘審査の中小を選ぶ

といった傾向があって、その中間の性格を持った準大手キャッシングサービスが注目されにくいからです。最近では準大手の最有力だったGEグループやシティグループがキャッシング事業を大幅に縮小したように、ニュースを見ていてもよく分かります。

それでも数は少ないですが、三和ファイナンスのように柔軟融資の路線を強く打ち出して順調にサービスを運営出来ているところもあります。

三和ファイナンスはちょうど融資残高のランキングが全国10位くらいに位置する準大手で、今年で創業35年になる老舗キャッシングです。普通は大手~準大手とよばれるところの審査は「職業属性に甘く」「他社利用件数に厳しい」という特長がはっきりしているのですが、三和ファイナンスはどちらに対しても激甘の審査基準を採用しているのです。

そのため大手では審査に通らなかったけど、中小で借りるのはちょっと心配…といったユーザー層からの支持を得ることが可能になり、キャッシング不況の現在でもそれほど目立った苦戦をしていないのでしょう。

また、大企業のスケールを生かした店頭・ATMネットワークはほとんど大手並みを実現し、電話からの振込みキャッシングにも対応する等、即日スピード審査もあわせて使いやすいキャッシング環境が揃っています。100万円まで融資可能という高い限度額もユーザーからは好評です。

このように大手クラスのサポート体制と中小クラスの激甘審査、その両方をバランス良く備えた三和ファイナンスは、いわゆる準大手キャッシングのなかでは飛び抜けた存在だと言えるでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。