FC2ブログ

クレディアとオリーブ 店舗閉鎖の影響は!? - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/09(火)
まだ1月も上旬ですが、低金利キャッシングを狙いたいユーザーには見逃せないニュースが出てきています。高額・低金利ローンで知られるクレディア(女性向けにはオリーブ)が、今年2月までに大幅なサービス改定を行うというものです。

具体的にどこが変わり、どこが変わらないかを簡単にまとめれば、

・自社の有人店舗がすべて閉鎖される
・自社の無人店舗(ATMと自動契約機)がすべて廃止される
・限度額200万円、7.5~18.72%の低金利はそのまま残る
・電話キャッシング、ネットキャッシングはそのまま残る
・提携コンビニ、銀行等のATMはそのまま使える

といった形になります。「全店舗閉鎖」といえばショッキングに聞こえますが、実際は提携ATMネットワークやネットキャッシングが以前と同じように使えるので、さほど不自由はないでしょう。

何より、高額と低金利をバランスよく両立させたプレミアムプランが残るのは嬉しいところです。

ところで今回のサービス改定の背景には、やはりキャッシング業界全体の厳しさが考えられます。去年はグレーゾーン金利の廃止を盛り込んだ「改正貸金業規制法」が成立したり、アイフルをはじめ消費者金融の不祥事が連続した1年で、全体的にユーザー離れが進みました。

それにこれからキャッシング金利が下がると、消費者金融は今までのような利益を得ることが出来なくなります。そのため、クレディアのような優良企業(2006年も営業収益はアップしています)でさえ将来を考えてリストラ策を実行しなければいけないのです。

とはいえクレディアは東証一部上場企業で、しかも国内クレジットカード最大手・JCBの子会社でもあります。また、出資しているIT系キャッシングのプリーバが追い風に乗っていることもあり、将来的な心配はそれほどありません。

2月の大規模リストラでひとまずクレディアの立て直しは完了すると見られ、その後は新型ローンプランの導入等、新しいサービスの登場が期待されます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。