FC2ブログ

おまとめローンを上手に使い分けるには!? - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/12(日)
10月から激甘審査で知られるスタッフィが新しくおまとめ専用ローンを開始するなど、借り換えユーザーを対象にした融資プランが人気を呼んでいます。これは以前にもお伝えした通り、今後は法律の貝瀬によって、1人あたりが借入れ出来る金額が制限される見込みのためです。

これからもキャッシングを利用していこうと思えば、今のうちから低金利のおまとめローンに乗り換え、借入件数と総額のどちらも減らしておくのが得策になるのです。

そんな背景もあって申込者が増えているおまとめローンですが、「おまとめにも使えるローン」と「おまとめ専用ローン」に分けられることは意外に知られていないと言えるでしょう。

たとえば10月に社名を変更し、50万円まで15.0~18.0%の低金利で使えるようになったNISグループは、実は限度額1000万円という大型のローンも持っています。これは、借入先を一本化するためだけに用意されたおまとめ専用ローンになります。

ただ単に高額な融資が受けられるだけでなく、

・連帯保証人が1人以上必要になる
・おまとめ以外には使えない

といった制限があるのは注意が必要です。

その代わり、かなりの確率で金利12.0~18.0%の高額な融資を受けることができ、返済期間も10年以上とケタ違いの条件は大きなメリットになるでしょう。

普通の低金利キャッシングでは間に合わなくなった方には、まさに強力な味方となってくれるのがおまとめ専用ローンなのです。

また、おまとめ専用のローンが必要なほど借入額が多くない方は、逆に通常の高額キャッシングを利用するのが便利でしょう。保証人が必要ないだけ手続きは簡単になり、しかもおまとめ中も必要があれば追加で融資が受けられる等、柔軟性のある使い方が可能です。

ここで大切なのは、ただ限度額が高いというだけではなく、高い融資枠の実績を持ったサービスをうまく選んでいくことです。

この点で有利なのは、オリックスVIPローンカードモビットになります。

オリックスVIPローンカードは限度額300万円に金利7.7~17.6%、そしてモビットは限度額300万円で金利15.0~18.0%と、おまとめ用途には申し分ない融資条件を備えています。しかも実際に高い金額での融資が下りやすいと評判が良く、そうした意味でも借り換えには最適といえます。

すでに高額な借入れがあるなら保証人を付けた専用ローンを選び、まだ金額がそれほどでないならVIPローンカードやモビットといった高額・柔軟キャッシングを選んでいく等、同じように見える「おまとめ一本化」でもベストな選択が違ってくるのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。