おまとめに向いた高額・柔軟キャッシング - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/07(火)
今回の国会に提出された貸金業法の改正案には、グレーゾーン金利の廃止が盛り込まれています。これはニュースでもよく取り上げられたので知っている方も多いでしょう。

しかし、それと同時に

・貸金業を営むには、総資産5000万円以上が必要
・年利109.5%以上で融資をした場合、最高1億円の罰金

といったように、業者側への規制が強められているのをご存じの方は少ないのではないでしょうか。

これはどちらも、グレーゾーン金利の廃止後に予想される「ヤミ金の増加」をあらかじめ防ぐための対策になっています。

つまり金利の上限が20%まで下がるとキャッシング申込み時の審査が厳しくなって、借りられなくなった人がヤミ金に流れることを想定しているのです。

実際、私たちユーザーが今使っているキャッシングが金利ダウン後にも同じように利用できる保証はありません。そのため、複数の借入先があるユーザーは現在、限度額が高いローンで一本化を進めている状況です。

楽天マイワンは、このおまとめ分野で定評のあるキャッシング店舗になります。

何と言っても最大のメリットは500万円の高額融資、7.0~17.8%の低金利でしょう。以前までは300万円、7.8~17.8%の条件だったのが、今年4月からサービス改定されて現在の融資条件になっています。

審査もかなり柔軟との評判が高く、おまとめに使うには理想的なサービスといえるでしょう。

また、多くのユーザーが債務の一本化に向かっているのに合わせ、阪急グループのスタッフィもつい先日から「スタッフィ's300」というおまとめ専用ローンを開始しました。

限度額300万円、金利17.885~22.63%で楽天マイワンほどの条件ではありませんが、これはあくまで数字で見たときの話です。審査の柔軟さというおまとめ用途に大切なポイントを合わせると、このスタッフィも非常に頼れるカードローンだと言えるのです。

どちらのおまとめローンを選ぶかは使う人によりますが、金利を含めたバランスで考えるなら楽天マイワン、激甘審査に魅力を感じるならスタッフィの新型ローンが条件に合うでしょう。

こうして借入先をうまく一本化しておけば、複数の借入件数があることによる信用ダウンを防ぐことができ、この先グレーゾーン金利がなくなっても安心してキャッシングが利用出来るのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。