あなたは大丈夫!? お試し診断の活用法 - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/04(土)
よくキャッシングやクレジットカードの世界では「ブラックリストに載る」というような話が聞かれます。

実際にブラックリストという名前の書類があるわけではありませんが、債務の返済が遅れたりしたユーザーの利用記録(ブラック情報)が信用情報機関のコンピューターにデータとして残ってしまうのは本当のことです。

ところで意外に知られていませんが、返済が遅れたりしなくても残ってしまうブラック情報があります。

それが「申込みブラック」という状態です。

実は、信用情報機関には自己破産・返済の遅れといったデータのほかに、キャッシングの申込みをした履歴も数ヶ月間は残される仕組みになっています。つまり短期間でいくつものキャッシングサービスに次々と申し込んだユーザーがいれば、申込みブラックと判断されてしまうのです。

これがどういうことかと言えば、わずか数ヶ月でいくつものキャッシング申込みをするのは、

・1社だけでは必要額に届かないほどお金に困っている
・何社にも断られるということは、かなり信用が低い

とキャッシング店舗から見なされるからです。こうなると少なくとも数ヶ月間は、申し込めば申し込むほど審査に通らなくなるという苦労が待っています。

これをあらかじめ避ける方法としては、いくつかのキャッシング店舗がサイト上に用意しているお試し診断を利用するのが良いでしょう。

GMOネットカードはさすがにIT系キャッシングというだけあって、姉妹ブランドのベティ・ローンともども診断サービスを行っています。

サイト上の診断フォームに年収や勤続年数、他社での借入件数などを入力すれば、ほんの数秒で融資可能かどうか、可能な場合はいくらまでの限度額になるかといった目安が表示されて非常に便利です。

また、1週間無利息キャッシングで知られるノーローンもWEBサイトに診断フォームを用意し、GMOネットカードと同じように融資の可能性、そして限度額がわかるようになっています。

もちろんサイト上から分かるのは簡単なお試し結果だけですが、なんの目安も持たず次々に申込みを繰り返し、あげくに申込みブラックになってしまうような事態は避けることが出来ます。

どこのサイトも入力にわずか1分くらい、診断には数秒で済むところが多いため、この便利なサービスを活用しない手はないといえるでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。