大手4社が初の赤字!? キャッシングの今後 - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/24(火)
今年9月までの中間決算報告が、キャッシングの各社からも出されています。それによると武富士やアコム等の最大手4社すべてが上場から初めて最終赤字に転落してしまう可能性が出てきました。

会計基準の変更などがあったせいもありますが、やはり不祥事によるユーザー離れが深刻なのも見逃せない原因となっているでしょう。

このほかにも、現在のキャッシング(主に金利が高めの店舗)が抱えているのは

・グレーゾーン金利の廃止
・全国で起こされている過払い利息の請求訴訟
・低金利系キャッシングサービスの攻勢

といった経営に直接関係してくる問題がいくつもあります。

大手は最終赤字に転落しても1年くらいなら経営に影響ないと思われますが、中堅・中小のキャッシング各社は、どこか大手のグループに吸収されるか、独自のサービスを充実させて苦境を乗り越えるかの選択をしなければブランド名を残すことが難しくなってくるでしょう。

すでにグレーゾーン以下になるよう先手を打って金利を引き下げているところも見られ、生き残りをかけた競争はこれからも激しくなっていくでしょう。

まだまだ先行きが不透明な状況では、最新のニュースをチェックしていくほか、借りやすく限度額も高いマイベストビズGMOネットカードといったお得なサービスで融資枠を確保しておくのが何よりも重要になってくるのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。