FC2ブログ

バランス取れた銀行系カードローン - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/21(土)
グレーゾーン金利の廃止等で揺れているキャッシング業界ですが、つい先日も約2000人が「例外なき金利引き下げ」を求めて国会周辺をパレードしているニュースを見ました。いくつかのキャッシングサービスで不祥事が次々に出てきているため、特に金利が高い店舗を中心に風当たりが強くなっています。

大手の各社が広告を自粛するなど元気がない一方で、低金利をメリットにする銀行系キャッシングが伸びてきています。

その代表格の1つが、三井住友グループのアットローンになります。

おまとめにも使いやすい300万円の限度額と15.0~18.0%の低金利、それに審査が柔軟とあっては人気が出るのも当然といえるでしょう。即日融資、ネット・携帯キャッシング、豊富なATMなど条件面のバランスは文句のつけようがありません。

しかも親会社であるプロミスの店頭からも申込みが出来るようになり、ますます便利になっています。

また、三菱東京UFJグループのモビットも充実した融資条件とスピード等でユーザーから好評です。最近は電車内でも釣り広告を積極的に出しているため、よく普段から名前を見かける方も多いでしょう。

限度額300万円、金利15.0~18.0%はライバルのアットローンとまったく同じで、審査が意外なほど甘いというのもよく似ています。スピード面、ATM数、ネット対応等もほとんど互角の条件になっています。

ただし完全なプロミス子会社ではないため、プロミス店頭での申込みだけは対応していません。

どちらの銀行系キャッシングとも、いわゆる「消費者金融」とはイメージが離れているため、あまり他社が不祥事をしてもイメージダウンの影響をそれほど受けていません。それに、もともと低金利なのでグレーゾーン金利が廃止されても経営が悪化する心配はなく、これからもずっと安心して使い続けられるのが人気の秘密だといえるでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。