郵送も自動契約機も不要! お手軽ローン申し込みサービス - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/20(金)
キャッシングの契約をしたことがある方なら、わざわざ免許証等を持って店頭で見せたり、免許証のコピーを申込み時に郵送するのが面倒に感じたことがあると思います。これだけインターネットからの申込みが発達した今でも、「本人確認」は法律で義務になっているため避けられない手続きなのです。

ところが最近は、こうした手間を面倒に感じるユーザーに配慮し、身分確認をお手軽に済ませることが出来るサービスも登場してきました。

まず、オンライン専用のネットワンクラブは、特別な郵便サービスを使うことによって書類郵送の手間をうまく省いています。

これは郵便局の「本人限定受取郵便」を使い、キャッシング用のカードがネットワンクラブから自宅へ届けられるときに、免許証等の身分証を配達人に見せるだけで、書類を郵送したのと同じ効力を持つという便利なサービスです。

キャッシングに必要な手続きはすべてインターネットから済ませ、しかもカード受取もこのように簡単に行えるため、他店舗にくらべて格段に手間がかからなくなっています。

ネットワンクラブといえば激甘の柔軟審査、300万円までの即日キャッシングといった融資条件だけがクローズアップされがちですが、こうした便利な申込みサービスを提供している心遣いもありがたいところでしょう。

また、最大手の武富士はつい最近になって、携帯のデジカメ機能を使った「携帯\enむすび」のサービスをスタートしています。

これはネットワンクラブのように郵便サービスを利用するのではなく、携帯のデジカメで免許証等を撮影し、そのまま武富士の受付窓口にデータの形で転送するといったユニークな申込み方法になります。

この方法でも同じように、来店も郵送もせずキャッシング申込みを完了することが出来るため、近くに店舗やATMコーナーが見あたらないときでも問題なく利用出来ます。今のところドコモの特定機種でしか使えませんが、サービスが定着していけば対応機種は増えていくでしょう。

まだキャッシング各社は現在、金利や限度額といった条件面で競争を続けているところが多いですが、そのなかでネットワンクラブや武富士のように、申込みの簡単さにまで気を配ったところもあります。そういった信頼感のあるサービスを選んでいくことも、キャッシングには大切になってくるのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。