FC2ブログ

融資条件で選ぶ利息ゼロサービス - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/17(火)
キャッシングを利用するとき、少額だけを借りて次の給料日やボーナスで返すという使い方をしているユーザーの方はかなりいるでしょう。そんなときは金利の高いスピードキャッシングよりも、一定の期間だけ利息がゼロのサービスを利用したほうがお得になります。

外資系のGEグループが運営するレイクは、無利息の期間が長いキャッシングとしてよく知られています。

10月までのキャンペーンとされていますが、借りてから30日もの間、まったく利息が発生しないのはうれしいところです。いわば、給料1ヶ月分の前借りといった感じで使えます。

条件の方は限度額50万円、金利18.0~29.2%になっており大手より少し低金利です。店頭窓口やATM、ネット・携帯キャッシング等をバランスよく揃え、キャッシング入門者から使い慣れている方まで幅広く対応できるサービスでしょう。

本家のGEMoneyカードローンがやや厳しめの審査基準になっているためか、レイクは柔軟融資になっており借りやすさも優れています。

また、クレディアにはインターネット限定で15日間無利息キャッシングが用意されています。このプランは金利18.0~28.5%とほぼレイク並みですが、100万円までの限度額になっているため高めのキャッシングを使いたいときは役に立つでしょう。

ほかにもクレディアは限度額200万円、7.5~18.72%のプレミアムがあり、同じ限度額で比較するとトップクラスの低金利プランになります。

ほとんどのキャッシング店舗が限度額を50万円までに設定しているなか、比較的柔軟な審査で高額キャッシングができるクレディアは注目したいサービスです。

そして無利息キャッシングの定番といえば、やはりノーローンを忘れるわけにはいきません。

利息ゼロの期間は7日間と短めなものの、何回キャッシングをしても最初の7日間が無利息になるのは、全サービスのなかでノーローンだけの独自メリットです。

金利は22.5~28.835%で限度額は100万円までOKと、高額キャッシングにも対応した条件になっています。つい最近はネットから24時間返済などができるリアルタイム取引サービスをスタートし、店頭やATMのほかにも幅広い利用スタイルに対応するようになりました。

店舗数やATM、オンラインキャッシング可能といったサービス上の特長は、今回紹介した3ブランドすべてが満たしており、即日キャッシングへの対応も抜かりはありません。

一定の期間だけとはいえ、金利を取らないという思い切った特典を付けられるのも、やはり企業体力があるからと言えるでしょう。レイクは世界的企業のGEグループ、クレディアは信販大手のJCB、ノーローンは新生銀行のグループに入っているため今後もサービス面の向上が大いに期待出来ます。

初回の利用になるならレイクやクレディア、繰り返し使いたいならノーローンというように、信頼できる無利息キャッシングを上手に使えば利息負担を最小限にしてずっと、お得にキャッシングサービスと付き合っていけるでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。