銀行系から低金利、おまとめローンに必要なお申し込み方法を最速でお届けします。必見です!
2007/01/29(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

高額融資でおまとめ向きだったいくつかの店舗がサービスを縮小する等、グレーゾーン金利の撤廃が迫っているためか、審査基準やサービス内容を変更するところが目立つようになってきました。

特に、おまとめ一本化をしたい場合は「どこでもいいから借りたい」という場合に比べて、低金利・高限度額・柔軟審査の3つをバランスよく満たしている必要があります。そのため、古いクチコミ情報はそれほど役に立たず、最新の情報を知っておくことが大切なのです。

たとえば阪急阪神グループのスタッフィは、3ヶ月ほど前におまとめ専用の新型ローンプランを発表したばかりで、まだそれほどユーザーにも知られていません。保証人が必要になりますが融資は非常に受けやすく、300万円までの一本化に威力を発揮します。

スタッフィといえば通常は限度額200万円まで即日スピード融資のフリーローン(特急キャッシング)が有名ですが、おまとめ専用プランが加わったことは知っておくと良いでしょう。

また、オリックスVIPローンカードも最近になって動きが見られました。

まず、ただでさえトップクラスだった低金利がさらに補強され、7.7~17.6%の設定になりました(変更前は8.0%~)。わずか0.3%のダウンですが、それだけ積極的にユーザーを増やしたいという融資姿勢が感じられます。

そしてほぼ同時に、CMを増やすなどの広告戦略にも力を入れ始めています。この時期から審査が柔軟になったという評判が増えているため、300万円の限度額も考えるとおまとめ一本化に向いたサービスに変わってきたと言えるでしょう。

楽天マイワンもVIPローンカードと同じようにキャッシング条件を変えましたが、こちらはさらに大がかりです。

もともと300万円で十分に高かった限度額を500万円までアップし、金利も7.0~17.8%と申し分ない数字になっています。公式WEBサイトに「他社からの借り換えもOK」と明言されていることから考えれば、おまとめ狙いのユーザーを対象にしたサービス強化だと考えられます。

このように、ほんの数ヶ月だけでも審査基準を変えたり、新しいキャッシングプランを追加する等、おまとめ向きになってきたサービスが意外にあることが分かります。低金利・高額なキャッシングに借り換えしたいユーザーの方は、これらの新しいサービスにもチェックを入れておくと役立つでしょう。
スポンサーサイト
2007/01/27(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

このところキャッシング業界の再編やリストラが進み、今までのように柔軟審査のところが多くは見られなくなってきました。すでにクレディア等の中堅グループは審査を引き締めに入っており、ついに昨日には最大手の武富士も「審査の厳格化」をユーザーに発表しました。

こうした動きは少なくとも各社のリストラがひと段落するまで続くと見られ、私たちキャッシング利用者は情報集めに苦労しそうです。やはり、グレーゾーン金利の廃止が法律で決まったのが大きなきっかけになったと言えるでしょう。

そんな中で、IT系グループを親会社にするキャッシング店舗は、消費者金融系キャッシングにくらべて比較的安定した柔軟審査を今も続けています。

好調の理由はいくつか考えられますが、

・もともと低金利なので、グレーゾーン廃止のダメージが少ない
・大手消費者金融の不祥事で離れたユーザーが、借り換え先に選んでいる

といった点がもっとも大きなところでしょう。IT系キャッシングは従来の消費者金融系にくらべて限度額が高めに設定され、低金利なところが今の時代によくマッチしているといえます。

このIT系キャッシングの代表例は、楽天グループの楽天マイワンになります。

500万円の限度額に金利7.0~17.8%という条件はライバルを寄せ付けず、その割に審査が柔軟なのでユーザーから高い評価を得ています。全国80000台ものATMネットワーク、それにインターネット銀行(ジャパンネット銀行)と提携したことによる24時間オンラインキャッシングへの対応等、サービス体制もかなり進化しています。

個人向けのキャッシングやクレジットカード事業は楽天グループでは中核事業の1つとされているため、まだまだ今年も積極審査が続く見込みです。

このほか、女性にも好評なイコール・クレジットや、激甘審査のプリーバ等、IT系のカードローンには限度額300万円クラスのサービスが揃い、楽天と同じくおまとめ一本化に使いやすくなっています。

最初にも書いたとおり、今後は消費者金融系キャッシングを中心にして、サービス内容や審査の甘さが大きく変わっていく時期になります。どこを選ぶか迷ったときには、安定して好条件・柔軟審査の見込めるIT系サービスを中心に検討していくのも、有効な方法だといえます。
2007/01/26(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

去年くらいからニュース報道等でもグレーゾーン金利の話題がよく登場し、大手の消費者金融は金利が高いというイメージが定着しつつあります。たしかにグレーゾーン(20%)を超える金利設定が多かったのは事実ですが、最近はそんな状況も少しずつ変わってきています。

その代表例が、武富士が昨年11月からスタートさせた3つの新型キャッシングプランです。

ゴールドローンは既存ユーザー限定ですが100万円の限度額に9.125%という超低金利に設定され、条件によってはIT系・信販系の低金利キャッシングよりもお得になります。新規ユーザーには金利18.0%のドリームプランも追加され、今まであったプラン(50万円まで金利27.375%)に比べると、圧倒的なお得さを誇っています。

実際、この新型ローンプランを導入してから武富士の業績や少しずつですが回復に向かってきており、やはり大手が低金利ローンを開始するというインパクトは大きかったようです。

今のところ武富士以外の大手は新型ローンプランを準備段階ですが、それでもよく見ると意外に低金利なのがわかります。

たとえばプロミス は通常金利が17.8~25.55%と、中堅キャッシングよりむしろ安めに設定されています。さらに事業者向けの「ビジネスオーナーローン」は限度額300万円、金利15.0~19.8%で、20%を切る条件設定が魅力です。

また、アコムは通常金利が15.0~27.375%ですが、インターネットからの初回申込み限定で15.0~24.0%になる「NETdeお得な金利プラン」を今年1月から正式スタートさせました。

なお、参考までに大手ではない他社の例をあげると、中堅キャッシング店舗の金利、クレジットカードを使ったキャッシングの金利は今でもほとんどが25%以上に設定されています。

それらに比べれば、今回紹介したような大手キャッシングは決して高金利ではないと言えるでしょう。マスコミのニュース等によって作られた「大手だから高金利」というイメージは捨て、審査の甘さや強力なサポート体制を含めたトータル的な視点から、キャッシングを判断することが大切なのです。
2007/01/24(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

去年あたりからアコムや武富士など大手キャッシングが、店舗統合・希望退職者募集といった大規模なリストラ策を発表し、ニュースでも話題になっています。そうした中で沈黙を守っていたアイフルが、ようやく遅れてリストラ策をマスコミに発表しました。

その内容は、店舗数を現在の半分以下に削減して、従業員を2000人ほどカットするというかなり大幅なものです。

キャッシング各社のなかでもアイフルの苦戦ぶりは厳しく

・昨年4月の行政処分によるイメージダウン
・グレーゾーン金利の撤廃が決定された
・過払い利息の返還請求が全国で多発している

という三重苦に見舞われているのが現状です。特に昨年の行政処分からは新規ユーザー数が半減するなど、いまだに業績回復のメドはたっていません。

また、このリストラはアイフル本社だけでなく子会社にもおよびます。

例えば、激甘キャッシングで知られた「ネットワンクラブ」はすでに今年3月からアイフル本体に合併されることが決定しており、つい先日からは会員サービスを停止しています。

他にもアイフルの子会社には、会員数1300万人を超えるクレジット会社・ライフがあり、ライフプレイカードは柔軟審査と200万円の高額融資、店頭からATM、ネットキャッシングまで使える便利さのおかげで現在もかなりの人気サービスとなっています。

今後はライフプレイカードの方でも店舗の統合や審査基準変更があるかもしれないので、しばらくニュースから目を離せないと言えそうです。

逆にいえば、まだ今のところはリストラ策を発表したばかりなので、それほどライフプレイカードのサービスに影響は出ていないと言えます。大手のクレジット系なのに審査激甘という貴重なカードローンを使いたい方は、早めのうちに申し込んで融資枠を確保しておくのがベストな選択になります。
2007/01/22(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

いわゆる銀行のローンや目的別ローンとは違い、私たちが普段使っているキャッシングサービスはどんな用途にも使うことが出来ます。ただ、ほとんどすべての個人向けローンで唯一NGとされているのが、借りたお金を事業目的で使うことです。

事業用途に使うのは儲けも大きいですが、失敗したときのリスクがあまりに高く、通常のリスク計算をしている個人向けキャッシングでは対応しきれないからです。そのため、どの店舗でも「事業目的を除く」と条件がつけられているのです。

それに、普通の消費者金融は50万円ほどの融資枠が多く、どちらにしても事業に使うには不足してしまいます。

つまり、個人事業者や会社経営をしている方には、

・事業目的で使える
・限度額が大きい

の条件が必須になってくると言えるでしょう。

2005年に登場したばかりのビジネスローン、ビービーネットファイナンスが提供する「ショップサポート300」は、そんな条件を高いレベルで満たしている融資プランになります。

そのプラン名の通り限度額が300万円に設定され、金利もかなり安めの15.0~18.0%です。もちろん最初から事業者専用ローンなので、目的にはぴったりです。

しかも法人だけでなく個人事業者をターゲットにしているため、担保・保証人不要、事務手数料不要、最短で翌日のスピード融資に対応する等、小回りが利いた使い勝手の良いサービスになっているのが特長です。

また、多くの事業者ローンは契約時に決めた金額きっちりしか借りられませんが、ショップサポート300なら融資枠だけを最初に確保しておき、好きなときに限度額の範囲内で追加の借入れが出来ます。まるで個人向けキャッシングのような使い方が出来るのは、非常に助かります。

なお、これとは別に限度額500万円~1000万円の超大型プランも用意され、よほどの事業規模でない限りは十分なローン体制が整っています。せっかくのビジネスチャンスを逃したくない事業主の方には、審査が厳しく手間ばかりかかる銀行のローンよりずっと頼れるサポート役になってくれるでしょう。
2007/01/21(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

低金利でキャッシングを使いたいときは、消費者金融系のサービスを利用するのが第一に浮かぶと思います。しかしキャッシング目的が買い物の場合などは、クレジットカードのショッピング機能を利用したほうが安上がりになるケースが大半です。

まだ金利20%台のキャッシングサービスが多いなか、クレジットカードのリボ払い等は15%前後に設定されているためです。

あとはどのクレジットカードを選ぶかがポイントなのですが、KARUWAZAカードはかなり柔軟なカード発行をしており好評となっています。

カードの基本機能を見てみると、まずショッピング手数料が13.2%で、クレジットカードと比較しても安めです。それにキャッシング機能を使った場合の金利も18.0%で、ちょっとした低金利キャッシングに匹敵するリーズナブルな条件になります。

おまけにプレゼント等と交換できるポイント還元特典や、海外旅行・国内旅行でケガをしたときに備えた最大1000~2000万円の保険が付く等、年会費無料クレジットカードとはまったく思えないほどの充実したサービスが用意されています。

もちろん、クレジットカードの中では審査が甘いといっても、やはりそれなりの審査基準があるため必ずカード発行出来るわけではありません。また、即日カード発行とはいかないのでスピード面では消費者金融の方が有利なところもあります。

ただし、そんな部分を差し引いてもショッピング・キャッシング両方に活用できる便利なクレジットカードであることに変わりなく、普通の消費者金融にはマネできない豊富な特典は魅力的です。

2月末まではちょうど入会者全員にギフトカードがもらえるキャンペーン中なので、より審査が柔軟になるこのタイミングを逃さないのが賢い申込み方法です。
2007/01/20(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシング店舗には武富士やプロミス等の大手があり、それより融資残高がやや低くランキング10位くらいまでの消費者金融を「準大手」と呼ぶことがあります。全国に何千もある中小の消費者金融よりは上のランクなのですが、実はもっとも不況に弱いランクだともいわれています。

なぜなら、キャッシング申込者には

・返済余力のある初心者ユーザーは大手を選ぶ
・借入件数が増えてしまったユーザーは激甘審査の中小を選ぶ

といった傾向があって、その中間の性格を持った準大手キャッシングサービスが注目されにくいからです。最近では準大手の最有力だったGEグループやシティグループがキャッシング事業を大幅に縮小したように、ニュースを見ていてもよく分かります。

それでも数は少ないですが、三和ファイナンスのように柔軟融資の路線を強く打ち出して順調にサービスを運営出来ているところもあります。

三和ファイナンスはちょうど融資残高のランキングが全国10位くらいに位置する準大手で、今年で創業35年になる老舗キャッシングです。普通は大手~準大手とよばれるところの審査は「職業属性に甘く」「他社利用件数に厳しい」という特長がはっきりしているのですが、三和ファイナンスはどちらに対しても激甘の審査基準を採用しているのです。

そのため大手では審査に通らなかったけど、中小で借りるのはちょっと心配…といったユーザー層からの支持を得ることが可能になり、キャッシング不況の現在でもそれほど目立った苦戦をしていないのでしょう。

また、大企業のスケールを生かした店頭・ATMネットワークはほとんど大手並みを実現し、電話からの振込みキャッシングにも対応する等、即日スピード審査もあわせて使いやすいキャッシング環境が揃っています。100万円まで融資可能という高い限度額もユーザーからは好評です。

このように大手クラスのサポート体制と中小クラスの激甘審査、その両方をバランス良く備えた三和ファイナンスは、いわゆる準大手キャッシングのなかでは飛び抜けた存在だと言えるでしょう。
2007/01/16(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシングで審査が甘いと言われるところはいくつかありますが、これは大きく分けて

・他社での借入件数に柔軟
・収入額や職業の属性に柔軟

といった2種類の意味があります。大手のアコムやプロミスは「職業に甘くて」「借入件数に厳しい」等、その店舗によっていろいろな個性が出てくるのです。

その大手とは逆に、中堅クラスの消費者金融になると借入件数に柔軟ですが、主婦やアルバイトだと融資をしてくれないところが増えてきています。2009年までにグレーゾーン金利が廃止されるのを見越して、少し審査を厳しくしていると言えるでしょう。

そんな中で、アルバイトやパート、主婦などでも問題なく柔軟審査を行なっているサービスにスタッフィとベティ・ローンの2つがあります。

スタッフィは知る人ぞ知る激甘キャッシングの最有力で、運営はステーションファイナンスという阪急阪神電鉄グループの子会社が行なっています。ステーションファイナンスの頭文字を取って「スタッフィ」と呼んでいるわけです。

女性にも人気の激甘審査のほか、200万円までの即日スピード融資を備え、ネットキャッシングにも標準対応する等、ユーザーにとって使いやすいキャッシング環境が整えられています。

去年の11月には新しく限度額300万円のおまとめ一本化専用ローン(保証人が必要)をスタートさせる等、阪急グループの豊富な資金力をバックに積極的なサービス改善を進めてきました。

また、ベティ・ローンは、スタッフィと同等の激甘審査をしている女性向けキャッシングになります。

限度額が50万円でおまとめ一本化にはやや不足しますが、借りやすさと融資スピード(最短15分)、それにオンライン専門という手軽さが手伝って女性ユーザーから圧倒的な支持を得ています。

去年からはイーバンク銀行との提携を強め、夜9時までに申し込めば当日扱いで振込みキャッシングが使えるのも嬉しいところです。イーバンク銀行のキャッシュカードさえ持っていれば近所のコンビニATMで簡単に引き出しや返済が行なえるので、店頭窓口がないのはまったく気になりません。

今回の2つのサービスは限度額、金利の安さともにスタッフィがややリードしていますが、インターネットとの相性を考えるならベティ・ローンが優れています。

どちらもアルバイトや主婦の方にとっては非常に借りやすく、使いやすい柔軟審査キャッシングになっていると言えるでしょう。
2007/01/15(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

消費者金融のなかには初回ユーザーだけに金利割引など特典を用意するだけでなく、制限を設けることがあります。例えば、限度額300万円のプランでも「初回は100万円まで」になったり、身分証の提出を求められたりします。

まだ一度も返済実績がないのだから制限があるのは当然なのですが、それを面倒に感じたりする方も多いでしょう。

しかし、そうした制限が緩く、最初から便利に使っていけるキャッシング店舗もあるのです。

楽天グループの低金利ローンで知られる楽天マイワンは、驚くことに初回から限度額がフルに使え、なんと最大500万円まで利用することが出来ます。もちろん審査結果によって初回の限度額は決まりますが、おまとめ一本化にも十分使える安心感は他店にないメリットです。

さらに豊富なATMネットワークやネットキャッシング等、多彩なサービスを標準装備しているのも嬉しいところでしょう。初回ユーザーにとって制限が少ないだけでなく、全体的なサービスのバランスが整っています。

また、信販系カードローンのオリコのCRESTは、初回利用に必ず求められる「身分証のコピー提出」を必要とせず、余計な手間がかからない申込み体制を持っています。

身分証を郵送せず完全にオンラインで手続き完結するために「本人限定受取郵便」という郵便サービスをうまく利用し、カードお届け時に自宅玄関で身分証を見せるだけで本人確認が出来てしまいます。

今どきのキャッシングサービスはネットから申込み出来るのは当たり前のようになってきましたが、まだ身分証の提示が求められる手間だけは変わっていません。それを簡単な方法に置き換えたCRESTは、なかなかユーザーの視点からサービスを考えていると言えるでしょう。

さらにネットで各種手続きを完結できることは、店舗自体の運営コストを下げることにも繋がります。300万円の限度額に7.8~25.0%の低金利、全国15万台を超えるATMとネットキャッシング等をバランス良く揃えたサービス体制を維持できているのも、効率的なサービス運営の成果だと言えます。

もちろん初回ユーザーに使いやすいからといって、審査が厳しければ意味がありませんが、今回紹介した両サービスとも比較的柔軟な基準でカードを発行しています。最初から面倒な制限を気にせず使っていきたい方には、なにかと心強い低金利キャッシングでしょう。
2007/01/12(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

前回のエントリーで国内の有名キャッシングブランド、クレディアのサービス改定(店舗閉鎖等)をお伝えしたのに続き、今回は外資系キャッシングサービスの変化について簡単に紹介します。

というのも、ここ最近だけで有名な外資系カードローンのサービス体制に大きな変化があったからです。

まず300万円の限度額を持った低金利キャッシング、GE Moneyカードローンが去年の末に新規ユーザーの募集をストップすると発表しました。GEグループといえば、あの発明王エジソンが残した世界規模の会社なだけに、カードローンの募集停止は大きなインパクトがありました。

また、GEに並ぶ外資系の金融企業・シティグループが運営しているディックも同じく、今年の春までに全支店の窓口をおよそ8割ほど廃止するとマスコミに発表しています。GE Moneyカードローンとは違ってサービス自体は続いていきますが、8割も店舗数を減らすのはかなり思い切ったリストラ策だと言えるでしょう。

この背景には国内の消費者金融と同じように、グレーゾーン金利が廃止されることによって利益が大幅ダウンしてしまう見通しになっているからです。2009年までにキャッシング金利の上限が20.0%まで引き下げられ、ユーザー1人あたり年収の3分の1を超えて融資してはいけない規則(総量規制)が導入されます。

これを見越して、まだ余裕がある今のうちからサービス体制を変更し、低コスト体質にして将来の低金利キャッシング時代を乗り切ろうとしているのです。このあたりの事情は、外資系も国内系のカードローンも基本的に変わりません。

ただし外資系のキャッシング会社は企業体力がケタ違いに強く、国内企業のように簡単にサービスを全面停止したり、他社に買収される心配がありません。実際、ディックは今回も「コストダウンさえ出来れば十分に利益は出せる」と強気の発言をしています。

それにGEグループはGE Moneyカードローンを停止したとはいえ、日本のユーザーに古くから親しまれてきたレイク、(女性向けにレイクレディースローン)のブランドはそのまま継続していきます。ほんの数日前にはレイクATMに「カードレス返済機能」や「両替キャッシング機能」を新しく追加する等、すでにレイクにもサービス改善の準備が進んでいるようです。

これからしばらくはキャッシング業界も激動の時代に入りますが、豊富な資金力とグループ企業のメリットを生かした外資系カードローンは、低金利・柔軟審査などの点で国内キャッシングより有利な状況は変わらないでしょう。
2007/01/09(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

まだ1月も上旬ですが、低金利キャッシングを狙いたいユーザーには見逃せないニュースが出てきています。高額・低金利ローンで知られるクレディア(女性向けにはオリーブ)が、今年2月までに大幅なサービス改定を行うというものです。

具体的にどこが変わり、どこが変わらないかを簡単にまとめれば、

・自社の有人店舗がすべて閉鎖される
・自社の無人店舗(ATMと自動契約機)がすべて廃止される
・限度額200万円、7.5~18.72%の低金利はそのまま残る
・電話キャッシング、ネットキャッシングはそのまま残る
・提携コンビニ、銀行等のATMはそのまま使える

といった形になります。「全店舗閉鎖」といえばショッキングに聞こえますが、実際は提携ATMネットワークやネットキャッシングが以前と同じように使えるので、さほど不自由はないでしょう。

何より、高額と低金利をバランスよく両立させたプレミアムプランが残るのは嬉しいところです。

ところで今回のサービス改定の背景には、やはりキャッシング業界全体の厳しさが考えられます。去年はグレーゾーン金利の廃止を盛り込んだ「改正貸金業規制法」が成立したり、アイフルをはじめ消費者金融の不祥事が連続した1年で、全体的にユーザー離れが進みました。

それにこれからキャッシング金利が下がると、消費者金融は今までのような利益を得ることが出来なくなります。そのため、クレディアのような優良企業(2006年も営業収益はアップしています)でさえ将来を考えてリストラ策を実行しなければいけないのです。

とはいえクレディアは東証一部上場企業で、しかも国内クレジットカード最大手・JCBの子会社でもあります。また、出資しているIT系キャッシングのプリーバが追い風に乗っていることもあり、将来的な心配はそれほどありません。

2月の大規模リストラでひとまずクレディアの立て直しは完了すると見られ、その後は新型ローンプランの導入等、新しいサービスの登場が期待されます。
2007/01/08(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

クレジットカードには信販系や銀行系、流通系といった発行元ごとに種類がありますが、中でも特に審査が甘く発行されやすいのは大手スーパー等が発行する流通系のクレジットカードです。

さらに消費者金融と同じようにキャンペーン期間中は普段に比べて柔軟になるため、キャンペーン中の流通系カードはまさに「激甘」と言える状態なのです。

ちょうど現在、OMC(ダイエー系列)の発行するJiyu!da!カードが、その条件を満たすクレジットカードになっています。

オンライン専業銀行のイーバンク銀行と提携したのを記念したキャンペーンで、

・Jiyu!da!カードの会員である
・期間中の今月末までにイーバンク銀行で口座を作る
・イーバンク口座をOMCの引き落とし口座に登録する

という条件を満たせば、OMCカードのわくわくポイントが500ポイントもらえます。普通は200円のカード利用で1ポイントが貯まる仕組みなので、10万円分の買い物をしたのと同じだけポイントが貯まることになります。

条件が多くて面倒に思いますがすべてネットで手続きが出来て、Jiyu!da!カード自体の入会金・年会費はいっさい無料なので損はありません。

それどころかイーバンク銀行のキャッシュカード発行に通常1000円の費用がかかりますが、Jiyu!da!ユーザーなら無料で発行してもらうことが可能です。まさにお得だらけのキャンペーンだと言えるでしょう。

また、これとは別にJiyu!da!カードの期間限定デザイン「Xbox 360エディション」も今月15日までキャンペーンを行っています。

Jiyu!da!カードの基本機能に加えて

・Xbox 360の本体とソフト「ブルードラゴン」が特別価格で購入できる
・Xbox 360のメモリーユニットが無料でもらえる
・分割払い手数料が無料になる(先着1000名)
・1000円分のギフトカードがもらえる
・期間中のポイントが4倍貯まる

等の特典が付き、家庭用ゲームを買い換えたいと思っている方にはぴったりなキャンペーンです。

このように1つのクレジットカードが2つのキャンペーンを同時に展開することはきわめて珍しく、それだけOMCがこのJiyu!da!カードの宣伝に力を入れていることが分かります。柔軟チャンスは今月いっぱいになるため、早めに申し込んでおくのが良いでしょう。
2007/01/07(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

1月になって数日が経ち、前月(12月)分のカードローン人気ランキングが集計出来ました。今回は上位3つのキャッシングサービスに絞って、順位を紹介していきたいと思います。

2ヶ月ぶりにトップに立ったのは、UFJニコスのマイベストビズでした。

300万円の高限度額と低金利を両立させた最高クラスの融資条件はやはり今回も強く、1月まで実施のキャンペーン効果を合わせてユーザーからの高い支持を得ることに成功しました。4月にクレジット会社のDCカードを統合することも決まっており、まだまだサービス向上に期待が持てそうです。

それに次いだのは、去年10月から社名を変更したNISグループです。

50万円の限度額ながら金利は15.0~18.0%と低めに抑えられ、マイベストビズを超える激甘キャッシング審査が口コミで広がり、この順位にランクインしています。はっきり言って限度額50万円の即日キャッシングで比較すれば、借りやすさはトップクラスと言えるでしょう。

あとは本格的なネットキャッシング(携帯サービス含む)等、使いやすさのアップを期待したいところです。

そして3位にはプロミス が入って、大手キャッシングの意地を見せました。

いつも年末はノルマ達成のためキャンペーンに近い形で審査を甘くする消費者金融が多いですが、プロミスは特に普段より柔軟審査になることで定評があります。おそらく12月に好調融資だったのは、その影響もあるのでしょう。

こうして改めて見ると、やはり2006年の最後も低金利キャッシングが圧倒的な強さで上位ランクになりました。ベスト3には入りませんでしたがイコール・クレジットなどのIT系カードローンが順調にユーザー数を伸ばしてきており、今年は去年以上に激しいサービス競争が行われそうです。

キャッシング業界の動きが激しくてどのサービスを選べば分からない方でも、今回のランキングを参考にして多くのユーザーに支持されている店舗を優先的に選んでいけば失敗が少なくて済むでしょう。
2007/01/04(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

新年はどこのキャッシング会社も動きが鈍いと前回の投稿では書きましたが、大手のアコムは年明けと共にWEBサイトをリニューアルし、新しい優遇プランをスタートさせるなど積極的にサービスを行なっています。

新しくアコムが導入したのは「ネットde優遇プラン」というサービスで、これを利用すれば通常金利(15.0~27.375%)の上限を24.0%に値引きすることが出来ます。

利用条件は

・アコムの利用が初めてである
・インターネット(パソコンか携帯)から申し込んだ

という2点を満たせば良いので、初回ユーザーなら年収等の条件を考えず簡単に使えるようになっています。

実はこのプラン、去年までは「ネットde優遇キャンペーン」という名前で期間限定のキャンペーン扱いをされていました。それが予想以上に好評だったのか、本当は12月30日で終了するはずだったキャンペーンが正式な融資プランとして昇格した模様です。

大手キャッシングはどうしても金利が高いと思われがちですが、アコムの優遇金利は即日キャッシングで50万円まで金利15.0~24.0%となり、むしろ中堅キャッシング等よりも安い金利になります。

それに大手の特長として、他社での借入れ件数が少ない(3件以内)の場合はどこよりも審査が甘いというメリットがあります。手厚いサポートに加えて24時間年中無休で使えるATMネットワークを全国に持っていることを考えれば、アコムは大手でも「金利が高い」とは決して言えないでしょう。

このほかにも武富士は、去年10月から最低9.125%の超低金利キャッシングプランを導入して話題になったりもしています。ユーザーが金利に対して敏感になってきた現在、大手だからといって絶対に高金利というわけでもないのです。

どちらかといえば去年はアイフルや三洋信販の不祥事もあってユーザー離れが進んだ大手ですが、今年からは本格的な巻き返しが期待できるでしょう。
2007/01/01(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

新しい年がやってきました。まだ今のところ正月休みなのでキャッシング各社とも目立った動きはありませんが、今年は新しい改正貸金業法がスタートされる年です。おまとめ一本化を目指すユーザーの方には、大きな節目になる1年になることでしょう。

そんな中で特に今年注目していきたいのは、おまとめ向きのIT系、銀行系キャッシングサービスになります。

IT系キャッシングではイコール・クレジット楽天マイワンあたりがもっとも有力です。

それぞれ限度額300万円と500万円の超高額を誇り、金利の下限が10%を切っている等、まさにおまとめ一本化のためにあるようなサービス内容です。どちらも大手消費者金融のように店頭窓口を持たない低コスト運営なので、審査が甘めなのもメリットでしょう。

これはモビットアットローンといった銀行系キャッシングにも同じようなことが言えます。

運営コストが少ない上に、大手銀行がバックに付いているため貸し出しに使う資金調達に困る心配がまずありません。だからこそ300万円の限度額と10%台半ばの金利設定を持ちながら、IT系キャッシングに並ぶほどの柔軟な融資ができているのです。

このように今のところ借り換え・一本化に向いたサービス体制になっているIT系と銀行系キャッシングですが、まったく将来的に心配がないわけではありません。

今年から施行される新しい法律では、年収の3分の1を超える融資を禁止する、いわゆる「総量規制」が2009年までに行なわれることになっています。こうなると限度額が300万円のサービスでも、私たちユーザーの年収がその3倍(つまり900万円)なければフルに限度額を使い切ることが出来なくなってしまいます。

法律改正によって金利が下がるのはうれしいのですが、おまとめ一本化を狙いたいユーザーにとっては融資を受けられる上限額を下げられるのは、かなり厳しいことです。

おそらく今年中にすぐおまとめが利用しにくくなることは考えられませんが、リミットの2009年まで残された時間はそれほど多くありません。

まだ大きな変化が現れていない今のうちにIT系か銀行系の高額・柔軟ローンですばやく借り換えを済ませ、将来に備えておくのが一番賢いキャッシングの利用方法だと言えるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。