銀行系から低金利、おまとめローンに必要なお申し込み方法を最速でお届けします。必見です!
2006/11/28(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

昔とは違って現在はインターネットが普及したおかげで、キャッシングを利用するにも店頭やATMまで行かず振込融資で済むようになってきました。しかし、やはり外出時に急な出費が出来た場合などに備え、ATMも幅広く使えると心強いでしょう。

金利と限度額も確かに大事ではありますが、これからのキャッシングは「いかに使いやすく便利にするか」が各社の腕の見せ所になってくると言えます。

今のところ使いやすさで言えば、中堅カードローンのノーローンが非常に優秀です。

まず全国にあるノーローンの支店と自社ATM、それに数多くの提携ATMネットワークがあります。それに加えて携帯サイト、フリーダイヤルによる振込融資も使えます。

さらに最近になってインターネットを使った「リアルタイム取引サービス」をスタートし、イーバンク銀行の口座を持っていれば平日も祝日も関係なく、24時間好きなときにキャッシング・返済が出来るようになりました。

つまりノーローン1社だけ契約しておけば、外出時と自宅、オンラインとオフラインすべての状態でキャッシングサービスが使えるのです。

ノーローンはその性格上、100万円まで柔軟審査、そして「何度利用しても1週間利息ゼロ」という特長が目立ってしまいますが、使い勝手の良さだけを見てもきわめて優れたサービスを提供しているのです。

あらゆる面での使いやすさ、バランスを要求する厳しい目を持ったユーザーに対しても、かなり高いレベルで満足させてくれるサービス体制だと言えるでしょう。
スポンサーサイト
2006/11/26(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

普段からキャッシング申込みをする時、またはサイト上でお試し診断を受ける時に、必ずといっていいほど「勤続年数」を記入する欄があります。それほど気にせず記入していると思いますが、実は審査の通りやすさと限度額に大きく影響してくる部分なのです。

というのも、消費者金融はお金を貸すだけでなく、それを利息付きで返してもらわなければ運営していけません。

そこでもっとも重視されるのが、収入額の高さよりも「そこに何年間、安定して勤めているか」になります。年数が長ければ長いほどキャッシングの審査に通りやすく、逆に勤めはじめて3ヶ月くらいだと審査には不利です。

やはり勤続年数が短ければ

・いつ辞めるか分からない
・お金を返さず行方不明になりやすい

という不安がどうしても残ってしまうからです。

なお、実際にキャッシング申込みすると勤め先に確認の電話が来ますが、勤続年数まで確認されることは通常ありません。しかし消費者金融もプロなので、ウソを記入するとほぼ間違いなくバレてしまい、かえって不利になります。勤続年数は正直に書くのが原則です。

この勤続年数をどれだけ重視するかの度合いですが、キャッシング店舗によって変わり、プロミス アコムといった大手はこのあたりの基準が柔軟になっています。

勤続年数にどうしても自信がなく、他社の利用件数が3件までの方なら、むしろ大手キャッシングに申し込むのが間違いのない選択になるのです。
2006/11/25(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

実質年利が10%を下回る低金利カードローンを利用する方は、大きく分けて初めて使う場合と、他社から借り換えをする場合の2つがあります。ただし初回ユーザーはプロミスや武富士等の大手消費者金融を選ぶことが多いため、主に低金利カードローンは借り換え・おまとめ目的のユーザーを中心に支持されています。

このおまとめ目的では、楽天マイワンオリックスVIPローンカードの2サービスが特に高い人気を誇っています。

まずどちらも共通点として、限度額の高さと低金利がポイントです。楽天マイワンは500万円まで金利7.0~17.8%、VIPローンカードは300万円まで金利7.7~17.6%に設定されています。

例えば200万円を29%で借りていたとして、楽天マイワンに借り換えるだけで1年当たり最大20%(40万円)ほど利息が安く済む計算です。何社からも高い金利で借りている方は、この低金利ローンを使わない手はないでしょう。

また、好条件なだけでなく柔軟審査なのも重要です。どちらも他社の借入れ数にそれほど審査が厳しくなく、特に楽天マイワンの方は甘い状態がしばらく続いています。

そしてもう1つ大切なのは、実際に高い金額での融資実績が多いという共通点です。他の高額ローンに比べても楽天マイワンとVIPローンカードは飛び抜けて融資額が高く、おまとめユーザーを優遇していることが分かります。

なお、共通の弱点としては「即日審査ではない」というのがあります。ただ、急な出費でキャッシングを使うのとは違い、おまとめローンであれば審査に数日かかってもそれほど気にならないことが多いでしょう。

ただ単に低金利で限度額が高いカードローンは他にもいくつかありますが、今回紹介した2つは見た目の融資条件だけでなく、サービスの構造すべてがおまとめ一本化ユーザーに適した作りになっています。

キャッシングに関する法律が変わる前に少しでも債務額を減らしておきたい方には、こうしたおまとめ向けカードローンが良い選択肢になるでしょう。
2006/11/23(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

消費者金融の世界ではキャッシングの限度額が高く、金利が低くなるほど審査は厳しくなる傾向があります。つい先日登場した武富士の低金利プラン(9.125%~)等は、その良い例でしょう。

しかし運営している会社のスケールや業績によっては、良い条件でも審査が通りやすい場合もあります。すでに他社で何件も借入れがあるから無理だろう、と最初から諦めることはないのです。

IT系のイコール・クレジットは、今では数少なくなった高額・激甘審査のキャッシングサービスの1つです。

イコール・クレジットでは限度額300万円、金利幅を8.0~29.2%と広めに取り、1つだけのプランで全ユーザー層への融資に対応しているのが特徴です。

最初から300万円がフルに利用出来るわけではありませんが、50万円までの融資枠なら他社にくらべて恐ろしいほど激甘な審査になっています。また、50万円までは身分証だけの送付で融資が受けられ、収入を証明する書類が必要なく手続きも簡単です。

基本的に申込みからキャッシング、返済まですべてネット上で完結するため、自宅キャッシング派の方には使いやすいでしょう。

また、大手鉄道会社の阪急阪神グループが運営するスタッフィも審査が驚くほど柔軟なことで定評があります。

スタッフィの融資プランは大きくわけて2つあり、200万円まで金利23.36~27.74%のフリーローン、300万円まで金利17.885~22.63%のおまとめ専用ローンに分かれています。

おまとめ専用ローンのほうが使いやすい条件に見えますが、保証人が必要だったり他社からの借り換え用だけにしか使えないので注意が必要です。手軽にキャッシングするならフリーローンを選ぶと良いでしょう。

おまとめローンは当然ですが、フリーローンの方も借入件数に対してきわめて柔軟審査を行っています。借入件数が4件を超えていれば大手キャッシングではまず審査に通りませんが、スタッフィならその2倍くらい件数があっても意外なほど融資を受けられることがあります。

こうした激甘店舗の共通点としては、1つの企業ではなく複数企業が集まったグループ会社によって運営されているというのが挙げられます。収益源がカードローン以外にたくさんあるため、今のようにキャッシング業界が大不況でも影響を受けにくく、好条件で融資を続けられるというわけです。

そうしたところをうまく探して申し込んでいけば、借入件数がすでに多い方でも審査に通りやすく、高い融資枠で一本化もしやすくなるのです。
2006/11/21(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

オリックスVIPローンカード、NISグループの金利引き下げ、武富士の新型ローン導入など、この秋だけでもキャッシングの低金利化がいっそう進んできました。その一方で女性専用ローンはどうかと言えば、いまだに「審査は甘いけど高金利」のイメージが強くあります。

確かにレディースローンは貸し倒れリスクを高く見積もっている関係で、女性の方でも審査に通りやすいですが金利は高めのところが大半になっています。

しかし探してみれば、オリーブのように女性専用でありながら低金利、高額融資のサービスも見つけることが出来るのです。

オリーブの最大の特長はなんといっても優れた融資条件にあります。限度額200万円、金利7.5~18.72%のプレミアムプランは、レディースローンに限らず一般向けサービスと比べても非常に好条件となっています。

融資スピードが即日OKの素早さなので、日常のキャッシングからおまとめ一本化まで幅広く使えると言えるでしょう。審査も比較的柔軟なので、口コミで女性ユーザーの支持を集めています。

また、それほど高い融資枠が必要ない女性の方ならマイベストミューも有力な選択肢です。

金利は18.0%固定に設定され、50万円の限度額だけで比較するとかなりの低金利ローンになります。審査が比較的柔軟な上に、利用出来るATMが全国15万台、ネットキャッシング、携帯キャッシングに対応する等、その使いやすさは間違いなくトップクラスでしょう。

運営しているのは人気のマイベストビズと同じUFJニコスなので、実は隠れた実力派レディースローンと言えるのです。

もちろん単に審査激甘というだけなら、もっと高金利なレディースローンも選択出来ます。しかし借入件数がそれほど多くない場合や、一定の収入がある女性の方なら、あえて高金利なところを選ぶ理由もないでしょう。

そういった女性の方には、金利が低めでサービスのバランスが良好なレディースローンを使った方がお得になるのです。
2006/11/19(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

個人向けのカードローンを運営している会社には、大きく分けて消費者金融専門のところと、グループ企業で手広く他の事業も展開しているところの2種類があります。

今はニュース等を見ていても「消費者金融が赤字!」とばかり目に付きますが、よく見ると赤字になっているのはキャッシング・クレジットを専業でやっているところがほとんどです。逆に、グループ全体で幅広く営業している会社はこの時期でも十分に儲かっているところがあるのです。

例えば個人向けローンに参入している中では、GEMoneyカードローンを運営するGEグループが前年比で10%以上の業績アップと好調な決算を出しています。

これはGEグループが世界中にネットワークを持ち、キャッシングだけでなく住宅ローン、保険商品、不動産担保ローン、クレジットカード等、さまざまな分野から安定した利益を得ているからです。

まだGEブランドが登場してから1年半ほどしか経っていませんが、こうした巨大金融グループの資本力をバックにし、日本でも300万円の限度額、7.8~17.5%の低金利キャッシングでユーザー数を増やしています。

また、GE Moneyカードローンのユーザーには、勤務先の倒産といった突然のトラブルに備えて最大6ヶ月分の返済を保障してくれる等、国内の消費者金融ではどうやっても真似できないような独自サポートが付いてくるのも特長といえます。これも、国際評価でトリプルAの財務力を持っているGEグループだから実現出来るサービス内容でしょう。

このように消費者金融の業界が不況だと言われていても、実際はしっかりと黒字を出すどころか業績アップまで果たしている会社はあります。そんなブランドをうまく探し出すことができれば、キャッシング不況の時代にも安心してサービスを受けられるのです。
2006/11/18(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

国連機関が発表した最新のデータによると、ついに世界でのインターネット利用者数が10億人を突破したそうです。国別のランキングでは日本が8500万人を数え、アメリカと中国に次ぐ世界3位のインターネット大国になっています。

それに伴い、キャッシングの分野でも最近はインターネットを活用したカードレス方式の振込み融資がかなり増えてきました。

店頭窓口や専用ATMを使っている方にしてみれば、カードを発行しないやり方で便利に使えるのか不安を持っていることも多いでしょうが、実際はそれほど心配する必要はありません。

その代表的な例としてGMOネットカードを取り上げます。

GMOネットカードはIT系大手のGMOグループが運営し、代表的なカードレス方式のキャッシングとして広くサービス展開しています。

カードレスとはいえネット専業銀行「イーバンク銀行」と強く提携しているため、イーバンクのキャッシュカード(GMO会員なら無料で作成)さえ作っておけば、近所にあるコンビニATMを使って引き出し・返済が手軽に行なえます。

しかも通常の銀行とは違い、24時間いつでも使える上に手数料0円です。夜9時までに申込みを完了すれば当日扱いの入金をしてもらえる等、かなり時間的にも融通が利きます。

つまりカードレス方式だからといってATMが使えない訳ではなく、むしろ自由度が高いキャッシングが可能だと言えるでしょう。

また、カードレス方式だから店舗側のカード発行費用、管理費用がかからず、低コストで運営できる分だけキャッシング金利を下げたり条件面をアップさせることが可能です。

GMOネットカードは限度額50万円の柔軟スピード融資がよく知られているほか、おまとめにも使える限度額300万円、7.3~18.0%の低金利プランを用意しています。激甘から高額キャッシングまで幅広くラインナップが揃うのも、すべての手続きをオンライン化したことによる大きなメリットといえます。

さらに普段からカードを持ち歩く必要がなく、カードを紛失して困る心配もありません。GMOグループはすでにプライバシーマークを取得し、ネット上からの情報はすべてSSLを使った高度な暗号システムで送信されるため、総合的なセキュリティも問題ないと言えるでしょう。

こうして見るとカードレス方式のキャッシング店舗は使い勝手、融資条件、安全性すべての面でメリットが大きいことが分かるでしょう。どうしても店頭窓口や専用ATMにこだわる方は別ですが、インターネットを使っているほとんどの方には相性が良いサービスなのです。
2006/11/15(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

つい先日のエントリーで武富士が低金利の新型ローンを投入してきたとお伝えした通り、いよいよ大手キャッシングの巻き返しが開始されつつあります。

そこで今回は代表的な大手ブランド、武富士プロミス を取り上げて条件等のポイントを比較していきます。

まず武富士は既存のユーザー向けに限度額100万円のプランを導入しました。数年ほどの返済実績があることが条件となり、金利は9.125%と21.535%の2種類が用意されています。この2種類は収入などの属性によって利用出来るかどうかが決まる仕組みになっています。

それに新規ユーザーには新しく限度額100万円、金利18.0%のプランが加わり、元からあった限度額50万円、27.375%のプランと合わせて、合計4つの融資プランがラインナップされている状況です(新規ユーザー向けの2つのプランも収入の多さ等によってどちらを使えるかが決まります)。

新しく増えたプランはすべて低金利ですが、一方で新プランを使うにはある程度の基準を満たしている必要がある点は注意が必要です。

一方、プロミスは今のところ主なプランが1種類だけの状態で融資を行っています。

とはいっても限度額50万円、金利17.8~25.55%というのは、大手としては非常に使いやすくバランスに優れていると言えます。また、審査や申込み条件は少し厳しくなりますが最大300万円まで融資枠を延ばすことも可能です。

すぐに慌てて新プランを導入しなくても、今までと同じ金利設定でしばらくは十分やっていけるというのがプロミスの判断だと考えられます。

なお、プロミスもすでに武富士と同じく、金利18%を下回る低金利キャッシングの構想があるとマスコミに発表されています。そうした意味では、全体の金利が武富士に並ぶ日もそれほと遠くはないでしょう。

それ以外のサポート面では接客態度、24時間OKのサポートダイヤル、パソコンや携帯から手軽にキャッシング出来る等、どちらも完璧と言える互角の内容になっています。

大手でどちらを選ぶかは難しいところですが、すでに武富士を何年も利用していたり、職業や年収などの審査をクリアして低金利プランが選べる方は、武富士を選んでいくのが良いでしょう。

逆に、今のうちにプロミスで返済実績を積んで将来の低金利プランに備えたいなら、プロミスに申し込むのも有効です。

大手だから高金利、大手は初心者ユーザーしかメリットがないといった時代は以前のことで、これからサポート体制などが問われるようになると大手キャッシングの存在感はいっそう増してきます。

すでにキャッシングを使いこなしている自信がある方でも、大手が発表する新サービスの動向にはしばらく注目しておくと良いでしょう。
2006/11/13(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

ようやく9月までの中間決算が出てきたところで、まだ11月は各社ともおとなしい融資状況が続いています。それでも一部の好調なキャッシングサービスはキャンペーンを行なう等して、積極的にユーザー確保を行っています。

つまり今の時期にキャンペーン等の動きを見せているところは、キャッシング実績も好調とみて良いでしょう。

その代表がマイベストビズで、先月末まで予定していた入会キャンペーンを来年1月まで大幅に延長しています。

すべての入会者に1000円分のギフトカードが送られ、また利用者の中から抽選で30名にiPodが当たるというダブルチャンスの内容は以前と同じになります。キャンペーン中はカード発行も柔軟になるため、まだ申し込んでいない方は狙い目と言えるでしょう。

限度額300万円、金利7.8~17.6%、提携ATMが全国に15万台、それにネットや携帯キャッシングに対応する等、すべてにおいて弱点のないサービス内容は、もしキャンペーンがなかったとしても非常に魅力的です。

なお、マイベストビズを運営しているUFJニコスは実のところ、本業のクレジットカードの苦戦等があり、今期は大幅な赤字になるという業績の修正をしています。おそらくこういった部分をカバーするため、好調なキャッシング専用カードの会員を積極的に募集していると考えられます。

どういった理由だとしても、マイベストビズにこれから申し込もうと思っている方には、柔軟審査のキャンペーンが予定より延長されたのは歓迎すべきことです。このチャンスを逃さず、普段のキャッシングにもおまとめ一本化にも使える便利なカードローンで融資枠を確保していくのが良いでしょう。
2006/11/12(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

10月から激甘審査で知られるスタッフィが新しくおまとめ専用ローンを開始するなど、借り換えユーザーを対象にした融資プランが人気を呼んでいます。これは以前にもお伝えした通り、今後は法律の貝瀬によって、1人あたりが借入れ出来る金額が制限される見込みのためです。

これからもキャッシングを利用していこうと思えば、今のうちから低金利のおまとめローンに乗り換え、借入件数と総額のどちらも減らしておくのが得策になるのです。

そんな背景もあって申込者が増えているおまとめローンですが、「おまとめにも使えるローン」と「おまとめ専用ローン」に分けられることは意外に知られていないと言えるでしょう。

たとえば10月に社名を変更し、50万円まで15.0~18.0%の低金利で使えるようになったNISグループは、実は限度額1000万円という大型のローンも持っています。これは、借入先を一本化するためだけに用意されたおまとめ専用ローンになります。

ただ単に高額な融資が受けられるだけでなく、

・連帯保証人が1人以上必要になる
・おまとめ以外には使えない

といった制限があるのは注意が必要です。

その代わり、かなりの確率で金利12.0~18.0%の高額な融資を受けることができ、返済期間も10年以上とケタ違いの条件は大きなメリットになるでしょう。

普通の低金利キャッシングでは間に合わなくなった方には、まさに強力な味方となってくれるのがおまとめ専用ローンなのです。

また、おまとめ専用のローンが必要なほど借入額が多くない方は、逆に通常の高額キャッシングを利用するのが便利でしょう。保証人が必要ないだけ手続きは簡単になり、しかもおまとめ中も必要があれば追加で融資が受けられる等、柔軟性のある使い方が可能です。

ここで大切なのは、ただ限度額が高いというだけではなく、高い融資枠の実績を持ったサービスをうまく選んでいくことです。

この点で有利なのは、オリックスVIPローンカードモビットになります。

オリックスVIPローンカードは限度額300万円に金利7.7~17.6%、そしてモビットは限度額300万円で金利15.0~18.0%と、おまとめ用途には申し分ない融資条件を備えています。しかも実際に高い金額での融資が下りやすいと評判が良く、そうした意味でも借り換えには最適といえます。

すでに高額な借入れがあるなら保証人を付けた専用ローンを選び、まだ金額がそれほどでないならVIPローンカードやモビットといった高額・柔軟キャッシングを選んでいく等、同じように見える「おまとめ一本化」でもベストな選択が違ってくるのです。
2006/11/10(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

あいかわらずIT系・信販系等の低金利ローンが人気を集めているなか、いよいよ大手の消費者金融がキャッシング金利の引き下げを行ってきました。

それが、武富士の新しいプラン「ゴールドローン」になります。

新しい融資条件は金利9.125%、限度額が100万円に設定され、これは従来のプランに比べると金利3分の1、限度額2倍という驚くべきグレードアップと言えるでしょう。少なくとも今までのキャッシング業界で、金利が一気に3分の1になったという話は前例がありません。

ただしここで注意したいのは、すでに武富士の会員で返済実績を重ねているのが必要なのと、年収の10%までしか融資が受けられないという2点です。申込みには給与明細書などが必要になるため、収入のごまかし等は一切出来ない仕組みになっています。

また、新規ユーザーについても利下げが行なわれ、金利18.0%、限度額100万円の「ドリームプラン011」が登場しました。今までの金利27.375%にくらべると、圧倒的に使いやすくなったといえます。

気になるのは審査基準ですが、武富士側は「リスク管理を厳正に行い、貸し倒れリスクを低くする」とコメントしているところからも、今までより若干は引き締められる可能性があります。

いずれにしても、業界最大手の武富士が低金利ローンを投入したことで、キャッシング業界の変化がますます加速していくのは間違いないでしょう。おそらくプロミスやアコム等の大手も武富士を追いかけて金利を引き下げてくると見られます。

ユーザー側にとってはしばらく情報集めが忙しくなるものの、低金利キャッシングに新しい選択肢が増えるため、この金利引き下げの動きは歓迎すべきことだと言えるでしょう。
2006/11/08(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシング大手が揃って赤字決算を発表するなか、クレジットカード業界も業績をダウンさせるところが目立っています。実のところキャッシング・クレジットどちらも不振の理由は同じで、グレーゾーン金利を超えた部分の利息について返還を求める訴訟が、全国のユーザーから相次いでいるからです。

今まで消費者金融ばかり高金利だとマスコミに悪者扱いされていましたが、クレジットカードのキャッシング金利もよく見てみると、出資法の上限(29.2%)ギリギリの高金利が少なくありません。

先日になって大手クレジットカード会社のUFJニコスが大幅に業績予想を下方修正したのも、まさにそれが原因となっています。

それでも、この動きにすぐ反応してキャッシング金利を引き下げてきたクレジットカードがあります。

それが流通系大手、OMCのJiyu!da!カードになります。

以前はキャッシング金利が28.8%とかなり高めだったのが、最近になって16.0~25.0%まで大きく引き下げてきました。これは全国で相次ぐ利息の返還訴訟や、2009年あたりに予定されているグレーゾーン金利の撤廃をすでに見越したものでしょう。

まだ少しだけグレーゾーン金利(20%)を超えた部分はありますが、キャッシング専業のサービスと比較しても負けないくらいのキャッシング金利を備えるようになったのは評価すべきことです。

もともとJiyu!da!カードは、年会費無料、スピード発行、ポイント還元、自由な返済額、国内旅行保険、ショッピング保険、ダイエー各店での割引など特典が豊富なクレジットカードで人気を集めています。ここに今回のキャッシング金利引き下げが加わり、弱点がほとんど無くなりました。

また、他にも新カードデザインの投入、ネット銀行との連携を強化するといった数多くのパワーアップがされています。

キャッシング専用のカードだけで十分と思っていても、クレジットカードが1枚あるとショッピングにもキャッシングにも使えて便利なものです。クレジットカードの審査が厳しそうと諦めていた方でも、激甘発行でサービス豊富なJiyu!da!カードはきわめて有力な選択肢になるでしょう。
2006/11/07(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

今回の国会に提出された貸金業法の改正案には、グレーゾーン金利の廃止が盛り込まれています。これはニュースでもよく取り上げられたので知っている方も多いでしょう。

しかし、それと同時に

・貸金業を営むには、総資産5000万円以上が必要
・年利109.5%以上で融資をした場合、最高1億円の罰金

といったように、業者側への規制が強められているのをご存じの方は少ないのではないでしょうか。

これはどちらも、グレーゾーン金利の廃止後に予想される「ヤミ金の増加」をあらかじめ防ぐための対策になっています。

つまり金利の上限が20%まで下がるとキャッシング申込み時の審査が厳しくなって、借りられなくなった人がヤミ金に流れることを想定しているのです。

実際、私たちユーザーが今使っているキャッシングが金利ダウン後にも同じように利用できる保証はありません。そのため、複数の借入先があるユーザーは現在、限度額が高いローンで一本化を進めている状況です。

楽天マイワンは、このおまとめ分野で定評のあるキャッシング店舗になります。

何と言っても最大のメリットは500万円の高額融資、7.0~17.8%の低金利でしょう。以前までは300万円、7.8~17.8%の条件だったのが、今年4月からサービス改定されて現在の融資条件になっています。

審査もかなり柔軟との評判が高く、おまとめに使うには理想的なサービスといえるでしょう。

また、多くのユーザーが債務の一本化に向かっているのに合わせ、阪急グループのスタッフィもつい先日から「スタッフィ's300」というおまとめ専用ローンを開始しました。

限度額300万円、金利17.885~22.63%で楽天マイワンほどの条件ではありませんが、これはあくまで数字で見たときの話です。審査の柔軟さというおまとめ用途に大切なポイントを合わせると、このスタッフィも非常に頼れるカードローンだと言えるのです。

どちらのおまとめローンを選ぶかは使う人によりますが、金利を含めたバランスで考えるなら楽天マイワン、激甘審査に魅力を感じるならスタッフィの新型ローンが条件に合うでしょう。

こうして借入先をうまく一本化しておけば、複数の借入件数があることによる信用ダウンを防ぐことができ、この先グレーゾーン金利がなくなっても安心してキャッシングが利用出来るのです。
2006/11/04(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

よくキャッシングやクレジットカードの世界では「ブラックリストに載る」というような話が聞かれます。

実際にブラックリストという名前の書類があるわけではありませんが、債務の返済が遅れたりしたユーザーの利用記録(ブラック情報)が信用情報機関のコンピューターにデータとして残ってしまうのは本当のことです。

ところで意外に知られていませんが、返済が遅れたりしなくても残ってしまうブラック情報があります。

それが「申込みブラック」という状態です。

実は、信用情報機関には自己破産・返済の遅れといったデータのほかに、キャッシングの申込みをした履歴も数ヶ月間は残される仕組みになっています。つまり短期間でいくつものキャッシングサービスに次々と申し込んだユーザーがいれば、申込みブラックと判断されてしまうのです。

これがどういうことかと言えば、わずか数ヶ月でいくつものキャッシング申込みをするのは、

・1社だけでは必要額に届かないほどお金に困っている
・何社にも断られるということは、かなり信用が低い

とキャッシング店舗から見なされるからです。こうなると少なくとも数ヶ月間は、申し込めば申し込むほど審査に通らなくなるという苦労が待っています。

これをあらかじめ避ける方法としては、いくつかのキャッシング店舗がサイト上に用意しているお試し診断を利用するのが良いでしょう。

GMOネットカードはさすがにIT系キャッシングというだけあって、姉妹ブランドのベティ・ローンともども診断サービスを行っています。

サイト上の診断フォームに年収や勤続年数、他社での借入件数などを入力すれば、ほんの数秒で融資可能かどうか、可能な場合はいくらまでの限度額になるかといった目安が表示されて非常に便利です。

また、1週間無利息キャッシングで知られるノーローンもWEBサイトに診断フォームを用意し、GMOネットカードと同じように融資の可能性、そして限度額がわかるようになっています。

もちろんサイト上から分かるのは簡単なお試し結果だけですが、なんの目安も持たず次々に申込みを繰り返し、あげくに申込みブラックになってしまうような事態は避けることが出来ます。

どこのサイトも入力にわずか1分くらい、診断には数秒で済むところが多いため、この便利なサービスを活用しない手はないといえるでしょう。
2006/11/02(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

消費者金融の広告をじっくり見ている方はご存じかもしれませんが、キャッシングの店舗によっては金利の幅が大きく違っていることがあります。なかには1つのサービスなのに最低金利が10%以下、最高になると20%を超えるところも見られます。

実は、この金利幅は審査が甘いカードローンを見つけるための大切な手がかりにもなるのです。

その良い例が、人気のネット系サービス、イコール・クレジットになります。

限度額が300万円と非常に高く、金利は8.0~29.2%に設定されています。8.0%といえば業界でも最低レベルの金利で、逆に29.2%は出資法で決められた金利の上限です。ここまで1つのサービス内で金利が違ってくるところは珍しいでしょう。

この金利が示すのは、信用度が高いユーザーには低金利で融資でき、信用度があまり高くない(借入件数が多い等)ユーザーにも金利は高くなりますが融資可能ということです。つまり、どんなユーザー層にも対応出来るように金利が設定されているため、申込み時に「門前払い」される可能性が低くなっているのです。

実際、ネット系キャッシングのなかでもイコール・クレジットは審査が非常に甘いと好評です。特に女性ユーザーの割合が他社とくらべて高いのも、柔軟審査を証明しているといえるでしょう。

また、同じような性格のキャッシングにネット系のプリーバがあります。

限度額が300万円、そして金利は9.7~23.0%とかなり幅広くなっています。審査の方はイコール・クレジットと同じかそれ以上に柔軟を誇っていて、なかなか他店では難しいような方でもカード発行が期待できます。

この2つのサービスはどちらも高い限度額を持ち、高い融資枠を持てれば金利が下がるためおまとめ一本化にも十分使っていくことが可能です。逆に、少額でもいいから柔軟審査が希望というユーザーにも、即日スピードキャッシングで期待にこたえることが出来るでしょう。

このように、いつもなら見過ごしてしまうような「金利の幅」に注目するのも、激甘キャッシングを探したり、将来的におまとめ一本化を狙っていくには有効な方法といえるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。