銀行系から低金利、おまとめローンに必要なお申し込み方法を最速でお届けします。必見です!
2006/10/30(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

大手の消費者金融には、自社のブランドだけではなく別の会社に出資する、または買収する等して別ブランドのキャッシング会社を持っているところがいくつかあります。

これは、条件やサービス内容を変えることによって、自社ブランドと異なった層のユーザーを獲得するのに都合が良いからです。

例えばサンライフは、もともと独立した消費者金融だったのが、2001年に最大手のプロミスに買収されてグループ会社になりました。

限度額50万円、25.55~29.2%という融資条件はプロミスより少し不利なように見えますが、親会社にない激甘審査のメリットを持っています。

というのも、プロミスを含む大手消費者金融には3件規制という独自のルールがあり、申込み時に他社の借入れが3件以上あるユーザーには融資してはいけないことになっているためです。

いくら職業や収入の属性を柔軟に見ても、3件以上は駄目というルールに反することが出来ないので、その条件を満たさないユーザーには融資したくても出来ないのです。

そこで、他社件数が多めでも柔軟に融資を行なえるサンライフを用意し、幅広くキャッシングを利用してもらおうというのがプロミスの狙いになります。他店では無理だったという方なら、安心の大手が運営する激甘キャッシングは特に魅力的と言えるでしょう。

また、プロミスは三井住友銀行と共同で出資してアットローンも運営しています。

こちらは限度額300万円、金利15.0~18.0%の好条件で、主に定収入のあるサラリーマン等をターゲットにしています。

「消費者金融」のイメージを減らしながら銀行系のイメージを強く出すことで、普段からあまりキャッシングを使うことがなかったビジネスユーザーを掘り起こそうというのが主な狙いになります。

審査の甘さはプロミスとサンライフの中間あたりに位置し、バランス派のサービス内容に特長があります。

サンライフとアットローンはどちらもプロミスの子会社とはいえ、激甘で借りやすいサンライフ、高限度額・低金利の安定したサービスを誇るアットローンではユーザー層が重なる心配がありません。

そのため、プロミスとしても各サービスごとに最適な融資プランを用意できるのです。

このように、キャッシング大手が持っている子会社の性格の違いを理解しておけば、柔軟審査と低金利のどちらにも対応でき、より自分の目的にあったサービスを受けることが出来るようになるのです。
スポンサーサイト
2006/10/28(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

融資を受けるための手続きをするときは、大きく分けて店頭や自動契約機まで足を運ぶ方法と、インターネットや携帯サイトからオンラインで申込みする方法の2通りがあります。特に最近はキャッシングの利用者に若い方や女性の方が増えてきたので、誰にも顔を合わせずに済むオンライン申込みが主流になってきています。

しかしオンライン申込みといっても、その多くはキャッシング用カードを受け取るために、身分証(本人確認書類)をFAXしたり郵送する手間が欠かせません。せっかくネットで手続きが完了しても、これでは面倒が増えてしまうことになります。

こんなユーザーの不満に答えてか、ネット系のカードローンは本当にオンラインだけですべてが完結するサービスに力を入れはじめています。

その代表が、柔軟・激甘審査で有名なネットワンクラブです。

審査は甘いですが余裕の限度額300万円を持ち、金利は17.9~29.2%に設定されています。他社での借入件数に柔軟なだけでなく、パートや主婦、アルバイト、契約社員の方まで幅広く申込みをすることが出来るようになっています。

肝心の申込み方法ですが、ネットから必要事項を送信したあとは、そのままスピーディーに即日キャッシングが可能です。

カードは後日郵送になるのですが、ここでも身分証の郵送等は一切必要ありません。カードを届けに来た郵便局の配達人に身分証を見せれば、それだけでカードの受取ができるのです。

クレジットカードの郵送によく使われる「本人限定受取郵便」という特殊な配達法ですが、まだキャッシングサービスで導入しているところは少数派になります。ネットワンクラブはサービス開始時からこの不満点に目を付け、ユーザーが面倒な郵送やFAX等をしなくても申込み完結できるように配慮しています。

もう1つ、エキサイトローンも「本人限定受取郵便」を採用しているネット専業のキャッシング店舗です。

審査の甘さはネットワンクラブに及びませんが、限度額300万円(主婦・バイトは100万円まで)、15.0~18.0%の低金利はなかなか使いやすい条件になります。以前は審査に日数がかかっていましたが、今年8月から即日キャッシングにも対応を始め、最短25分の審査でスピード融資が出来るようになりました。

会員になって「eオリコサービス」に無料申込みをすれば、24時間いつでもパソコンや携帯サイトからキャッシングを利用でき、提携ATMのネットワークも142000台と豊富に用意されているなど、使い勝手についてもネットワンクラブに引けを取りません。

今回紹介した2つのサービスは総合的な実力は互角といえますが、激甘審査で誰でも申込みが出来るネットワンクラブに対し、ユーザーを少し選ぶ代わりに低金利ローンを実現したエキサイトローンと、個性が若干違うものになっています。

この違いをきちんと理解した上で、身分証の郵送不要なお手軽カードローンを選んでいくのが良いでしょう。
2006/10/26(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

融資を受けるとき、ユーザーは金利が高めでもサポートが豊富なところか、サポート体制をある程度割り切って低金利サービスにするかを選ぶことが多いでしょう。このように普通は、低金利とサポート体制の充実は両立させることが困難です。

金利を低くしようと思えば運営コストを削ることになり、あまりサポートにまで予算を回せないからです。

しかしオリックスVIPローンカードは低金利・高額キャッシングの有名ブランドですが、同時に充実したサポートを誇るサービスになっています。

まず条件面は300万円の限度額、7.7~17.6%の低金利とほとんどトップクラスの条件になっています。今までは金利の最低が8.0%だったのですが、今月からさらに利下げされ使いやすくなっています。

それに何より、

・24時間対応のサポートダイヤル設置
・銀行やコンビニ、郵便局等の豊富なキャッシング方法
・パソコン、携帯電話からのネットキャッシング対応
・オリックスのレンタカーや施設で10%の割引特典
・会員専用のメールマガジン無料発行
・24時間ネットから返済出来る、ゆうちょのペイジーに対応

といった、低金利のキャッシング専用カードとは思えないほどの使いやすさが揃っています。

他社が最近になって低金利カードローンに参入してきたのに比べ、VIPローンカードは20年近く前から低金利・高限度額のキャッシングサービスを展開しています。コストを減らしながらサポートを充実させるノウハウが多いから、こうした低金利とサポート充実の両方を行うことが出来ると言えるでしょう。

しかも、個人向けローンのほかにもリース業やレンタカー等、グループ全体で収益をあげているため、グレーゾーン金利が撤廃されても経営が揺らぐ心配はまずありません。使いやすく安心の低金利キャッシングという意味では、VIPローンカードはユーザーにとってかなり理想的な条件を満たしているサービスになるのです。
2006/10/24(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

今年9月までの中間決算報告が、キャッシングの各社からも出されています。それによると武富士やアコム等の最大手4社すべてが上場から初めて最終赤字に転落してしまう可能性が出てきました。

会計基準の変更などがあったせいもありますが、やはり不祥事によるユーザー離れが深刻なのも見逃せない原因となっているでしょう。

このほかにも、現在のキャッシング(主に金利が高めの店舗)が抱えているのは

・グレーゾーン金利の廃止
・全国で起こされている過払い利息の請求訴訟
・低金利系キャッシングサービスの攻勢

といった経営に直接関係してくる問題がいくつもあります。

大手は最終赤字に転落しても1年くらいなら経営に影響ないと思われますが、中堅・中小のキャッシング各社は、どこか大手のグループに吸収されるか、独自のサービスを充実させて苦境を乗り越えるかの選択をしなければブランド名を残すことが難しくなってくるでしょう。

すでにグレーゾーン以下になるよう先手を打って金利を引き下げているところも見られ、生き残りをかけた競争はこれからも激しくなっていくでしょう。

まだまだ先行きが不透明な状況では、最新のニュースをチェックしていくほか、借りやすく限度額も高いマイベストビズGMOネットカードといったお得なサービスで融資枠を確保しておくのが何よりも重要になってくるのです。
2006/10/22(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

ここ最近はキャッシング金利が10%を切るところが出てきて人気を集めています。ユーザーの方もニュース等でグレーゾーン金利の存在を知り、どうせ借りるなら最初からグレーゾーン以下に設定している低金利サービスを選ぼうとしているようです。

このように低金利キャッシングが1つのトレンドになっていますが、見た目の金利だけで判断している方も知っておきたい知識があります。

それが、限度額と金利の関係になります。

例えばニッシンは最近NISグループに社名変更し、金利を15.0~18.0%にダウンさせました。一方、楽天マイワン等は表示されている金利が7.0~17.8%なので、これを見る限りニッシンの方が高金利に見えます。

ところが楽天マイワンは限度額が500万円で、その利用コース(融資枠)によって金利が変わってきます。あくまで最低金利の7.0%で借りられるのは、満額の500万円が融資OKと認められた場合だけなのです。

ニッシンの限度額(50万円)で金利を比較してみると

・ニッシン(15.0~18.0%)
・楽天マイワン(17.8%固定)

となり、ほとんどの場合、ニッシンのほうが低金利になります。つまり見た目の金利表示と順位が逆転してしまうのです。

どんな用途にキャッシングを利用するかは人によって違いますが、50万円あれば普段使うには充分という方も多いでしょう。その場合は、わざわざ審査に数日かかる高融資枠のサービスを狙うよりも、限度額が低く即日スピード融資、しかも激甘審査になるニッシンのような店舗を選ぶほうが有利になってきます。

サービスを選ぶときは見た目だけの金利を考えるのではなく、限度額ごとの金利を比較するほうが間違いなく低金利キャッシングを探し出すことが出来るのです。
2006/10/21(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

グレーゾーン金利の廃止等で揺れているキャッシング業界ですが、つい先日も約2000人が「例外なき金利引き下げ」を求めて国会周辺をパレードしているニュースを見ました。いくつかのキャッシングサービスで不祥事が次々に出てきているため、特に金利が高い店舗を中心に風当たりが強くなっています。

大手の各社が広告を自粛するなど元気がない一方で、低金利をメリットにする銀行系キャッシングが伸びてきています。

その代表格の1つが、三井住友グループのアットローンになります。

おまとめにも使いやすい300万円の限度額と15.0~18.0%の低金利、それに審査が柔軟とあっては人気が出るのも当然といえるでしょう。即日融資、ネット・携帯キャッシング、豊富なATMなど条件面のバランスは文句のつけようがありません。

しかも親会社であるプロミスの店頭からも申込みが出来るようになり、ますます便利になっています。

また、三菱東京UFJグループのモビットも充実した融資条件とスピード等でユーザーから好評です。最近は電車内でも釣り広告を積極的に出しているため、よく普段から名前を見かける方も多いでしょう。

限度額300万円、金利15.0~18.0%はライバルのアットローンとまったく同じで、審査が意外なほど甘いというのもよく似ています。スピード面、ATM数、ネット対応等もほとんど互角の条件になっています。

ただし完全なプロミス子会社ではないため、プロミス店頭での申込みだけは対応していません。

どちらの銀行系キャッシングとも、いわゆる「消費者金融」とはイメージが離れているため、あまり他社が不祥事をしてもイメージダウンの影響をそれほど受けていません。それに、もともと低金利なのでグレーゾーン金利が廃止されても経営が悪化する心配はなく、これからもずっと安心して使い続けられるのが人気の秘密だといえるでしょう。
2006/10/20(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシングの契約をしたことがある方なら、わざわざ免許証等を持って店頭で見せたり、免許証のコピーを申込み時に郵送するのが面倒に感じたことがあると思います。これだけインターネットからの申込みが発達した今でも、「本人確認」は法律で義務になっているため避けられない手続きなのです。

ところが最近は、こうした手間を面倒に感じるユーザーに配慮し、身分確認をお手軽に済ませることが出来るサービスも登場してきました。

まず、オンライン専用のネットワンクラブは、特別な郵便サービスを使うことによって書類郵送の手間をうまく省いています。

これは郵便局の「本人限定受取郵便」を使い、キャッシング用のカードがネットワンクラブから自宅へ届けられるときに、免許証等の身分証を配達人に見せるだけで、書類を郵送したのと同じ効力を持つという便利なサービスです。

キャッシングに必要な手続きはすべてインターネットから済ませ、しかもカード受取もこのように簡単に行えるため、他店舗にくらべて格段に手間がかからなくなっています。

ネットワンクラブといえば激甘の柔軟審査、300万円までの即日キャッシングといった融資条件だけがクローズアップされがちですが、こうした便利な申込みサービスを提供している心遣いもありがたいところでしょう。

また、最大手の武富士はつい最近になって、携帯のデジカメ機能を使った「携帯\enむすび」のサービスをスタートしています。

これはネットワンクラブのように郵便サービスを利用するのではなく、携帯のデジカメで免許証等を撮影し、そのまま武富士の受付窓口にデータの形で転送するといったユニークな申込み方法になります。

この方法でも同じように、来店も郵送もせずキャッシング申込みを完了することが出来るため、近くに店舗やATMコーナーが見あたらないときでも問題なく利用出来ます。今のところドコモの特定機種でしか使えませんが、サービスが定着していけば対応機種は増えていくでしょう。

まだキャッシング各社は現在、金利や限度額といった条件面で競争を続けているところが多いですが、そのなかでネットワンクラブや武富士のように、申込みの簡単さにまで気を配ったところもあります。そういった信頼感のあるサービスを選んでいくことも、キャッシングには大切になってくるのです。
2006/10/17(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシングを利用するとき、少額だけを借りて次の給料日やボーナスで返すという使い方をしているユーザーの方はかなりいるでしょう。そんなときは金利の高いスピードキャッシングよりも、一定の期間だけ利息がゼロのサービスを利用したほうがお得になります。

外資系のGEグループが運営するレイクは、無利息の期間が長いキャッシングとしてよく知られています。

10月までのキャンペーンとされていますが、借りてから30日もの間、まったく利息が発生しないのはうれしいところです。いわば、給料1ヶ月分の前借りといった感じで使えます。

条件の方は限度額50万円、金利18.0~29.2%になっており大手より少し低金利です。店頭窓口やATM、ネット・携帯キャッシング等をバランスよく揃え、キャッシング入門者から使い慣れている方まで幅広く対応できるサービスでしょう。

本家のGEMoneyカードローンがやや厳しめの審査基準になっているためか、レイクは柔軟融資になっており借りやすさも優れています。

また、クレディアにはインターネット限定で15日間無利息キャッシングが用意されています。このプランは金利18.0~28.5%とほぼレイク並みですが、100万円までの限度額になっているため高めのキャッシングを使いたいときは役に立つでしょう。

ほかにもクレディアは限度額200万円、7.5~18.72%のプレミアムがあり、同じ限度額で比較するとトップクラスの低金利プランになります。

ほとんどのキャッシング店舗が限度額を50万円までに設定しているなか、比較的柔軟な審査で高額キャッシングができるクレディアは注目したいサービスです。

そして無利息キャッシングの定番といえば、やはりノーローンを忘れるわけにはいきません。

利息ゼロの期間は7日間と短めなものの、何回キャッシングをしても最初の7日間が無利息になるのは、全サービスのなかでノーローンだけの独自メリットです。

金利は22.5~28.835%で限度額は100万円までOKと、高額キャッシングにも対応した条件になっています。つい最近はネットから24時間返済などができるリアルタイム取引サービスをスタートし、店頭やATMのほかにも幅広い利用スタイルに対応するようになりました。

店舗数やATM、オンラインキャッシング可能といったサービス上の特長は、今回紹介した3ブランドすべてが満たしており、即日キャッシングへの対応も抜かりはありません。

一定の期間だけとはいえ、金利を取らないという思い切った特典を付けられるのも、やはり企業体力があるからと言えるでしょう。レイクは世界的企業のGEグループ、クレディアは信販大手のJCB、ノーローンは新生銀行のグループに入っているため今後もサービス面の向上が大いに期待出来ます。

初回の利用になるならレイクやクレディア、繰り返し使いたいならノーローンというように、信頼できる無利息キャッシングを上手に使えば利息負担を最小限にしてずっと、お得にキャッシングサービスと付き合っていけるでしょう。
2006/10/14(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

以前の投稿では、10月のタイミングは各社ともキャンペーン等の動きが少ないと書きました。これは下半期がはじまったばかりのため、それほどノルマに追われることもなく様子見のムードがあるからです。

それでも情報を集めてみると、いくつかの店舗では10月限定、または10月終了のキャンペーンを見つけることが出来ます。どれも他社の動きが少ないタイミングを狙っているだけあり低金利、高額キャッシュバックなど、お得なものが多くなっているのはうれしいところでしょう。

まず8月のサービス開始から人気が高いマイベストビズは、ギフトカードの全員プレゼント期間がいよいよ10月末までに迫ってきました。

7.8~17.6%の低金利、300万円の限度額とトップクラスの好条件に、ネット対応、携帯キャッシング対応、ATMネットワーク15万台というサポート体制が加わり文句なしのサービス内容と言えるでしょう。

キャンペーン期間中でカード発行しやすい今月末までが申込みのチャンスになります。

また、人気のネット系キャッシング・GMOネットカードは10月限定のキャッシュバックサービスを展開中です。10人に1人が10000円の高額キャッシュバックを受けられるのは、かなりお得でしょう。

限度額50万円で激甘審査のキャッシング50(金利18.0~29.2)、300万円まで使えて7.3~18.0%の低金利を誇るキャッシング300等、豊富なキャッシングプランが用意されています。

イーバンク銀行の口座があれば24時間いつでも利用出来るため、インターネット重視のキャッシングユーザーから特に人気です。

もう1つ、イコール・クレジットは9月から10月末まで優遇金利キャンペーンを行っています。

新規ユーザーが対象になりますが、契約から3年間ずっと5.5~18.0%の低金利でキャッシングが利用出来るため、1回限りではない長期間のお得なキャンペーンといえます。限度額も300万円でトップクラスになります。

GMOネットカードと同じくカードを発行しないタイプのネット系サービスで、パソコン・携帯からいつでも自由にキャッシングが利用でき、コンビニから24時間返済も可能などフットワークの軽さが魅力です。

このように数は少ないですが、現在のキャンペーンはどれも個性的なものが多く揃っています。しかも共通して高限度額・低金利の使いやすいキャッシング条件を備えているため、どこを選ぶか迷っているときには有力な選択肢になってくれることでしょう。
2006/10/12(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

先日も書いた通り中間決算シーズンを終えたばかりの10月はキャンペーンも少なめで、各社は激甘審査をしていた9月に比べ、審査基準をやや引き締めている状態になっています。

どちらかといえば審査に通るのが難しい女性の方や、借入件数が多めの方にとっては柔軟融資のサービスをいかに見付けていくかが大切だと言えます。

こんな時期に狙いたい女性専用ローンは、柔軟審査で定評のあるベティ・ローンが良いでしょう。

女性向けなので主婦やパート等の職業属性にはかなり甘い審査になっており、特に今月は10人に1人、1万円もの高額キャッシュバックを行うキャンペーン実施中のため、普段よりさらに激甘な状況が大いに期待出来ます。

5万円までを最速15分でスピード振込するプチベティと、50万円まで25.55~29.2%の金利で即日キャッシングOKな通常プランを揃え、スピード重視か融資枠を優先するかを選んで申し込むことが可能です。

イーバンク銀行の口座を利用した24時間のキャッシング・返済サービス、そして同じく24時間対応の電話サポート(オペレーターは全員女性)もユーザーには好評で、さすがは女性専用ローンのトップブランドと呼ばれるだけあります。

また、女性専用ではありませんが、阪急電鉄グループのスタッフィも柔軟審査で女性ユーザーに人気がある店舗になります。

こちらは200万円までの高額融資がメリットで、23.36~27.74%の金利が設定されています。それほど金利が安くない分だけ審査が甘く、借入件数が多めでも融資OKとなっているのは嬉しいところでしょう。

店頭やインターネットを使った24時間受付、最短10秒のスピード審査、もちろん即日融資に対応し、限度額や審査の甘さだけでなくサービスのバランス全体が良好といえます。

ちょうど10月に入ってから阪急グループは阪神電鉄グループを完全に経営統合し、ますます企業としての体力・ブランド力を強めました。これからはおそらく、阪神電鉄の駅にも専用ATMが設置されるなど、グループ統合のメリットを生かしたサービス強化が期待できるところです。

ついこの間も関西にある女性専用キャッシング店舗が不正な融資をして営業停止になっていましたが、審査に通りにくいユーザー層を狙ったヤミ金などは現在も被害を増やしています。

そうしたところに引っかからないためにも、経営母体がしっかりして、しかも柔軟審査のカードローンをきちんと抑えておくことは非常に重要なのです。
2006/10/10(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

50万円以上の高額ローンを申し込んだ方なら経験があるかもしれませんが、限度額300万円と表示されていても、実際は思っていたほどの融資枠が出ないことがあります。

もちろんこれには年収等の条件が足りないという理由もあります。しかし申し込むキャッシング店舗によっても、かなり融資枠に違いが出てくるのです。

これはおまとめ一本化に使いたい方には、大きな問題となってくるでしょう。一本化するには低金利なだけではなく、自分が使いたいだけの融資枠が下りることが優先だからです。

そんな時に頼れるのは、見た目の限度額だけではなく、実際に高額キャッシングが出来ると定評があるサービスになります。

楽天マイワンは金利7.0~17.8%、限度額500万円という条件に加え、100~200万円クラスの融資枠が比較的出やすいところとして知られています。まさにおまとめ一本化には有利と言えるでしょう。

即日融資でないのが残念なところですが、おまとめ一本化の場合は基本的に即日スピードが必要ないため、さほど欠点にはなりません。むしろ使えるATMが多く、ネットからのキャッシングにも対応する等、使いやすさが嬉しいところです。

また、オリックスVIPローンカードも楽天マイワンと並んで高額融資の実績がたくさんあります。

限度額300万円、8.0~17.6%の低金利は条件的にもおまとめ一本化にベストで、やはり100~200万円くらいの融資枠が出やすくなっています。もちろん高めの限度額にしたければ収入等がある程度の基準をクリアしている必要がありますが、全体的に審査は柔軟なのが特長です。

これからキャッシングに関する法律が改正されると、1人あたりの借りられる店舗数を制限されてしまう恐れがあります。そうなると今までのように、低い限度額で何件も利用するという方法がますます使いにくくなるでしょう。

そんな場合に備えるという意味でも、今のうちから高額融資のローンカードを作っておくことが重要になるのです。
2006/10/08(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

10月に入って数日がたち、キャッシング各社のキャンペーン等の動きは先月よりおとなしい感じになっています。上半期の決算を9月に終えたばかりの店舗が多いため、やや様子見のムードになっていると考えられます。

ちょうど9月分の人気ランキングが集計できたので、キャンペーン等で慌ただしかった先月を振り返ってみます。

まず先月もっとも人気だったのは、UFJニコスのマイベストビズでした。これで8月に引き続き2連続のトップを達成です。

7.8~17.6%の低金利に300万円という限度額、15万台の豊富なATMネットワーク、パソコン・携帯からのキャッシングOKと死角が見あたらないサービス内容が高い評価を受けています。

サービス開始後のため審査が比較的甘く、入会した全員にギフトカード等がもらえるキャンペーンも10月末まで続いているため、このままいけば3連続トップを狙えるかもしれない注目のサービスといえます。

次に、ランクを2位に上げて好調なのはネット系キャッシングのGMOネットカードです。

こちらも最大300万円の融資枠、金利7.3~18.0%とマイベストビズに負けていません。カードレス体制なのでキャッシング用のATMを直接使うことは出来ませんが、イーバンク銀行のキャッシュカードを作っていれば問題ありません。

ネットから手軽にキャッシングの手続きが出来るため、近所にあるコンビニATMでイーバンク銀行のカードを使えば24時間いつでもキャッシング・返済が可能なのは非常に便利でしょう。

また、ちょうどGMOネットカードは、今月から新たに1万円のキャッシュバック(抽選)キャンペーンをスタートさせており審査は甘くなっていると見られます。

ランキング3位には、あいかわらず好調をキープする楽天MONEYが入っています。

限度額200万円、金利12.0~18.0%とおまとめ一本化に使いやすい条件が魅力で、しかもキャンペーンがなくても安定して審査が柔軟なのがユーザーに好評です。

使えるATMが80000台、もちろんネットからのキャッシングにも対応とサポート内容にも不足は感じられません。借り換えユーザーからの支持を特に集めているようです。

このように激戦だった9月の人気ランキングも、終わってみれば低金利系のカードローンが強かったという結果になっています。1~3位すべてが低金利で、ネットからのキャッシング利用OKになっている等の共通点があります。

また、マイベストビズとGMOネットカードはともにWEBサイトから簡単なお試し診断を利用出来て、ユーザーはこの診断結果をもとに安心して申込みすることが可能です。いろいろキャッシング業界の先行きが不安になるニュースが9月は多かったので、安心感の高いカードローンが多く選ばれたと言えるでしょう。

この10月も低金利系キャッシングの上位独占が続くのか、大手消費者金融が巻き返しをはかるのか、その動きが注目されます。どこを利用するか迷っている方は、今回のランキング等も参考にし、たくさんのユーザーに選ばれているところを優先的に選ぶと良いでしょう。
2006/10/06(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

数多くあるキャッシングサービスには個性があり、低金利や高限度額、また柔軟審査等、それぞれのメリットを生かしてユーザーを集めています。こうした独自の個性はなかなか変わることなく、私たちユーザーにとってはブランド名とサービス内容がほとんど一体化していると言っても良いでしょう。

そんな中で、ニッシンは今月になってからブランド名をリニューアルし、サービス内容も思い切って大幅に変化を見せました。

まず社名をニッシンからNISグループに変え、それと同時にローン名称も「消費者ローン50」から「ファーストプラン」に変更しています。

そして限度額は50万円のままですが、15.0~18.0%と銀行系キャッシングに並ぶほどの低金利になりました。これまでは18.0~27.01%の金利で融資していたため、ずいぶん思い切った利下げだといえます。

金利18.0%以下と完全にグレーゾーン金利をクリアしており、50万円という限度額だけで比較すると、一気に業界トップクラスの低金利に躍り出た形です。どちらかといえば今までは高金利なイメージがありましたが、これからは借りやすい低金利キャッシングとして知られることになるでしょう。

ここで気になるのは、業界屈指の激甘審査で知られた審査基準がどうなるか、という点でしょう。もちろん金利をダウンさせた以上、今までのように超が付くほど柔軟な審査でなくなる可能性はあります。

しかしNISグループはもともと消費者ローンだけではなく、不動産担保ローンや保険など、多角的な金融サービスを展開している上場企業です。中小の個人向けローン専業なら金利の引き下げがダイレクトに審査基準にもはね返ってきますが、他でも十分な収益をあげているニッシン(NISグループ)の場合は、その心配は少ないと言えます。

おそらく他店とくらべて審査が柔軟な状態はこれからも続くと見られ、さらに今までより圧倒的な低金利になり、使いやすい即日スピードキャッシングとして融資を展開していくでしょう。

低金利ローンとして生まれ変わったニッシンの今後が注目されます。
2006/10/04(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

最近ずっと景気が悪いニュースばかり続いてきたキャッシング業界に、久しぶりに前向きな話題が出てきました。

消費者金融の大手7社が共同でインターネットサイトを開設し、借りすぎを防ぐため家計のバランスを診断する無料サービスを開始したというものです。

このサイト( http://www.kakei-shindan.jp/ )は「家計管理研究会」という名前で、

・家計管理診断チェック
・消費行動診断
・マネーライフ健康度チェック

の3つが現在は利用出来るようになっています。

さすがに大学や研究期間のエキスパートが集まって作成しただけあり、家計管理診断などはかなり本格的に家計の現状~今後が把握できます。

また、マネーライフ健康度チェックは、イエス・ノーの2択式なので気軽にテストが行えます。試しに私が自分でやってみると「総合リスク度:17(安全圏)」の判定になりました。

誰でもインターネット環境さえあれば無料で診断出来るため、特にキャッシングを利用している方はやっておく価値があると言えるでしょう。

こうした大規模なサイトを大手消費者金融が無料サービスで提供しているのには、いくつかの理由があります。

まず、消費者金融は高金利のせいで多重債務者を増やしている、という世間の批判が高まったため、それを和らげる効果を狙ったのがもっとも大きな理由でしょう。

特にグレーゾーン金利の動きが強まっている現在、少しでも世間の批判を和らげておくのはキャッシング業界にとって必須だと言えるからです。

また、本当なら9月末の段階で設立できていたはずの「多重債務者支援基金」が予定通りに立ち上がらなかったため、その失態をフォローする意味があるとも考えられます。

実はこの基金の設立メンバーも、今回のインターネットサイト設立メンバーとまったく同じ大手7社でした。しかし、基金の準備をしている途中で主要メンバーのアイフルが行政処分を受ける等トラブルが発生し、予定していた9月末のスタートが大幅にずれ込んでしまったのです。

その延期発表のわずか翌日に家計診断サイトを発表したタイミングを考えれば、照れ隠しの目的があると思われても仕方ないかもしれません。

このようにキャッシング業界の現状を考えるといろいろ深読みは出来てしまいますが、大手の消費者金融が連携してユーザーのために役立つ試みを始めたというのは間違いない事実です。

これから実施されるであろうさまざまなユーザー保護に向けて、大きな意味をもった第一歩と評価することができるでしょう。
2006/10/02(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

まだグレーゾーン金利廃止の自民党案が固まったばかりですが、この案に反対する動きが全国の弁護士などを中心に広がっています。今日のニュースでも、元・多重債務者が集まって「例外なき金利引き下げ」を求めるシンポジウムが開かれたという記事を目にしました。

自民党も先の選挙をにらみ、国民の人気を取っておきたいところなので、まだこれからキャッシング各社には厳しい方向で、金利がさらに引き下げられる可能性もあります。

そうなるとキャッシング申込み時の審査が厳しくなることは当然予想できるため、少しでも融資を受けるのにマイナスになるようなポイントはクリアしておくのが無難でしょう。

意外に知られていませんが、キャッシングに申し込んだだけでも数ヶ月間はデータが信用情報機関に残ります。ある程度多くなると「申込みブラック」という状態になり、その後の審査が不利になってしまうのです。

審査で断られて実際にキャッシングを利用していなくても履歴が残るのは変な感じもしますが、

・短期間に何件も申し込むということはお金に困っている
・しかも何件も断られているということは、よほど信用がない

と見なされるため、どうしても不利になるのです。

これを避けながら低金利キャッシングを利用していくためには、低金利で、しかもネット上から簡単にお試し診断ができる店舗を探すのがベストでしょう。

マイベストビズはこの条件を満たしており、限度額300万円、7.8~17.6%の低金利、しかもWEBサイトからお試し診断が可能です。シミュレーションは50万円までの診断となりますが、まったく目安がないのに比べると段違いに不安が減らせます。

もう1つ、GMOネットカードも申込み前の診断が可能な人気キャッシングです。

利用可能かどうかだけでなく、いくらまで融資が受けられるかの目安が表示されるため安心感は高いといえるでしょう。

最大300万円の限度額に7.3~18.0%の金利と、これからの低金利時代にマッチしており、おまとめ一本化をするのにも最適です。

このように低金利キャッシングを選び、しかも事前のお試し診断で融資が受けられるかどうかシミュレーションしてから申込みを行えば、借入件数・申込み件数ともに少ない状態で安心してキャッシングを使っていくことが出来るようになるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。