銀行系から低金利、おまとめローンに必要なお申し込み方法を最速でお届けします。必見です!
2006/09/30(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

前回のエントリーで、武富士が携帯カメラを使った「携帯\enむすび」を発表したと伝えましたが、その武富士が今日、キャッシング利用者全員にかけていた生命保険から脱退すると発表しました。

武富士を含む大手20社以上がユーザーに生命保険をかけていたというニュースはつい先日流れたばかりで、「契約者の生命で貸し金を回収するとは何事か?」と世間からの批判が強まっていたようです。

今になって保険への加入をやめても、しばらく消費者金融大手はイメージダウンからの業績悪化が避けられない状況といえるでしょう。

たびかさなる不祥事や悪いニュースで大手が苦戦する中、IT企業の楽天グループが運営するキャッシング2社は、それぞれ低金利と柔軟姿勢の融資によって好調を続けています。

特に人気なのが、楽天KCによって運営される楽天MONEYです。

もともと運営元の楽天KCはクレジットカード会社であり、そのキャッシング機能だけを独立させたのが楽天MONEYになります。そうした特殊な経緯でスタートしたせいか、一般的なキャッシングとは審査基準が違うともいわれています。

つまり、キャッシング他社での借り入れ件数には非常に柔軟となっており、すべてのキャッシング店舗の中でも特に審査が甘いグループになっているのです。

普通なら審査が激甘であれば金利が高かったりするものですが、楽天MONEYはまったく違います。むしろ金利12.0~18.0%、限度額200万円という激甘キャッシングでは破格の好条件が用意されています。

より柔軟な審査でおまとめ・一本化をしたい方には、ベストの選択になるでしょう。

また、とことん低金利・高額融資を目指したいなら、同じグループの楽天クレジットが運営する楽天マイワンが理想的になります。

こちらは限度額500万円、金利7.0~17.8%となっており、楽天グループ内どころか全キャッシングサービス中で最大級の融資条件を誇っています。

楽天MONEYの審査が甘いため目立ちませんが、この楽天マイワンも普通と比べればかなり柔軟審査でユーザーからは定評があります。

このように柔軟融資でありながら好条件キャッシングを続けられるのは、楽天グループが金融部門からの利益を重視しているからと考えられます。

楽天が先月に発表した中間決算では、売上高・経常利益とも過去最高になっていましたが、とりわけ楽天KCを中心とするクレジット部門は「前年比24倍」という驚きの売上アップを果たしています。

また、今月に入って親会社の楽天は、楽天KCに大幅な増資をすることを発表しました。

これにより、今後さらに楽天KCの資本力は強くなり、クレジット・キャッシングで新しいサービスを生み出したり、融資条件をさらにアップさせることが可能になるでしょう。私たちユーザーへのメリットも、ますます大きくなると言えるのです。
スポンサーサイト
2006/09/28(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシングの申し込みで、ネットから手続きすれば即日融資がOKという店舗が増えています。しかし基本的には郵送で本人確認書類を送ったりする必要があり、正式な手続きが完了するまでは少し時間がかかっていました。

そこで、ネット時代を反映したサービスとして、携帯電話のデジカメ機能を使って身分証(免許証等)を撮影し、そのまま送信することによって手続きを簡単にできる店舗が出てきました。

武富士は27日の報道で「携帯\enむすび」のスタートを発表し、携帯デジカメでスピーディーに申し込み手続きが出来るようになりました。さっそくこの新サービスは、28日から使えるようになっています。

ドコモの第3世代と呼ばれる比較的新しい機種を持っていることが条件で、申し込みの流れとしては以下のようになります。

・武富士のモバイル専用サイトに携帯からアクセス
・専用のiアプリをダウンロードする
・携帯のデジカメで免許証等を撮影し、そのまま送信
・申し込みが完了し、審査結果の連絡がある

この方法が登場するまでは、店頭や自動契約機に行って身分証を提示するか、身分証のコピーをわざわざ郵送する必要がありました。その手間を考えると、自宅など好きな場所から携帯電話だけで申し込めるようになって、スピードは大幅にアップしたといえるでしょう。

こうしたサービスは、15日間無利息や低金利ローンで知られるクレディアの「写プリ」が業界初でしたが、大手ブランドで同様のサービスを開始したのは今回の武富士が最初になります。

すでに武富士は最大手の名に恥じないよう、店舗やATM、電話などでの融資サポート体制は完璧に近い完成度を誇っていました。さらに今回、「携帯\enむすび」をスタートしたことによって他の大手に少しリードを広げたと言えます。

おそらく今後は他の大手消費者金融も同じようにサービス強化をしてくると予想されるでしょう。これからも健全な競争が続き、よりユーザーにとって便利で使いやすいサービスの展開が期待できるでしょう。
2006/09/26(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

あと1週間で9月が終わるということで、各店舗ともノルマ達成のために審査を甘くする等のキャンペーンを行っているところがあります。

こういったキャンペーンは確かに普段より借りやすくて便利ですが、あくまで一時的なものなので、サービスの質そのものが向上するわけではありません。やはり消費者金融の業界がイメージ低下などによってユーザー離れを起こしている時期のためか、新しくサービスを向上させるコストが出しにくいのかもしれません。

しかしそんな逆風の中でも、積極的に新サービスを打ち出し、使いやすさをアップさせている店舗があります。

そのうちの1つが、イコール・クレジットになります。

まだサービス開始から2年あまりしか経っていない新しいブランドですが、今年に入ってからだけでも

・3月 クレジットスコア(個人の信用度)開示サービスを導入
・4月 プライバシーマーク取得
・9月 優遇金利キャンペーンを開始
・9月 返済可能なコンビニを18000→33000店舗に大幅な増強

というように、次々とサービス体制をパワーアップしているのが分かります。

特に今月の優遇金利キャンペーンのインパクトは絶大で、最低5.5%~という低金利に驚かされた方も多いことでしょう。

限度額はおまとめ一本化にも使える余裕の300万円になっており、審査もかなり柔軟という評判です。

また、「何度でも1週間無利息」で有名なノーローンも、実はサービス向上にかなり力を入れている店舗なのです。

今年2月には新生銀行のATMが使えるようになり、6月には景品と交換出来るポイントサービスを開始、さらに同月に自動契約機の24時間受付サービスを増強し、プライバシーマークまで取得しています。

今月にはついにインターネットを使ったリアルタイム取引をスタートさせ、ほとんどサポート面で死角はなくなったといえるでしょう。

イコール・クレジットは以前から低金利という強みがあり、ノーローンも「1週間は何度でも無利息」という強烈なメリットを持っていました。

ところが、それだけに満足することなく、この2店舗はいまも積極的に新サービスを導入し続けているのです。

もちろん目的は多くの利用者を集めてたくさん利益を上げるためですが、すべてユーザー本位の発想からサービスが考えられており好感が持てます。

今後ますます苦戦が続きそうなキャッシングの業界ですが、こうした逆境に負けない前向きな姿勢をもった店舗が業界全体をリードしていくことになるでしょう。
2006/09/24(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

どちらかといえばキャッシングを考えるとき、サポートが充実した大手や低金利ローン、または審査が激甘など、目立った店舗ばかり注目されることが多くなります。

そのせいか、どうしても中堅~準大手クラスの店舗はあまり目立つことがありません。

では実際のところ、中堅クラスのカードローンはどんな状況かといえば、やはり「けっこう苦しい」というのが本音のようです。

このあたりは、ユーザーの自然な発想から考えると理解しやすいでしょう。

まず私たちが生まれて初めてキャッシングを申し込もうとするとき、いろいろ不安なのでCMなどでよく耳にした最大手を選ぶことが大半です。もちろん他社での借入れがない最初の状態なので審査もすんなり通りやすくなります。

しかし借入件数が増えていくと、大手ではキャッシングを利用しにくくなり、次に中堅や準大手の店舗に申し込むようになっていくでしょう。

つまり、中堅クラスのカードローンは大手に比べると借入件数が多いユーザーを相手に、リスクが高い融資をしなければいけないのです。

その一方で、中堅から準大手になるとサービスの質もそれなりに高いレベルが要求されるため、店舗やATMの設置、サポートダイヤルの人件費等でコストが多めにかかってしまいます。

こうして中堅クラスの消費者金融は、リスクが高い顧客を相手に、コストも高くなるという「板挟み」の状態にあるといえるのです。これが、中堅クラスが厳しい立場にある主な理由になります。

ところが逆にいえば、生き残っていくために独自のサービスを展開しているところが多いため、ユーザーから使いやすいと評判を得ているところが多いのも中堅クラスに多いのです。

例えばレイクなどはその典型的なところで、金利18.0~29.2%、限度額50万円、10秒審査の即日キャッシング等、かなり全体のバランスに優れています。

さらにパートやアルバイト申込み可能、初回の30日は利息ゼロといった独自サービスを展開し、審査も甘いため弱点らしい弱点がありません。むしろキャッシング初心者にも十分使いやすいと言えるでしょう。

飛び抜けた長所がないからといって中堅・準大手のカードローンを無視するのは、はっきりいって損なことです。ネットやATM等によほど偏った使い方をする方は別ですが、どんな場面でも安心して使えるのが実は大きなメリットになるのです。
2006/09/22(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

使うほどポイントが貯まるというポイント特典はクレジットカードで当たり前のように見かけますが、キャッシング専用のカードでは今までほとんどありませんでした。

やはり「キャッシングカードは融資機能だけで十分」という古い考え方が、消費者金融にも私たちユーザーにもあったのかもしれません。

ところが最近になって、付加サービスとしてポイント制を導入する店舗が出てきました。そろそろ低金利やスピード審査などのウリが出尽くしてきたため、新しいメリットを増やして競争を勝ち抜こうという目的があるのでしょう。

女性向けローンのマイベストミューは、今年8月から来年8月までという長期間のポイントキャンペーンを開始しています。

利用するごとにポイントが自動的に貯まっていき、そのポイント数に応じて好きなプレゼントと交換が出来ます。ギフトカードをはじめ、化粧筆やIH調理器など女性・主婦にうれしい商品がラインナップされています。

限度額50万円、金利は18.0%となっており、女性専用キャッシングとしては屈指の低金利を誇っています。完全にグレーゾーン金利をクリアしているため、これから上限金利が引き下げられても影響を受ける心配はないでしょう。

さらに利用可能なATMは全国に15万台、ネットや電話からの融資、携帯キャッシング対応等、どんな利用スタイルにも対応出来るのは大きなメリットでしょう。トータル的にかなり使いやすいサービスとなっています。

このようなポイントキャンペーンは、キャッシング自体から見ればオマケ的な要素かもしれませんが、ユーザーに利益を還元しようとする姿勢は積極的に評価しても良いと思います。

キャッシング関連の法律が改正されるとサービス面の低下が気になるところですが、マイベストミューのような店舗は、これからもユーザー本位の融資を行ってくれることが期待出来るでしょう。
2006/09/20(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

このブログサイトを読んでおられる方なら、同じキャッシング店舗でも決算シーズン直前や新サービス開始時には審査が甘くなるということを知っている方も多いでしょう。

こうしたタイミングを知っておけば、普通なら審査に通りにくいような好条件のキャッシングでも、案外すんなりカードを発行出来たりするのです。

ちょうど現在、そういった意味で注目したいサービスとしてはエキサイトローンがあります。

エキサイトローンは今年4月にサービスを開始したばかりで、その後しばらく(5月くらいまで)は驚くほど審査が激甘でした。ところが激甘キャンペーンで規定のユーザー数が揃ったためか、しばらくは審査の甘さも普通レベルに戻っていました。

それが現在、またかなり審査が甘くなっているのです。

9月は上半期の決算シーズンなのでカード会員数のテコ入れをしておきたいという事情があるかもしれませんし、最近は新しく低金利キャッシングも参入してきているため、新規ユーザーをそちらに取られたくないという焦りがあるのかもしれません。

いずれにしても審査が激甘になっている今は、申込みしやすいタイミングと言えるでしょう。

エキサイトローンはサービス開始から半年も経っていないため知名度はいまひとつですが、エキサイトや伊藤忠商事、そして信販大手のオリコ等の名だたるメンバーが出資しているため安心感があります。

限度額300万円に、金利15.0~18.0%というのは低金利キャッシングとして申し分ない融資条件でしょう。しかも審査スピードは最短25分、ネットから申込み完結、全国142000台のATMネットワーク、ネットから24時間キャッシングできる「eオリコサービス」を揃える等、かなりの好条件です。

実に意外な、といっては失礼かもしれませんが、本当に意外なほどハイレベルなサービス体制と言えるでしょう。

今回はおそらく9月いっぱいあたりで激甘審査の時期が終了すると見られています。クレジットカードで有名なオリコブランドの低金利キャッシングを利用したい方には、今がまたとないチャンスになるのです。
2006/09/16(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

グレーゾーン金利の廃止は金融庁や自民党内で議論が続いていましたが、今日のニュースを見ると調整案がようやくまとまり、秋の臨時国会へ提出するようです。

法律が改正されると、早ければ3年後の2009年には出資法の29.2%という上限金利が20%まで引き下げられることになります。ただし、その後さらに2年間は「短期・少額の融資」だけに限って最大25.5%という特例金利を認め、消費者金融の経営が苦しくならないように調整していきます。

つまり、法律が改正されて5年後には、完全に金利20%の時代がやってくるのです。

金利が下がってもキャッシング利用者のリスク(返済しない割合)は変わらないため、消費者金融の儲けは減ってしまう可能性があります。

ただでさえ貸金業者は、2005年度だけでも約2割が廃業しています。その上さらに金利が引き下げられると、また新たに廃業するところが増えてくるでしょう。

廃業までならなくても、経営体力の少ない中小規模のキャッシングサービスは審査を厳しくして、リスクが少ないユーザーにだけ融資を行っていく方法しかありません。

または、資金が豊富な企業に買収されることで、ブランド名だけが残るところも出てくるでしょう。そうなると外資系やIT系のキャッシングサービスが増えていくかもしれません。今までの消費者金融とは会社の顔ぶれがガラッと変化すると考えられます。

大手の消費者金融はといえば、現在でさえもイメージダウン等で苦しんでいます。その上さらに金利まで下がってしまうとやはり経営は苦しくなるでしょう。審査が厳しくなるのはもちろん、窓口がある店舗数を減らして運営コストを下げるという努力も必要になってきます。

もともと今回のグレーゾーン金利廃止は、私たちユーザー側が多重債務にならないための法律改正だったのですが、こうして考えるとサービスの選択肢が減ったり、審査が厳しくなる等の不便さも出てきそうです。

まだ法案の段階なので何ともいえませんが、今のうちに出来ることは、低金利のキャッシングで融資枠を確保しておくことが最優先になるでしょう。

マイベストビズ楽天MONEYといった人気キャッシングサービスを筆頭に、今でも20%より低い金利でキャッシング可能なところがいくつかあります。そこでカードを作成しておけば、金利ダウン直後の混乱でも上手にキャッシングを利用していくことが出来るのです。
2006/09/14(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシングの種類は非常に数が多く、それぞれサービスごとに独自の長所と短所を持っています。ユーザーから見てサービス選びのポイントになるのは金利や限度額、融資スピード等がありますが、全部を完璧に揃えたものはないと言っても良いでしょう。

いろいろな目的があるユーザーへ幅広く対応していく解決策の1つとしては、キャッシングのプランをいくつか用意し、それを選んでもらうという方法が考えられます。

GMOネットカードは目的に応じたキャッシングのプランが複数あり、女性も含めた広いユーザーから支持を集めています。

まずスピードを優先する場合は、限度額5万円のキャッシング5があります。仮審査ではなく本審査が最短15分で終わってしまうというスピードは、なかなか他社では見られません。審査が済めばすぐに振込みされるため、いきなり飲み会やショッピングに誘われたような時でも安心出来ます。

スピードが速い分だけ金利は29.2%になっていますが、限度額いっぱいに1週間借りたとしても利息は280円にしかなりません。低金利プランは別にあるため、特に問題にはならないでしょう。

スピードと融資条件のどちらも重視するなら、限度額50万円のキャッシング50が最適なプランです。金利18.0~29.2%と大手より安めになっており、即日キャッシングにも対応しているのでバランスが良いプランと言えます。

もっと低金利を狙いたいユーザーには限度額300万円のキャッシング300が最適になります。融資まで最短で2日ほどかかるのがネックですが、おまとめ一本化にも使える7.3~18.0%の金利が魅力です。

これら3つのプランはすべてインターネットから申込みが出来て、キャッシングもネット(即ナビ)や電話から行うことになります。

キャッシング専用カードがないのを不安に思う方もおられるかもしれませんが、イーバンク銀行の口座を持っていれば、近くのコンビニATMで簡単に即日キャッシングをすることが出来るため特に問題はないでしょう。

なお、GMOネットカードは女性専用ブランドとしてベティ・ローンを運営しており、女性であれば主婦やパートの方でもかなり甘い審査で即日キャッシングが利用出来ます。

運営しているGMO側から見れば、こうした複数のプランを持つことでユーザー層が広がり、他店舗との競争で有利になるという強みがあります。

それと同様に、私たちユーザーにとってもプランごとの長所・短所が分かっている方が実際に迷うことがなく、無駄のないキャッシングが出来るという大きなメリットがあるのです。
2006/09/11(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

ここ最近は高限度額や即日キャッシングのサービスが増えていますが、意外と「即日で高限度額」というのは見あたりません。例えば限度額300万円というところでも、初回は100万円まで等という条件がよく付いています。

消費者金融というのは無担保で保証人もなく融資をするのが普通なので、何度かまじめに返済して、ようやく少しずつ限度額が上がっていくのが一般的なルールのようです。

しかし、最初の1回目から全額をフルに使える店舗も探せばあります。

それが、オンライン専業のネットワンクラブです。

限度額が高めの300万円、金利17.9~29.2%で、審査の結果によっては最初から満額の300万円を使うことも出来ます。

利用の手段は幅広く、インターネットの他にフリーダイヤル、携帯専用サイト、カードを使ったATMでのキャッシングが可能になっています。インターネットを使った「ワンストップWEB」では即日融資OKなので急いでいるときも安心でしょう。

また、審査基準の方もかなり柔軟になっており、主婦やパート、アルバイト、派遣社員、さらに外国籍でも申し込める融通性が魅力です。あまり借入件数が多くない限り、審査に通りやすいと言えるでしょう。

ネットワンクラブは誕生してから1年ほどしか経っていませんが、最近かなりの勢いでユーザーを増やしています。親会社であるアイフルが行政処分を受けて大幅減益となったことも、ネットワンクラブが審査を甘くしている理由の1つになっているかもしれません。

飛び抜けた長所はそれほど目立ちませんが、限度額・金利・融資スピード・インターネットの利便性などが高いレベルで整っているバランスが良い店舗と言えます。まだこれからも積極的にユーザー獲得に動いていくと予想されるので、サービス向上に期待が持てるでしょう。
2006/09/09(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

低金利ローンを使う人は、おまとめ一本化のために長期利用を考える場合と、少しの金額を短期間でサッと返済する場合の、2つのタイプに大きく分けられます。ひとくちに低金利といってもいろいろな店舗がありますが、使い方によってはお得なサービスが少しだけ違ってくることもあります。

例えば一本化のために利用する場合、

・限度額が大きい
・金利が低い
・審査が甘い(借入件数が多くてもOK)

という条件が必要になってきます。

こういった用途に向いているのは、楽天マイワンがかなり条件に当てはまるでしょう。

500万円の限度額に7.0~17.8%という低金利は、まさにおまとめ一本化のために用意されたような条件です。実際、借入件数に対する審査基準は大手より甘く、しかもWEBサイト上では「借換目的での利用可能」と書かれているあたりからも、かなり借り換えユーザーを意識していると考えて良いでしょう。

キャンペーンをうまく利用するなら、前回の投稿でも紹介したイコール・クレジットが5.5~18.0%の優遇金利キャンペーンを展開しており非常にお得です。楽天マイワンにはやや劣りますが融資枠は300万円とかなり大きく、ケータイを使った即時キャッシングにも対応しています。

より高い限度額が必要で、ATMも利用したい場合は楽天マイワンを、パソコンや携帯電話でのキャッシングをメインで使うならイコール・クレジットに申し込む、というのがサービス選択の分かれ目になるでしょう。

これとは別に、短期間ですぐに返済するのなら無利息期間をうまく利用することで金利負担を限りなくゼロにすることが出来ます。

初回利用で1度きりという使い方なら、30日間という長い無利息期間を備えたディックが有利です。

ディックを使うのが初めてで、他社でも借入れがない方に限って最初の30日間が利息ゼロになります(他社借入れがあっても10日間は無利息)。例えば急に多額の出費が必要になり、来月のボーナスで確実に返せるといったケース等では非常に役立ちます。

限度額が最大300万円、無利息期間が終わった後も12.88~20.88%という比較的低めの金利で使えるため、無利息の特典を抜きに考えても使う価値は十分にあります。大手なので電話サポート等の質は高く、携帯キャッシングもしっかり完備して抜かりがありません。

そして、もっと短期間で何度も無利息を使いたい場合は、即日融資もOKなノーローンが最適でしょう。


金利は22.5~28.835%と決して安くありませんが、限度額は意外と高く100万円に設定されています。何より「何度借り手も1週間は利息ゼロ」という他にはないメリットがあるため、給料のちょっとした前借り感覚で利用することが出来ます。

このように、見た目の金利パーセンテージが高くても、無利息の期間などをうまく使えば利息の支払いをかなり少なくすることも可能です。長期間のおまとめ一本化には金利が単純に低いサービスを、短期間で返せるなら無利息期間に注目してサービスを選ぶのが賢いキャッシングの使い方なのです。
2006/09/07(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

前回の投稿では柔軟融資のキャンペーン情報をお伝えしましたが、それらとは別に驚くべきキャンペーンが登場して話題になっています。

それが、イコール・クレジットの優遇金利キャンペーンです。

その内容はといえば、9月1日から10月31日までの新規申込者に限り5.5~18.0%の超低金利で融資を行うというものです。

限度額300万円で、通常の金利も8.0%~とかなり安い水準ではありましたが、今回のキャンペーンで一気に業界ナンバーワンの低金利に躍り出ました。しかもこの優遇金利は初回だけではなく、契約後の3年間ずっと適用されるというから驚きです。

イコール・クレジットがこうした低金利キャンペーンを行った主な理由は、ユーザーの囲い込みが目的と考えられます。

現在はグレーゾーン金利の廃止、アイフル等による不祥事といった逆風によって消費者金融全体が息苦しいムードに包まれています。特に大手の落ち込みが激しいため、他社への借り換えを考えているユーザーをここで大量に取り込んでおこうという考えでしょう。

グレーゾーン金利の廃止については金融庁や自民党内で今も議論が続いており、今後どう転ぶかは不透明な状況です。消費者金融による貸し渋りや、逆にユーザーの借り控えという事態も予想できるため、今のうちに多くの新規ユーザーを抱えておいた店舗が優位になるのは間違いありません。

まだ、イコール・クレジットは、開始から2年も経っていない新しいサービスです。業界での地位を上げるには、ユーザーの選択肢が流動的になっている今を狙うのがベストというわけです。

8月末までのキャンペーンを実施していた店舗が多かったので、それが終了した直後にキャンペーン開始のタイミングを持ってきたというのも狙い通りかもしれません。

せっかくキャンペーンを実施しているのに申込み者を簡単に審査で落としては本末転倒なので、審査基準は当然甘くなっていると予想出来ます。キャンペーン期間中は申込みが殺到すると思われるため、破格の低金利でキャッシングを利用したい方は早めに申し込んでおくのが良いでしょう。
2006/09/05(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

9月に入ってからの消費者金融ローンでは新商品は出てきていませんが、新たなキャンペーンでこれまでより融資を受けやすくなっている大手消費者金融がいくつか見られます。

これらの大手サービスでは携帯対応や即日融資は当然のこととして、全国のATMネットワークなど、どのサービスも充実した内容で便利に利用できる点が魅力と言えます。


まず、プロミス は先月の後半からの新キャンペーンでかなり強い融資を行っています。

これは先日からもお伝えしていますが、プロミスの新規ユーザー数が昨年までと比べて2割近くも減ってしまったことに危機感を感じているため、なんとしてもユーザー数を増やしたいという状況にあることから行われており、通常では考えられない柔軟な融資となっています。


また、大手消費者金融のディックでも9月に入ってから新キャンペーンが行われています。

新たに、これまで消費者金融の利用がない人の場合は30フリーという30日間利息無料のサービスを利用できるようになりました。また、他の消費者金融の利用はあるがディックは初めて、という人の場合は10フリーで10日間利息無料となります。

新規ユーザーを囲い込みたいという目的がかなりわかりやすく表れており、まだディックの利用がない場合はかなり融資の可能性も高くなるでしょう。


この2社を初めとして、9月からは大手でも特に新規利用者に対して柔軟な融資を行っています。これまで、他社の利用が何件かあるから大手で借りるのはちょっと・・・と微妙に感じていた場合でも、そのサービスの利用が初めてであれば、現在はかなり利用しやすい時期と言えるでしょう。
2006/09/03(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

低金利ローンの新サービスが続々と登場し、各社のサービスが出揃ってきた感があります。9月になりましたので、ここで先月分の低金利ローン・キャッシングの人気・口コミ評判ランキングを記載します。


先月、最も評判の良かったのはUFJニコスのマイベストビズです。

7.8%~17.6%という低金利で利用できるという点や、携帯電話を利用した振込み即時融資にも対応している点など、サービス全体のバランスのよさが人気に繋がったものと考えられます。

また、カード発行者に対してのギフト券プレゼントやiPod nanoが当たるキャンペーンなど、申し込み者に対して直接的なメリットがあるところもありがたい点です。


次に評判の良い低金利キャッシングが楽天MONEYです。

楽天MONEYは金利が12.0%~18.0%、限度額が200万円と、最近登場した低金利ローンと比較すると多少内容が落ちますが、それでも人気が高いのは審査が甘いというところが大きな理由です。

楽天MONEYを運営する楽天KCは先月、自動車ローンの事業などをオリコに売却することを決めました。これによって、今後はさらにローン事業やクレジット事業に力を入れていくものと考えられますし、より柔軟な融資も望めるでしょう。


最後に、8月後半から急激に人気が高くなっているのが、大手消費者金融のプロミス です。

最近の大手消費者金融は悪質なイメージが広がっており、今年前半の新規利用者数も激減しているという状況です。その中でもはアイフルに次いでユーザーの減少率が激しく、現在は新規ユーザーに対して非常に積極的に融資を行っているのです。

大手の消費者金融では50万円までの融資としているサービスが多い中、プロミスは実は300万円までの融資を可能としており(WEB申込の後、店舗に足を運ぶことが必要になります)、金利も他の大手と比較して低めの設定となっているなど、ユーザーに優しい点が魅力と言えます。

大手の中の穴場としての魅力が人気の理由と言えるでしょう。


今月は、消費者金融に関する法律改正の方針もほぼ確定的となりますし、今後の消費者向け金融サービスの未来を決める重要な時期となりそうです。

方向性としては、審査はこれまでより厳しくなってしまうという方向性で動き始めることになるのは確実ですので、今後融資を必要とされる方はいち早く、こうした人気のサービスを選んで対応された方が良いと言えるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。