銀行系から低金利、おまとめローンに必要なお申し込み方法を最速でお届けします。必見です!
2006/08/26(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

関西では阪急と言うと阪急百貨店を初めとして女性向けの高級感のあるブランドとして人気があります。その阪急が消費者金融サービスを始めているということを知らない方が意外に多いようですので、その内容について触れておきたいと思います。


阪急が始めているサービスの名前はスタッフィと言います。

これは阪急グループが、関西に地盤を置く大新クレジットビューローという会社を買収して出来た比較的新しいキャッシングサービスになります。

大新クレジットビューローの時代は関西限定の消費者金融というイメージが強かったのですが、スタッフィになってからは、インターネットと振り込み融資を活用して、サービスの範囲を全国に広げています。

阪急グループが展開するということもあって、女性向けにサービスを作りこんでおり、その効果もあって女性ユーザーが増えてきています。この会社の社員自体、女性の割合が非常に高く、ユーザーの気持ちをしっかり考えるという姿勢を感じられます。

サービス内容は金利が23.36%~27.74%で、女性向けのサービスとしては一般の消費者金融よりも多少低くなっています。また、特急キャッシングでは10秒で審査結果確認もできますし、即日振り込み融資が可能となっています。200万円までの限度額も女性向けサービスの中ではトップクラスの内容と言えるでしょう。


このように、消費者金融業に新規参入した阪急グループは、ブランド力という強みを生かして女性向けに力を入れた柔軟なサービス展開を行っています。

女性の方で他が難しいとされた方などは、このサービスを検討されると良いでしょう。
スポンサーサイト
2006/08/25(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

消費者金融業界は現在、

・上限金利引き下げの法律改正による影響
・グレーゾーン金利で得た利益を消費者に返還する、過払い返還請求の問題
・アイフルなどの事件による消費者金融業界全体のイメージの悪化

という三重の苦しみに悩まされている状況にあります。

こうした状況の中では、中小規模の消費者金融の経営は非常に厳しくなってきているということが言えます。そうした場合、大手の会社が中小の会社を買収することでさらに事業規模を拡大し、ユーザーの幅を広げるという動きも見られるのです。


つい最近では、GMOネットカードがミキクレジットを運営していた三貴商事を買収するということがありました。

ミキクレジットは特に女性向けのサービスが強く、大手で借りることの出来なかった方を中心に貸し出しを行っていましたが、今後の展望を考えると独立して経営し続けていくのはかなり厳しい状況だったと言えるでしょう。

業界内の地位向上を目指すGMOネットカードはそこに目をつけて、素早く買収を決断し、さらにユーザー層を広げていくという方向に進んだのです。

そうした経緯から考えても、今後GMOネットカードは積極的に融資を行い、ミキクレジットが対象としていたような顧客層も取り込んでいくことでしょう。

元々、柔軟な融資ということで人気の高かったサービスでもありますし、現在はキャンペーン中ですので、さらに利用しやすくなっているということも言えます。


消費者金融業界は全体で見ると確かに厳しい状態で、審査基準の引き締めの方向に動くことは間違いありませんが、このように細かく会社の状況を見ていくことで、中でも柔軟な融資などを見つけることは可能です。

有利な選択をしていくためには、常に最新の情報を見ておかねばならないのです。
2006/08/24(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

最近では携帯電話からキャッシング利用が可能な低金利ローンが浸透してきています。
お金が必要になるとわかった瞬間から、その金額を確保できるまでの時間は短いにこしたことはないと言えるでしょう。

特に外出中に急にお金が必要になってしまったという場合にも、携帯からiモードやezweb・vodafone liveなどのインターネットサービスを利用してキャッシングを利用できると非常に便利です。携帯対応キャッシングの多くは申し込みから数十分程度の即時で指定口座に入金してもらうことが可能なのです。


こうした携帯キャッシング対応の低金利ローンで人気なのが、UFJニコスマイベストビズです。
7.8%~17.6%というかなりの低金利で利用でき、UFJニコスという発行会社の信頼感が大きな魅力となっているローンです。

さらにこのサービスは8月1日からサービスを開始したばかりで、今月はサービス開始月ということもあって、柔軟なカード発行を行っています。おそらく今月の発行枚数はトップとなることでしょう。


また、最近、携帯キャッシングに対応した人気低金利ローンに楽天マイワンがあります。

楽天マイワンは7.0%~という超低金利と500万円という破格の限度額をウリにして人気を集めていたローンカードですが、正直言って、融資までに時間がかかってしまうことがネックでした。

しかし、ついに携帯キャッシングにも対応し、指定口座へ即時振込も可能となったため、穴らしい穴も無くなり、抜け目のないバランスの取れたサービスへと成長したと言えます。

審査に関しても他社利用4~5件の方でも融資実績があり、他に比べてかなり柔軟な審査と言えるでしょう。


今後、間違いなく携帯電話からのキャッシング対応は必須のサービスとなってきます。

ユーザーにとってはますます便利に利用することが出来るようになってきて嬉しいところですが、これらのサービスのように、早い段階からユーザーの便利さを考えて対応しようとする姿勢のある会社を見極めておくことは今後のサービス選択にも参考になるでしょう。
2006/08/23(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

消費者金融業界を取り囲む状況がどんどん厳しいものになってくるなか、他社利用がかさんできた時の最後の手段として使えるおまとめ・一本化ローンも、今後のサービスの動向が気になるところです。

場合によってはこうしたサービス自体がなくなってしまう可能性もあるのです。
現在でもおまとめローンを提供している会社の数はあまり多くありませんし、提供しているところでも中小の消費者金融が多く、言葉は悪いですが最後に頼るところとしては信頼感に欠ける業者が多いのも事実です。

また、おまとめローン・一本化ローンという言葉を悪用して、詐欺に近い方法でお金をむしりとるヤミ金融業者が多いということもあります。町の電信柱に張られている広告などでは、「金利5%、誰でも即日で500万円融資可能」など、資金が抱負にある上場企業でも実現できないようなありえない宣伝文句が並んでいるのを目にすることもあります。

ですので、おまとめローンを利用する際には慎重なサービスの検討が必要となります。そうした危険な業者に遭遇する可能性はそれほど低いものでもないからです。


どこが本当に信頼できるサービスなのかわからないというかたは、ニッシンのワイドローンかスマートセレクトを検討されるのが良いでしょう。

ニッシンは会社設立から50年近く経っている伝統のある総合金融事業者で、消費者金融業界ではまだ8社しかない東証一部上場の信頼できる企業でもあります。

また、消費者金融がこれほど厳しい経営状況に追い込まれる中、ニッシンは事業の中心を事業者向けのファイナンス事業に移しているため、さほど大きな影響を受けていません。

そのため、経営状況も順調な状態にあり、それほど資金に困っているということもないのです。

ただ、ニッシンのこれらのサービスは限度額が大きいということもあり、どうしても保証人が必要となってしまいます。

その場合は国内保証援助会などを利用してなんとかして保証人を見つけるか、あるいは、ホーユークレジットグリーンアップルなどの中小の中でもまだ、許される範囲のサービスを利用することが好ましいでしょう。
2006/08/22(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

今、最も審査の甘い大手消費者金融としてプロミスの名前が挙げられています。

先日は消費者金融業界の今後について書きましたが、まさにグレーゾーン金利廃止や過払い返還請求などの影響を受け、苦しい状況にあるのがプロミスなどの大手消費者金融です。

なぜ、今プロミスの審査が甘くなっているとされるのか、ということですがこれも上記の影響によるところが大きいのです。


今年4-6月の大手消費者金融4社(アコム、プロミス、武富士、アイフル)の決算によると、各消費者金融を利用した新規ユーザーの数が前の年と比べて全体で2割も減少しているのです。

アイフルは脅迫的な取立てが大々的に報道され、業務停止処分になったことから、その影響が大きいのは理解できます。なんと前の年に比べて5割以上も新規ユーザーが減少しています。

しかし、アイフルに次いで2番目に新規ユーザーの減少を見せたのがプロミスなのです。前の年に比べて16%も減少しています。これは、見逃せない大問題だと言えます。


これを問題と考えたプロミスは最近になって急に審査基準を緩め、新規ユーザーを積極的に募集し始めた様子です。新キャンペーンということでWEBサイトも新しくなっています。

これほどまでプロミスが焦るのを理解することは難しいことではありません。

なぜなら先日もお伝えしたように、今後は消費者金融全体が苦しい状況に追い込まれていくため、今新規ユーザーを掴んでおかないと、どんどんどんどん先が苦しくなっていくのです。

何度も言いますが、消費者金融という商売はお金を貸して、利息をもらうことで成り立つ商売なので、お金を貸し出すことでしか苦しい状況も乗り越えられないのです。

さらに、プロミスが他の消費者金融より落ち込みが激しかったということは、業界全体が苦しくなる今後はもっとひどい状況にもなりかねません。ですので、そうした状況に陥らないためにも多くの新規ユーザーを囲い込んでお金を貸していく必要に迫られているのです。


プロミスのサービス自体は非常に完成度も高く、ネット対応も完璧とすら言えるでしょう。普段は大手消費者金融は難しいからと敬遠されている方もいるでしょうが、この時期のプロミスは最も審査が甘いとも言える状態にあるのです。
2006/08/21(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

現在、消費者金融業界が、業界全体で非常に厳しい状況になってきています。
GMOネットカードが三貴商事を買収したように、資金力のない中小消費者金融は今後、生き残っていけるのかどうかすらも微妙な、危機的な状況とも言えます。

理由の1つは話題となっているグレーゾーン金利廃止に関する法改正です。

これまで消費者金融の多くは20%~29.2%という出資法の基準に従った利息をユーザーから得ていました。しかし、利息制限法の基準に従うと利息として受取ってよい額は20%までということになるのです。しかし、利息制限法には罰則がなかったため、出資法の基準に従っている業者がほとんどだったのです。これがグレーゾーン金利と呼ばれる金利のことなのです。

20%以上の金利を得ることを前提として経営を成り立たせてきた消費者金融にとっては、今回の法改正でグレーゾーン金利が無くなり、20%以下の金利しか受取れないとなってしまった場合には非常に大きな打撃を受けることになります。

当たり前ですが消費者金融が成り立つのは金利収入があるからです。金利で入ってくるお金がイコール売上と同じようなものなのです。その金利が29.2%から20%未満となった場合、売上が3分の2になってしまうのと同じようなものなのです。

しかもさらに辛いことはキチンとユーザーが返済して初めて売上になるということです。
300万円貸して、そのまま返ってこないという場合も多々あるのです。その場合は売上がなくなるどころか、大損害をうける可能性もある商売なのです。

売上が3分の2になっても、貸し倒れてしまう危険性や運営にかかるコストはあまり変わるわけではありません。グレーゾーン金利がなくなることで利益が激減するのは想像がつきます。


もう1つの厳しい理由は過払い返還請求です。

これは簡単に言うと、これまでグレーゾーン金利の部分で得ていた売上を全部返せと裁判を起こされているようなものです。ほとんどの場合、ユーザーの訴えが認められて、一旦払った利息を返還してもらっているという状況のため、金融業者側としては裁判の費用も余計にかかるし、と踏んだり蹴ったりな感覚を持っているでしょう。


こうした板ばさみ状態にある消費者金融の今後の方針としては、仕方なく20%以下の金利のサービスを提供し、審査は今とほとんど変わらないという状況で貸し出すしかなくなってくるでしょう。

今後は現状の4人に1人しか貸し出せなくなる、という話もありますが、私の考えではそこまで厳しくはならないと考えます。貸さなきゃ儲けることが出来ないのが消費者金融だからです。

おそらく、貸し出した人に対して非常にこまめに連絡を入れるなどで「確実に返済してもらう」というところにもより一層の力を注ぐようになるでしょう。

ただ、それでも現状よりは厳しくなるのは仕方のないことと言えます。しかも、現在既にそうした動きも始まっているのです。

現在、特に審査面で問題のある方や、今後大きな金額の融資を考えている方は出来るだけ早いうちに対処しておくことで、こうした影響をもろに食らうことは防げるでしょう。
2006/08/20(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

今月のローンカードでおそらく人気を二分することになるのが、UFJニコスが提供するマイベストビズと、JCBが提供するファーストローンプラスでしょう。


マイベストビズは限度額300万円、7.8%~17.6%で利用できる低金利ローンとして8月1日からサービスを開始したばかりのサービスです。

携帯電話からネットを通じての振り込み融資に対応しており、融資申し込みから指定口座に振り込まれるまでの時間も(銀行の営業時間内であれば)1時間以内で完了するなど、スピードや使い勝手の良さに磨きが掛かっています。

また、新サービスということで入会者全員に1000円分のギフトカードをプレゼントするなど、必死で会員を募集しているという状況を感じさせてくれます。


JCBファーストローンプラスも同様の低金利ローンで、JCBがちょうど1ヶ月前に募集を開始しました。このカードはこれまでJCBの会員にのみ特別に提供されていたローンカードだったのですが、本格的にJCBがローンカード事業に進出するということを決め、一般ユーザーの募集も開始しました。

JCBは他にも事業者向けのビジネスローンカードやLINDA.fという女性向けローンカードの発行も同時期に始めており、このファーストローンプラスを中心として今後はかなりローンカード事業には力を入れていく様子です。


これらの企業は今、焦っているのかと思うほど、キャンペーンを打ち出したり、審査を柔軟にするなどしてとにかく会員を集めている様子です。

これは、今後の法律改正などの影響でユーザーがお金を借りにくくなってしまうことに対する危機感というのが一つの理由でしょう。またもう1つには、消費者金融の大手が黙っている間に、できるだけ多くのユーザーを奪おうという意識があるように感じます。

消費者金融大手はこれまでグレーゾーン金利で融資を行ってきたため、ユーザーが払い過ぎていた金利の返還を求めて、現在全国各地で訴訟を起こしているという状況にあります。

そうした対応に追われていることもあり、最近の新型ローンに対しては、まだそれに対抗するサービスを出すなどの姿勢を見せていない状況にあるのです。

ですからUFJニコスやJCBはこの機会を利用してユーザーを囲い込もうと必死になっているというわけです。

現在、出来る限り低金利で利用したい、大きい額の融資を求めている方にとっては、これらのサービスを検討されると良いでしょう。
2006/08/19(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

本日のニュースで、楽天MONEYカードを運営する楽天KCが事業の一部をオリエントコーポレーションに売却する(買収される)ということが明らかになりました。

売却する事業は自動車ローン事業やショッピングクレジット事業、リース事業などです。
これによって楽天KCはクレジットカード事業とローンカードを扱うファイナンス事業の2つに力を集中していくことになります。

元々は信販系の大手だった国内信販という会社を楽天グループが買収したことで楽天KCという会社が生まれました。今回の件で当時からの主軸のであった信販事業や法人向けの事業を売り払ってしまうことで、完全に一般消費者向けの金融サービスに姿を変えることになるのです。


このことから考えられるのは今後、楽天KCはローンカードの中心にある楽天MONEYカードでは更なる会員増加に力を入れていくことはほぼ間違いないということでしょう。

楽天MONEYカードはサービスを開始して以来、200万円までの限度額と12%~18%の金利で利用できるキャッシングカードとして人気を集めてきていました。

手軽に・低金利で・審査が甘いという魅力的なカードだったこともあり、サービス開始以降も現在まで順調に会員を増やしていましたが、さらにそれをてこ入れするという姿勢です。こうした場合、やはり柔軟な対応が期待できるということがあります。

正式に事業が移行完了するのは11月1日となりますが、この発表を行った現在は事実上楽天KCが売ってしまう事業に力を注ぐとは考えられません。既にクレジットカード事業とファイナンス事業に力を注ぎ始めている頃でしょう。


一般的な消費者金融がグレーゾーン金利の問題で頭を抱えるなか、楽天MONEYカードは最初からグレーゾーン以下の低金利でサービスを行ってきていたため、特に影響は少ないということがあります。

むしろ、今後はこの事業集中も合わせて、一般的な消費者金融のユーザーを会員にしていくために、より一層の柔軟な対応を行っていくことが予想されます。
2006/08/18(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

低金利カードローンの代表とも言えるサービスにGEMoneyカードローンがあります。

このカードローンの特徴としては、最大300万円までの限度額と7.8%~17.5%の安心金利で利用できるということがあります。また、返済保障と言って、会社の都合で仕事を失って返済が困難になってしまった場合などに、GE側が最高6ヶ月分の返済額を負担してくれるという保険がついているのも大きな特徴です。

こうした安心出来るサービスを魅力として常に一定のユーザーを集めているカードローンなのですが、実はこのカードに関連して裏技とも呼べる融資枠確保の方法が存在します。


それは、このGEMoneyカードローンの申し込みの際に同時申し込みが出来るGE Loan Cardα(アルファ)というキャッシングカードを取得する方法です。

このGE Loan Cardαは、GEMoneyカードローンを申し込んだ方のうち、カード発行に至らない人にのみ提供される特別なキャッシングカードで、GEMoneyカードローンを申し込む際に同時申込という形で申し込むことが可能です。

限度額は100万円以内、金利は24.9%~29.2%という内容で、やはり本来のカードローンよりは内容は劣りますが、消費者金融系のサービスと比べると限度額も高いですし、GEのサービスで融資枠を確保できることの意味は大きいと言えるでしょう。

もちろん、このカードも無審査で手に出来るわけではありません。ただ、GEMoneyカードローンを受取れない人のためだけにあるということからも、かなり緩い基準で発行されやすいカードと言えるのです。


裏技的キャッシングカードとしてお伝えしましたが、このことはWEBサイトにもほとんど掲載されておらず、いざカードローンの申し込みの段階で初めて知ることの出来る内容です。

現在は今後の審査基準の引き締めに対して少しでも融資枠を確保しておくということが重要となってきますので、最初からこのαカード狙いで、GEMoneyカードローンは審査が通ればラッキーぐらいの気持ちで申し込むというのも一つの方法でしょう。
2006/08/17(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

消費者金融業界は現在、貸し出し金利を引き下げるという法律の改正に向けて動き出しており、業界全体的に経営が厳しくなってきている傾向にあります。

特に中堅消費者金融ではその傾向が強く、生き残りをかけて必死という状況にあるため、サービス自体の安心感や、会社の雰囲気的に良いところはあまり多くないでしょう。

しかし、それでも柔軟な融資をと考える場合は、評判の良い中堅を選ぶという方法や、大手と言われる中でもより審査の甘いとされる、大手のおまとめローンや大手の中でも中堅よりのサービスを選択すると良いでしょう。


中でもニッシンのおまとめ向けローンスマートセレクトは限度額も1000万円という超大型で、借り換え一本化向けローンであるため柔軟融資が期待できます。

また、ニッシンは担当者の対応が良いということも評判で、信頼感もありますし、真剣に返済に向けた相談が出来るサービスと言えるでしょう。


また、クレディアのプレミアムローンは、あまり知られてはいませんがかなり低金利で利用できるローンでもあります。限度額は200万円までとあまり大きくはありませんが、7.5%~18.7%という金利になります。

クレディアは消費者金融では数少ない東証一部上場企業でもあるため、安心して利用することが出来るでしょう。


審査が甘いところ、より柔軟融資のところ、という風に追い求めすぎると、よく確かめることもなく中小金融の安心感に欠けるサービスに手を出してしまうことになりがちです。

お金という大切なものを扱うサービスですので、柔軟融資を求めていたとしても、安心・信頼感のある会社ということを心がけた方が良いでしょう。
2006/08/16(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

最近の消費者金融はITの発達によってシステム化が進み、即日融資のサービスを行う企業も増えてきています。

特にIT系企業の新規参入の場合は特に即日融資を可能としているところが多いと言えます。

また、中堅どころの消費者金融の即日融資は、これまで地方で店舗に直接行って、という場合が多かったのですが、最近は全国どこにいてもネットからの申し込みと銀行口座への振り込み対応で、即日融資を可能としている店舗もあります。


IT系企業の即日融資の代表はGMOネットカードでしょう。
キャッシング50を利用することで、初回から50万円までの即日振り込み融資が可能です。

また、GMOネットカードはイーバンク銀行口座を設定しておくことで土日祝日関係なく、365日即日キャッシングが利用可能です。さらに、その申し込みも21時までの申し込みで当日振り込みとなりますので、土日の急な出費にも対応できる便利なカードと言えるでしょう。


中堅消費者金融で人気がある即日融資がスタッフィとなります。
特急キャッシングでは200万円までの利用が可能で、阪急グループの強みを生かして女性の利用者を増やしているところです。

順位上昇を狙っており、積極的に融資を行っているという点も見逃せません。申し込み条件も70歳未満の方まで融資可能と、申し込み条件もかなり緩い、柔軟審査となっています。


融資までのスピードは速いに越したことはありません。
今後はIT系企業が引っ張る形で即日融資がキャッシングの基本という風になってくるでしょう。

また、スタッフィのように関西や地方の金融でも評判の良いサービスが全国どこからでも利用可能になっているので、うまく活用することでより柔軟なキャッシングも利用できるでしょう。
2006/08/15(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

最近、これまでの消費者金融では考えられいような低金利ローンが続々と出ています。
新サービスの多くは7,8%~20%の金利帯で限度額は300万円程度のものが多くなっています。

ユーザーにとっては非常にありがたいことですが、なぜこれほど低金利のカードが次々と出てくるのでしょうか。


1つには他の金融業界からの新規参入ということがあります。
最近、低金利ローンカードを発行したJCBやクレディセゾンはクレジットカード業界の大手企業です。また、イコールクレジットを運営するソフトバンクインベストメントや楽天、GMO、エキサイトなどインターネット業界からの進出も目立ちます。

こうした他業界からの参入が増えるのは、単純に消費者金融業界全体のビジネスの規模が大きくなっているということがあります。業界の規模としては10年前の2.2倍の規模、約35兆円という規模になっているのです。

女性なら誰でも使う化粧品業界の市場でも約3~4兆円ですので、その10倍以上ということになります。自動車業界で40兆円ですから、どれほど大きな規模なのかということがわかります。

その大きな消費者金融業界の中で、ほとんどの業者がグレーゾーン金利という20%台後半の金利で融資を行ってきて大きな利益を上げていました。

そこに他業界の企業は目をつけたのです。例えばIT系企業は、得意のシステムを使って徹底的にコストを削減することが出来るため、そこまで高い金利で貸し出さなくても利益を上げることが可能なのです。


もう1つの理由は、各社が今こそがユーザー獲得のタイミングだと考えている点です。
これまで何度かお伝えしてきましたが、今後は法律が変わって貸出金利が下がり、審査も厳しくせざるを得ない状況が生まれます。

一口にユーザーと言っても様々で、年収はそこそこあっても返済にルーズな方がいたり、年収は少なかったり、他社借入があっても、返済はしっかりしてくれるユーザーもいます。

返済出来る人であれば、多少年収が少なくても企業は融資したいところなのですが、審査基準が厳しくなると年収の少ない方や他社借入の多い方はその時点で難しくなってしまうのです。

ですので、法律が変わる前の今のうちに、魅力的なサービスを提供することで、少しでも多くのユーザーを今のうちに囲い込もうという考えが各社にはあるのです。


法律が変わってしまう前に、企業は低金利でより魅力的な商品を提供し、ユーザーは審査基準が厳しくなる前により良いサービスを選んで利用することが出来るようになっている。

ある意味で、ユーザーと企業の求めるものがちょうどマッチしているタイミングが今だと言えるでしょう。
2006/08/14(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

JCBファーストローンプラスについて新たな情報も入りましたので、今一度、その位置づけや状況を整理しておきます。


JCBファーストローンプラスは先月から本格的に会員募集を開始し、現在順調に人気を集めているカードですが、実は以前からJCBの会員向けに2月からカード発行は行われていました。

ローン分野ではまだまだより良いサービスを提供できると判断したJCBはクレジットカード分野で作り上げたブランド力を武器に、ローンカードへ本格進出を狙ってたのです。

本格進出に当たって、JCBは4つのローンカードの発行を計画しましたが、このJCBファーストローンプラスはその中心的な役割を果たす、最も期待の大きいカードとなります。

というのも、4種類のカードのうち1つは事業者向け、1つは女性向け、1つは少額利用向けのカードとなっているため、利用者が一番多い20代~50代の男性向けのサービスで、ローンと言える高限度額のサービスはこのファーストローンプラスのみとなるのです。

しかも、JCBはこのローンカード全体で初年度に6万口座もの会員獲得を目指しています。
初の本格的なローンカードの目標としてはこれは非常に大きな数字と言えるため、本来であれば少し融資が難しい方でも、可能性はかなり高まります。

現在、ファーストローンプラスカードは主婦や個人事業主の方の申し込みをお断りしていますが、これは審査が厳しいという意味ではなく、JCBのローンカード同士でのユーザーの取り合いを無くす意味が強いと言えるでしょう。

(ただ「○○の方は申し込み出来ません」と書いているだけなので、審査が難しいんじゃないか、と感じてしまう方も多いかと思いますが、そうではありません。)


6万口座という大きな目標に向かって、積極的に融資を行っているこのタイミングは、借り換えや一本化を検討されている方にとっても非常によいタイミングとなるでしょう。
2006/08/13(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

今月スタートしたばかりの新型ローンカード、UFJニコスマイベストビズが順調に会員を集めているようです。

これは、やはり新サービスへの期待ということもありますし、借り換え・一本化も可能なローンで今後の融資枠の確保に動いている方が多いということも考えられます。


300万円までの利用が可能というのは、今後かなり難しくなる傾向があります。

というのも、金融庁が今後の法律の改正に向けて打ち出している方針が、1人当たりの貸し出し総額を150万円~200万円程度に抑えるという方針だからです。

全ての貸金業者に全情連の加盟を義務付けて、どこが誰にいくら貸しているという情報を完全に管理出来る仕組みを作り、貸し出し金額を150万~200万円に抑えようというのです。

実際の法改正と実施は来年の話ですが、各業者はそれに向けて今のうちから準備を進めていくことになります。

ですから、マイベストビズのように高額の融資が可能で、しかも新サービスで柔軟融資が見込まれるとなると、今のうちに融資枠を確保しておこうという動きがあって当然とも言えるかもしれません。

もちろん、サービス内容は他のローンと比べても充実していることも人気の理由です。
融資枠300万円、7.8%~17.6%の間の金利で利用できるのは魅力的ですし、携帯電話等ネットを通じての振込み融資も受け付けています。


同じように融資枠の確保という目的で利用されているのがセゾンカードローンでしょう。
こちらも300万円、8.0%~という低金利ローンで、マイベストビズ同様にネットを通じた口座管理も可能です。


来年以降のサービスではおそらく現在300万円までの限度額のローンでも150万円~200万円までを限度額としたものに切り換っていくでしょう。そして審査も、特に新たに入会を希望する方に対しては現在よりも厳しい内容となることが予想されます。

審査が難しくなる前に、こうした複数の低金利ローンで融資枠を確保しておくことが賢い利用法となるでしょう。
2006/08/12(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

先日もお伝えしましたが、最近はIT系企業が一般消費者向け金融業界へ進出するパターンが多く見られます。そうした会社の特徴として、提供するサービスのほとんどがこれまでの一般的な消費者金融と比べて低金利の、新しいタイプのサービスを行っているということです。


一般的な消費者金融は、全国に多くの店舗を構えて多くの従業員を雇ってきています。そのコストをカバーするためにも高い金利で貸し出しをすることで、利益をあげて商売を成り立たせて来ていました。

これに対しIT系の企業は徹底的にコストを減らすことが得意なため、ほとんど人手や店舗を持たずにサービスを展開しています。コンビニATMや振り込み融資を活用することで、それほど高い金利で貸し出さなくても十分に利益が出るような体質を作ってきているのです。


もちろん、どちらが正しいというわけではありませんが、インターネットを活用できるユーザーにとってはやはり低金利で利用できるに越したことはないと言えるでしょう。

特にキャッシング利用では、多くの消費者金融が25%以上の金利を設定する中、最近はIT系企業が、低金利ローンとキャッシングの中間とも言える、便利な低金利カードを発行しています。


それが楽天MONEYカードになります。

楽天Moneyカードは12.0%~18.0%で利用できる、限度額200万円までのカードです。これは最近発行されている低金利ローンカードよりも多少金利は高く、限度額も100万円程度低いというサービスで、低金利ローンの性質を持つキャッシングカードとも言えるサービスです。

特徴としてはやはりキャッシングカードの性質上、一般的なローンカードよりかなり柔軟な対応が見込めるという点でしょう。また、一般的なキャッシングカードよりも限度額が高いため、利用目的も広がるでしょう。


一般消費者向けの金融業界は今、激動の時期を迎えています。サービスの数も急増し、冷静に状況を判断できないと、何がお得で何が損をするのかわからないとも言えるでしょう。

どのサービスでも利用するのは同じお金ですから、こうした新規参入企業にも注目し、より低金利で賢いサービス選択をしていくことが必要な時期なのです。
2006/08/11(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

数ある低金利ローンカードの中でも、業界トップクラスの低金利を実現しており、融資の限度額も高く、さらにはその審査も激甘ということで長期間人気を集めているサービスがあります。


もちろん、低金利・高い限度額・激甘審査という全てがトップクラスで完全に成り立つということは有り得ないことです。5万円の融資における激甘審査と、500万円の融資における激甘審査はそのレベル感は全く違います。

しかし、同様の低金利・高限度額で利用できるサービスと比較した場合、これらのサービスは業界の常識を変えることにチャレンジしており、低金利・高限度額のローンをこれまで利用できなかった方にも出来る限り融資をしようという姿勢があるのです。


それがGMOネットカードのキャッシング300楽天マイワンになります。

どちらの会社もIT系企業のグループで、2004~2005年に一般消費者向け金融業界に進出してきました。これまでの金融業界の企業がまだまだユーザーの要望を満たしきれておらず、もっとより良いサービスを展開できると判断したために業界に進出したのです。

そうした背景から生まれたのが上に書いたような姿勢を持つこれらのサービスなのです。

まず、GMOネットカードのサービスは金利7.3%~・限度額300万円の優良ローンとなります。
最近ではさらにミキクレジットを運営していた三貴商事を買収して、より一層対応できるユーザーの幅を広げており、さらに柔軟な融資の姿勢を強めていると言えるでしょう。

また、楽天マイワンの方は金利が7.0%~・限度額が500万円という業界トップクラスに充実したサービス内容です。主婦の方には難しい面がありますが、他社借入4~5件の方でも融資を行っているなど、業界の常識を変えようという強い姿勢を感じられます。


一般的に、借入出来る利用件数には限りがあります。どちらのサービスもかなり低金利で利用出来ますし、これらは利用できるうちに借入件数の1つに入れておいた方が、その効果は大きいでしょう。
2006/08/10(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

以前もお伝えしましたが、借入額のうち100万円まではその利息を約8分の1にしてしまう裏技が存在します。裏技というと聞こえが悪いですが、正規のサービスを組み合わせるだけで実現でき、実際に利用している方も非常に多いという、正に知らなきゃ損という方法です。


それが、シンキのノーローンの融資枠を活用した大車輪という方法になります。

シンキは業界大手で唯一、「何度借りても7日間は無利息」というサービスを行っています。
これは仮にノーローンで限度額100万円で利用できる場合、別のA社から100万円融資を受けていたとすると、

ノーローンで借りてA社に100万円返す
7日後に再度A社から100万円融資を受けて、その日にノーローンに100万円返済。
翌日にノーローンで借りてA社に100万円返済。
また7日後にA社から100万円融資を受けて、その日にノーローンに100万円返済。

これを繰り返すとどうなるかというと、ノーローンには100万円の利息を一切払わずに済み、A社の利息も8日に1回、1日分発生するのみとなります。
つまり、A社の100万円の融資の利息は8分の1になるのです。

仮に29%で50万円の融資を2社から受けている(計100万円の融資)方の場合、この方法を利用すると年間の利息支払額が29万円からたったの3.7万円程度に収まることになり、約25万円分の利息を抑えることになります。

また、8日に1回融資を受けたり返済したりという作業が面倒だ、時間がない、という方の場合はA社の役割をネットを通じた振り込み融資に対応しているサービスにされるとより便利です。

特に柔軟なのはニッシンプロミスが振り込み融資・振り込み返済に対応していますし、利用しやすいと言えます。


繰り返しますが、この方法は知らなきゃ損、使わなきゃ損という内容の方法で、シンキや他社から嫌われるような利用方法でもありません。

他社借り入れが増えて審査が難しくなってしまう前に、このサービスの融資枠は確実に抑えておいた方がよいでしょう。
2006/08/09(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

この4~6月、アイフル・アコム・プロミス・武富士の大手消費者金融の新規ユーザーが去年に比べて2割減っているというニュースがありました。これはやはりアイフルの強引な取立てが発覚したことなどの影響が大きいのでしょう。

しかし、その一方で消費者金融系の会社ではなく、流通系や銀行系の低金利ローンを利用する新規ユーザーの割合は高くなっているのです。

これは、もちろんアイフルの事件の反動で安心感を重視して、ということもありますが、流通系などのローンサービスはより低金利で利用できるのが実際にお得ということがあります。


中でもクレディセゾンの行っているセゾンカードローンは女性でも安心して利用できるローンとして人気となっています。

8.0%~という低金利で利用でき、限度額は300万円までのコースがあります。最低額の50万円コースの場合でも利息は25%となり、消費者金融系の29%と比較すると出費を抑えられます。

女性の利用を強く意識して作られたサービスのためカード発行は柔軟な面がありますが、今月半ば頃に新規入会のキャンペーンはひとまず終わる(まだ確定ではありませんが)という話も出ていますので、現在検討されている方は早めにカードを作った方が良いでしょう。


同様に低金利で利用できるカードとして最近はJCB firstloan+も評判の良いローンです。

このローンカードは企業に勤めている方に限定したローンとなりますが、金利8.0%~17.8%と、少額の場合はセゾンよりも更に低金利で利用することが可能です。

また、このカードの特徴として返済方式が元金定額払いということがあり、より長期的な返済で毎月支払額は低く抑えたいという方に合っています。

1つ惜しい点があるとすれば、携帯電話やPCでのネットを通じた振り込み融資を受け付けていない点です。実際に電話して申し込むことで、金融機関の翌営業日には振り込みが実施されますが、手間と時間が少しかかってしまいます。

カード発行状況は8月から新キャンペーンを開始したこともあり、先の条件を満たしている方であれば順調にカード発行されているようです。


消費者金融系の企業が足踏みしている間に、こうした流通系などの新サービスが激しい競争の中でより便利なものを始めています。現時点で新たにローンを利用しようという場合はやはりこうしたサービスがより出費を少なく済ませてくれるでしょう。
2006/08/08(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

最近のローン・キャッシングカードでは、ユーザーが少しでも利用しやすいように、利用したいと思ったその時に融資を受けられるように、ということで携帯電話のインターネット接続を利用した融資に対応しているサービスが増えています。

これは非常に便利なサービスで、携帯電話から利用できる融資のほとんどは即日あるいは即時振込で対応してくれるため、スピーディに利用できるのです。

さらに、ネット銀行など、携帯から利用可能な銀行口座で受け取れば、携帯電話の操作だけで自分の好きな口座にお金を移動することも可能になります。

家賃や電話料金の引き落とし口座にちょっとお金が足りなかった時や、ネットショッピングで指定口座に代金を振り込まなくてはならないときなどに、ATMを探してうろうろ歩いたりすることなく携帯電話からの操作だけで全て解決することが出来るのです。

こうした便利なサービスを取り入れているのは特に新サービスに多く見られます。


8月1日からサービスを開始したUFJニコスのマイベストビズもその1つです。
最近の新型低金利ローンは本当に条件が良いものが多く、このローンも7.8%~17.6%という条件で利用できます。

UFJニコスは元々クレジットカードの発行が中心だった会社ですが、他社より早くローンカードも発行していました。しかしここ最近、急にライバル会社がローンカードの発行を始めたため、一気にユーザーを奪われてしまい、かなり焦りが感じられます。

そのため、サービスもリニューアルしましたし、カード発行の審査も現在かなり甘い設定、さらにはカード発行者全員に1000円のギフトカードプレゼントや抽選でipodをプレゼントなど、必死でユーザーを取り戻そうとしているのです。

普段は難しいとされる、おまとめローンや一本化・借り換えで利用件数を減らそうと考えている方にも利用しやすい時期と言えるでしょう。


最近の新型ローンサービスは高い限度額・低金利・スピード融資と、内容の充実しているものが出てきて、人気を集めています。携帯電話からの利用で即日融資が可能なサービスなど、ユーザーにとっての便利さを追求したサービスが人気となるのは当然のことかもしれません。
2006/08/07(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

長期的に返済を続けていくローンを利用する場合、出来る限り低金利で利用出来るサービスを選択することはもちろんですが、出来るだけ安心して利用できるサービスを選択するということも、長期的な付き合いとなるローンのサービス選択では重要です。

では安心して利用できるサービスとはどのようなものでしょうか。

名前が知られている、というのも1つの基準となりますが、それだけでは十分とは言えません。
安心して利用できるサービスを知るには、そのサービスを運営する会社のことやサービス運営体制、実際の対応姿勢など細かい情報を集めて、初めて判断することが出来るのです。


現在、利用しやすいローンの中で最も信頼性・安心感共に高いのはGEMoneyパーソナルローンでしょう。

このサービスを運営するGEコンシューマファイナンスは、豊富な資金力を強みとしている世界的に活躍している企業グループです。よく会社を評価するのに、格付けというものを利用しますが、GEの格付けはトヨタ自動車と同じAAA(トリプルエー)となっており、世界的にも信頼のある企業グループなのです。

また、GEMoneyパーソナルローンの内容には、珍しい返済保障もついています。
返済保障は他のサービスではめったに見られないもので、会社都合による失業などで返済が困難となってしまった場合に最大で6ヶ月間分の支払額をGE側が負担してくれるというものです。

ユーザーにとっての万が一のことまで考えている優れたサービスと言えるでしょう。


もう一つ、特に信頼感のあるサービスがイコールクレジットとなります。

イコールクレジットも資金力の豊富な企業、ソフトバンクインベストメントが運営するサービスで、特に「育てるキャッシング」というをキャッチコピーに据えていることで有名です。

「育てるキャッシング」というのは、イコールクレジットがユーザーの信用度をどう判断しているか、というのをユーザー自身で知ることが出来る画期的な仕組みで、ユーザーはどうやって信用度を上げていけばよいかを自分自身で知ることが出来るのです。

イコールクレジット側も取引履歴などから定期的にユーザーの信用度を見直して、限度額UPなど柔軟な対応を心がけてくれます。

これによってお互いに情報を公開しあいながら、信頼関係を作っていくことになるのです。


長期的な付き合いとなるローンのサービス選択は、低金利であることは絶対の条件となりますが、安心感のあるサービスもあるということを知っておくと、より自分に合ったサービスを選択できるようになるでしょう。
2006/08/06(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

現在、互いに新規ユーザーの開拓で競い合いながら、積極的に融資を行っている低金利ローンカードがあります。どちらもこの夏からのサービス開始で、今後厳しくなる一般消費者向け金融業界での生き残りをかけ、ユーザーに利用してもらおうと必死の状態にあるのです。

どちらのサービスもかなりの低金利で利用でき、現在はサービス開始から間もないため、非常に利用しやすくなっています。低金利なのに審査も甘いという低金利ローンの新しい形がここから生まれてきているのです。


その1つがJCBファーストローンプラスになります。

このサービスは金利は8.0%~17.8%、融資限度額は300万円のサービスです。返済は毎月元金定額払いのため、月々の返済額が比較的に少なくて済み、返済していきやすい点が特徴です。

このローンは単なる新サービスというわけではなく、JCBにとっては初の本格的な低金利ローン進出ということもあり、新規ユーザーを積極的に募集しているタイミングにあり、特に利用しやすい時期となるのです。

但し、個人事業主・パート・アルバイト・無職など、収入が不安定な方に関しては申し込み不可能となります。それ以外の場合はかなり柔軟に融資を行っています。


もう一つの新型低金利ローンがUFJニコスのマイベスト ビズとなります。

このローンはそれまでにあったマイベストをリニューアルしたローンカードとなります。
内容は金利が7.8%~17.6%、融資限度額は300万円と、JCBのサービスを強く意識しています。

便利な点としては、携帯・PCでネットを通じて即日振込みも受け付けているため、使い勝手はかなり良いと言えるでしょう。

JCBに負けることなくこちらも新規ユーザーを募集しており、入会者全員に1000円分のギフトカードをプレゼントするなど、必死のキャンペーンを行っています。


低金利ローンではこれらのサービスを初め、どんどん利用しやすい新サービスが出てきています。これらは新たな定番として業界の常識を変える可能性を秘めたすばらしいものばかりです。

現在の利用しやすいタイミングを逃さずに、借り換え・一本化を検討されている方は利用を検討されると良いでしょう。
2006/08/05(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

他社利用が増えすぎてしまい、もう他で借りることが出来なくなってしまった場合や、どうにもこうにも月々の支払額を確保できなくなってしまった場合に利用するのがおまとめ・一本化専用のローンサービスとなります。

おまとめローン・借り換え一本化専用サービスの特徴は、返済を長期的に考えてくれるため、月々の返済額が極端に低く、返済しやすくなるというメリットがあります。

また、他社利用が何件もある方でも高額の融資を実現することが多く、金利も低めの設定となります。他社に返済を続けていた場合に支払っていた余計な金利分も元金の返済に充てることが出来るのです。

しかし、こうしたおまとめ専用ローンを利用する際には特に2つ気をつけなくてはならないことがあります。


1つが特に信用できるサービスを選択するということです。

最近では「おまとめローン」「借り換え可能」と言った宣伝文句を悪用し、強引な貸付・取立てを行う金融業者がかなり増えているため、特に慎重に選択すべきでしょう。

どのサービスを選択してよいかわからない、どこが危険な業者か自分ではわからない、という場合はニッシンのワイドローン、あるいは新洋信販のリニューアルローンがあります。


ニッシンは一部上場企業という信頼感があり、企業向けの貸し付けも多い総合ファイナンス企業です。また、新洋信販は40年以上もサービスを提供している老舗で、おまとめ専用ローンのネット対応も比較的早い時期から行っており、実績があるのです。

この2社以外で、特に名前も聞いたことがないところや、身元が不明確な業者は控えた方が良いでしょう。


もう1つの注意点は、おまとめローンを利用する場合はそれを最後の借入と割り切って、絶対に他では借入をしないということです。

一本化専用ローンは借入に行き詰ってきた場合の、いわば最後の一手となります。
ここで利用件数を減らすことが出来たからと言って他社の利用を始めてしまうと、もうそれを救う手段は債務整理・ヤミ金などしか後がないのです。

ですから、一本化専用ローンを利用する場合にはもう他を利用するということはあきらめて、確実に完済を目指さなくてはなりません。


これらの2つの点に注意することで、まとめローン専用サービスは困った場合の最後の一手として十分に機能してくれるでしょう。
2006/08/04(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

8月に入って、カード内容をリニューアルした低金利ローンカードも出てきています。
インターネット大手の子会社が運営する金融サービスで、新規参入組ならではの柔軟対応でユーザーを集めていたサービスが再び積極的に会員募集を始めたのです。


それがエキサイトクレジットのエキサイトローンとなります。

このカードは4月にサービスを開始して以降人気を集めたローンカードです。
8月1日からは、申し込み当日の振り込み融資にも対応し、スピーディなサービスに一層磨きがかかっています。

サービス内容としては限度額が300万円、金利帯は15.0%~18.0%という内容で、同じIT系低金利カードの楽天MONEYカードに近い感覚のカードとなります。

楽天MONEYと違う点は、最低金利が若干高いという点と、そのかわりに8月1日からサービス改善で即日の振り込み融資に対応したという点でしょう。100万円以内、平日午前中の申し込みという制限はつきますが、その中での利用であれば即日融資が可能となっています。

特に、50万円を超えるサービス内容で即日振り込みを可能としているカードはまだそれほど多くないため、50万円以上の金額が急に必要となった場合にはかなり使えるサービスと言えます。

実際に利用する場合、ネット申し込みを終了した後に審査結果の確認電話が来ますので、そこで即日振り込みの希望を伝える必要があります。

現在は即日振り込み開始から間もなく、まだWEBサイトの告知も間に合っていない状況なので、この電話で希望を伝える点は気をつけておかねばいけません。


低金利業界はどんどん魅力的なサービスが増え、エキサイトクレジットのようにサービスをリニューアルする形で競争に参加する企業も出てきました。ユーザーにとっては、おまとめ・一本化や借り換えに利用できるチャンスが広がっている時期と言えるでしょう。
2006/08/03(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

ローンと言うと数百万以上の大きな金額を借り入れて、長期的な返済を前提に行うイメージがあります。最近の低金利ローンでは10%以下の低金利で利用することも可能な点が魅力ですが、その分審査が難しくなる面もあります。

一方、キャッシングと言うと、大きくとも数十万という金額をATMで引き出して利用するという少額利用のイメージがあります。キャッシングの場合は少額利用の分、審査は柔軟となるため利用しやすいのですが、金利が20%台後半の場合が多いということが不満点でした。


その両者のいいところ取りを目指したのが楽天MONEYカードです。
楽天MONEYカードは、200万円までの融資枠で金利は12%~18%というサービス内容となります。

最近の低金利ローンカードの主流は融資枠が300万円、金利は7%程度~18%程度ですが、
「そこまで大きな金額でなくてもよいけど、出来れば低金利で利用したい」
という声に応えた形のカードとなります。

肝心の審査に関しても楽天MONEYはそうした低金利ローンカードに比べかなり審査が甘いカードと言えます。どちらかと言うとキャッシングカードに近いという印象すらあります。

そして、このコンセプトがユーザーに魅力的に映ったのか、サービス開始以来順調にユーザー数を増やし、現在は低金利キャッシングの定番カードに成長しているのです。


もう一つ、それにかなり近いイメージのカードがGMOネットカードになります。
このサービスの場合、全てのサービスがカードレスで利用可能なため、どのサービスでもスピーディに使えるということがあります。

高額融資を希望する方は50万円以上で利用の場合にはキャッシング300というサービスになります。この場合は金利が7.3%~18.0%までとなりますが、実際にはよほどの属性でない限り7.3%での利用は難しいと言えるでしょう。

ただし、融資をする・しないの審査に関しては非常に柔軟な対応をしていることが有名で、18%程度の金利ということではかなり可能性も高くなるのです。その意味から、このサービスはキャッシングの性格をもつ柔軟カードと言えるのです。


最近は魅力的な低金利ローンカードが多くなり、競争が激しくなっていることの影響もあって、審査に関しても以前よりは甘くはなっているでしょう。

しかし、それでもローンの利用が難しいとなった場合は、すぐにキャッシングカードを求めるのではなく、こうした中間的なサービスの利用を検討されれば、むやみに利用件数を増やさずに済むのです。
2006/08/02(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

低金利ローンカードではここのところ新規参入組が次々と便利なサービスを開始し、人気を集めています。

一方の、元々低金利ローンで大手といわれていたサービスはそこまで低金利ということにはこだわらず、大手としての便利さや受け入れユーザーの広さということで対応しています。


特に申し込み当日のカード発行・即日融資という点ではアットローンが優れているでしょう。

アットローンではコンビニ大手のAM/PM内のATMにカード発行機能を備えています。
WEB申込み後30分程度で審査結果を受取ると後はAM/PMでカード発行出来るのです。

さらに携帯電話やネットから依頼して指定口座に振りこんでもらう振込キャッシングにも対応しており、便利さという意味では他のどのカードにも引けをとらない内容でしょう。


もう一つの低金利ローンカードの大手、定番サービスはモビットとなります。

モビットは幅広いユーザー層ということを強く打ち出しています。アルバイト・パート・自営業・もちろん女性でも全く問題ありませんし、年齢で言っても20歳~69歳まで対応と、このあたりはアットローンよりも柔軟となります。

もちろん即日融資・振込融資なども対応していますし、一通りのサービスを全てそろえているところはさすが大手といったところです。


どちらのサービスでも融資限度額は300万円、金利は15.0%~18.0%と最近始まった新サービスほどのインパクトはありませんが、それでもかなり良い条件と言えます。

初めてのキャッシング・ローンカードの利用という場合や、急にお金が必要になってしまった場合にはまずこれらのサービス選択で間違いないと言えるでしょう。
2006/08/01(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

先日お伝えしていたUFJニコスの低金利ローン、マイベストビズが今日から開始されました。
ローンカードのキャンペーンとしては珍しく、カード発行するだけで1000円分ギフトカードプレゼントやipod nanoが抽選で当たるなど、かなり力が入っていることが感じられます。


金利や融資枠についてはお伝えしていた通り、7.8%~17.6%・限度額300万円となっています。

利用限度額に応じて利率が決まる設定となっており、実際の利用額がいくらであろうと、限度額が高い設定であれば、より低金利で利用することが可能です。

現実的に100万円の限度額設定となった場合、金利は14.6%となりますが、これは他の低金利ローンと比較してもかなり良い条件と言えますし、その分返済もしやすいということがあります。

また、携帯電話やPCからでの振り込み融資にも対応している点はかなり使いやすくなったと言えるでしょう。近くにこのカードが利用できるATMがなくて困るという時や、銀行の引き落とし口座にお金を入れておくのを忘れた、という場合の対応にはかなり便利に利用できるのです。

最近ではネットからの振り込み融資を利用する方が増え、カードなんて持ち歩きたくない、そもそも必要ないという方も増えています。

そうした声に応えて、このマイベストビズではカードレスで利用することも可能となっています。インターネット利用専用タイプというのがそれになります。

現在、サービス開始時点ではカードの発行までに計1週間は最低かかりますが、これを利用することで2~3日利用開始日を早めることも出来ます。また、カードを持たないことで紛失した場合の不正利用の危険性もなくなるため安心して利用することも可能なのです。


今回の新ローンカード、マイベストビズではこれまでのUFJニコスのサービスで不便だなぁと感じていた様々な点をかなり修正し、使えるサービスへと進化しています。

現在は、JCBやセゾンとの対抗意識ということもありますし、新サービスの開始時点で特に利用しやすい時期と言えます。これまで低金利ローンカードの利用をあきらめていた方でも、借り換えやおまとめに利用できる可能性が最も高い、良いタイミングと言えるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。