銀行系から低金利、おまとめローンに必要なお申し込み方法を最速でお届けします。必見です!
2006/06/30(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

最近はテレビや雑誌などの影響で、おまとめローンと言うと主に不動産を担保にした高額融資サービスというイメージを持っている方もいるでしょう。

先日某会社で大問題となった認知症の85歳の老人を保証人とした融資は、その老人の所有する不動産を狙った悪質な融資としてかなりの非難を浴びました。

しかし、実際はそのような悪質な融資ばかりではありません。5件~の他社利用を前提として不動産担保なども必要とせず、本当に借金を少しでも低金利でまとめて返済してしまいたいという方向けのおまとめ専用のサービスもあるのです。


それがリニューアルローンとなります。
このサービスはおまとめ一本化専用のサービスとして人気となっており、大手消費者金融と比較して10%以上も金利を下げることも出来るとなります。

融資枠もやはり専用サービスならではの大きな枠を確保しており、最大で700万円と、ほとんどの方がこの範囲内に収まるでしょう。

もう一つのおまとめローン向けのサービスがニッシンのワイドローンとなります。
こちらも他社6件以上の利用であっても、おまとめ一本化という内容であれば問題なく低金利で融資を受けることが出来るでしょう。


多重債務に陥ってしまった場合には出来る限り早期に一本化を検討された方が良いでしょう。
20%台後半の高金利で利用されている場合は10%以上も金利が下がる場合もありますし、複数の返済先があると支払いのやりくりに頭を悩ませ、精神衛生上もよくないと言えるからです。

こうしたサービスを利用できることは、確実に全てを返済することは可能だということです。そのためにも、これを最後の融資と考え積極的に相談し、きちんと計画を実行していくことが重要となるのです。
スポンサーサイト
2006/06/29(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

最近では即日融資のキャッシングサービスが充実してきており、これまでに比べて契約から入金までが本当に速くなったという印象があります。

一般的に低金利・高額での融資ということになればなるほど、店舗側からすれば慎重な審査が必要となってきます。貸し倒れる危険性を最小限にするためには当然とも言えるでしょう。

しかし50万円という範囲に限ると、低金利でも即日融資可能なサービスも見られます。


それがニッシンのローン50となります。

このサービスはいわゆる「振込ローン」の元祖とも言われており、50万円までであればネットからの申し込み・本人確認等の電話で即日に口座に振込が完了するという来店不要のスピード重視のサービスです。

また、この店舗は先日からネットを通じたユーザー獲得を本格的に始め、積極的な姿勢を表し始めたところでもあります。現在のカード発行状況から言っても非常に強気の融資を行っているという印象で、柔軟な対応を期待できるでしょう。

もう一つの即日融資サービスがGMOネットカードとなります。

このサービスはそもそも「カード発行」がないカードレスキャッシングサービスのため、非常にスピーディに契約が進むことになります。

特にスピードにはこだわりが感じられ、イーバンク銀行との連携により2回目以降のキャッシングでは土日祝祭日に関わらず、夜21時までの申し込みで即日融資が可能という優れたサービスとなっています。

審査に関してもサービス開始以来ここまで激甘審査が続いていますので、安心して利用することが出来るでしょう。


ここ数年、キャッシングサービスの種類・数ともに非常に増えてきた印象があります。スピードは速ければ速い方がユーザーにとっては良いということを考えると、即日融資サービスも今後さらに増えていくことになるでしょう。

そう考えると、やはりこれらの店舗のように時代の流れを読んで早め早めにサービスをスタートさせているところを利用することで、常に便利に、有利にサービスを利用し続けることが出来るとなるのです。
2006/06/28(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

基本的に、他社での利用件数が増えてくるとやはり審査は段々と厳しくなってくるという印象があります。特に5~6件を超えたあたりからは一段と難しく感じることでしょう。

しかし、全てのサービスが利用不可能かというとそうではなく、数あるサービスの中ではそのような方でも驚く程低金利で借りられたという場合もあるのです。


その代表的なサービスが楽天MONEYとなります。

このサービスは特に他社の利用が多い方でも借りることが出来たという実績が多く、最大で200万円までという融資枠も非常に魅力的な内容です。

新規参入組の中でも特に審査が甘いという印象で、さらに12%~18%という低金利キャッシングサービスとなっているため、他社利用がかさんで一本化したいという方には特に使えるサービスと言えるでしょう。

新規参入組の中ではイコール・クレジットも見逃せません。

ソフトバンクグループの豊富な資金力を武器にかなり柔軟な対応を行っており、さらに手続きもネットで完結・即日融資も可能なことから、非常に人気となっているサービスです。特に初回利用の方への金利優遇サービスもあり、より低金利で利用することが可能となるでしょう。

イコールクレジットでは「育てるキャッシング」を強く打ち出しており、長期的に付き合っていくことで限度額の増額や金利引き下げなどにも柔軟な対応が期待できるサービスとなっています。


他社での借入が増えてきた場合に重要なことは、出来る限り低金利なサービスで一本化することと、一本化できるサービスが出来た場合にはそのサービスと長期的に付き合っていくことを心に決め、それ以外のところには一切手を出さない、ということとなります。

その際のサービス選択としてはやはり、柔軟かつ誠実な対応を期待できる上記のようなサービスとなるでしょう。
2006/06/26(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

低金利ローンサービスは以前と比べると驚くほどサービスが増えてきましたが、そのサービスを実現出来ている会社の背景は様々であると言えます。

資金力が豊富で余裕を持って経営されている会社もあれば、実は資金力はあまり無く、銀行から資金を借入れてそれをユーザーに融資することで成立しているサービスもあります。

ユーザーからすればなかなかそのあたりは見えづらいところです。

しかしサービスを利用する中では、従業員と顔を合わせたり、実際にその会社と長期間付き合っていくことになりますので、そう考えるとやはり経営に余裕のある会社の方が安心して利用出来るとなるでしょう。

そのような優良企業はいくつかありますが、中でも特にサービスの質においても経営においても安定しており、安心して利用できるサービスがあります。


それがGEMoneyパーソナルローンとなります。

GEは元々はエジソンが創業したという歴史のある企業で、アメリカの格付け会社からは毎年1兆円の利益を生み出すトヨタと同じ、トリプルAという評価を得ている超優良企業です。

このパーソナルローンサービスは7.8%~17.5%という低金利が魅力で、なおかつ返済途中に会社都合で急に失業してしまった場合などには最大6ヶ月間の返済額をGE側が保障してくれるという、安心出来るサービス内容となっています。

一般的に、低金利でこれだけの保障付きのサービスとなると当然審査の面も難しくなるということがあります。しかしGEコンシューマファイナンスは、キャッシング分野ではレイクなどが好調なのですが低金利ローン分野では他社に大きく出遅れているという背景もあり、現在のキャンペーンでは予想を遥かに超えた激甘審査が続いています。

この柔軟対応は豊富な資金力による余裕、という部分かもしれませんが、このような優良サービスを利用しやすい状況にあるうちに確保しておけば、後々の切り札として有効に利用することができるでしょう。


おまとめ・借り換え目的での利用は、返済先を一社に絞るということになります。また、その一社に対して長期に渡って返済していくこととなりますので、そのサービスの選び方としては、どれだけ安心して付き合っていけるサービスを選ぶか、ということが重要となります。

安定した経営が出来ている会社はそれだけ内部にもゆとりがあるということが言えますし、安心できる良いサービスを選ぶことで、本当にゆとりを持って返済計画を実行していくことが出来るのです。
2006/06/25(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

先日から何度かお伝えしておりますが、消費者金融業界は新規参入が相次ぎ非常に競争が激しくなってきています。

ユーザー獲得のために、各社はテレビCMなど広告部分での露出を高めたり、地道に駅前でのティッシュ配りを強化するなどの努力をしています。また、楽天、ソフトバンク、GMOなどのIT系企業はインターネットを普段から活用されている方であれば一度は名前を聞いたことがあるないでしょうか。これらの企業ではその強みを生かしてインターネットでの広告に力を入れています。

一方で、テレビにもネットでもあまり名前の出ないサービスもあります。それらのあまり目に付かないサービスはいったいどのようにしてユーザーを獲得しているのでしょうか。

それらのサービスでは広告露出が少ない分、激しい競争で生き残っていくためには、サービス内容そのものに力を入れることが重要となります。

また、実際には他の有名企業での利用があるユーザーにも融資をすることで、利用ユーザーを増やすしかないのが現状なのです。当然ながら、審査に関してもより柔軟な対応がよく見られるのがこれらのサービスでもあるのです。


そうしたサービスの代表がニッシンの提供するサービスとなります。

ニッシンは1972年から消費者ローンを始めている歴史のある会社です。このサービスでは先日からようやくネット上の広告などに力を入れ始めたという状況で、年率9.8%~のローンサービスや、おまとめ利用の方であっても非常に柔軟な対応が見られます。

また、東証一部上場企業として大変堅実な会社であるため、社員の対応も比較的に一般的な消費者金融よりも丁寧な安心できるサービスが行われています。

同様のサービスでは、クレディアが良いでしょう。

このサービスはどちらかというと女性向けのイメージを強く打ち出しすぎていたため、男性ユーザーの利用が少なかったということがあります。

ですが、実際には男性も利用できるサービスも充実しており、200万円枠・金利7.5%~の低金利ローンカードなどの商品でも来店不要で、その発行状況を見ても激甘審査としか考えられない状態です。


競争が激しくなる中、企業にとって重要なのは「どの部分に力を入れるか」ということです。

サービスを利用するユーザー側としてはその力のいれどころをうまく見定め、柔軟審査のサービスを見つけることが低金利カードの発行につながるのです。
2006/06/24(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

一般的に、おまとめ・借り換えを目的としたキャッシング利用では審査の面で不利となってしまう場合が多いということがあります。

これは、融資する側の店舗から見て、そのユーザーが本当に返済を計画通り実行するかどうかということに不安を抱いてしまうということが主な理由となります。

おまとめ・借り換えを実現するためには、まず第一に柔軟審査のサービスを選択するのはもちろんのこと、第二にこの不安を取り除く必要があるのです。


まず、サービス選択についてですが、これは特に業界への新規参入組が新規ユーザーに対して激甘な審査を続けています。

特に楽天マイワンGMOネットカードはその最たるサービスと言えるでしょう。

どちらも業界トップクラスの低金利と大型融資枠を提供しており、それにも関わらず新規参入組ならではの柔軟審査を行っていることで人気となっているサービスとなります。

次に融資側の不安を取り除く方法が重要となるのですが、これは実際に小さな返済実績を重ねることが最も良い方法となるでしょう。

具体的には、おまとめ借り換えを実行する前に少額の融資を受け、それを計画通りに、あるいは計画を前倒して返済するのです。これを繰り返し、返済実績を作ることで融資側にも信頼が生まれ、融資枠の増額も見込めるでしょう。

ここで重要なことは、当然ですが、少額融資で受けた金額を確実に返済することとなります。手を付けずに少しの利息分を付けて返済すれば、後々の高額・低金利融資の実現につながるのです。


おまとめ・借り換えを低金利で実現するためには長期的な視点を持つことが重要です。

現時点ではおまとめの必要がない方であっても、融資の難しい状態になってしまう前に返済実績をつくっておくことや大型の融資枠を確保しておくことで、今後に余裕を持って融資を受けることが可能となるのです。
2006/06/23(金)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

相次ぐIT系企業の参入などにより、金融業界では変化のスピードが一気に激しくなってきました。続々と低金利カードやネットで完結する便利なサービスも登場し、ユーザーにとっては非常に有利な状況にあります。

そして本日6月23日にも一つの変化がありました。
オリエント信販株式会社が完全に生まれ変わり、「GMOネットカード株式会社」に社名変更したのです。GMOグループは金融業界への進出の際、オリエント信販を子会社化し、すばやくその2ヶ月後に新サービスを提供し始めました。


それが今回社名となったGMOネットカードとなります。
このサービスでは300万円までの大型融資枠と7.3%~という低金利が人気となっているのですが、先日のイーバンク銀行との提携によりさらに利用しやすいサービスへと変わりました。

具体的には、イーバンク銀行口座開設者には土日祝祭日を含めた365日の即日融資対応を始め、50万円までであれば夜21時までの申し込みで即日融資を受けることが可能となったのです。

女性のご利用であればベティ・ローンで同様の即日融資が可能となります。

どちらのサービスでも今回の社名変更を機に、本格的にイメージアップや顧客獲得の姿勢を強くするでしょう。これまでの業界の動きを考えても、そうした場合は非常に高い確率で高額融資や甘めの審査が行われており、今はまさにそのような状況に入ったと言えます。


今回のような会社全体に影響を及ぼす動きがあることはそう多くはありませんが、柔軟対応を望むのであれば、このようなタイミングを敏感にとらえていくことが重要となるのです。
2006/06/21(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシング・ローンを利用の際に最も慎重に答えなければならない問いがあります。

それは「他社の借入状況はどうなっているか」ということです。

当然ながら金融機関は基本的に他社の借入がある(しかも滞っている)方には融資が厳しくなります。しかしそこに目をつけた、他社に借り入れのある方のための、おまとめ・借り換えを専門にした激甘ローンサービスがあるのです。


それが、新洋信販のリニューアルローンです。
このサービスは借り換え専用ということで、実質年率が12.5%~19.8%と低く設定されています。

特に消費者金融系など実質年率が20%台後半のところを既に利用されている方の場合ですと、このサービスを利用することで金利が10%以上も下がるということもあるのです。

審査に関しても、こちらは他社での利用を前提ということもあり、当然ながら他では見られない激甘審査となっています。

また、同様のおまとめ・借り換えも含めて、現在強気の融資を行っているサービスがあります。
それがニッシンワイドローンとなります。
ニッシンは50万円の即日融資から最大で1000万円のスマートセレクトや事業者向けサービスも行うなど幅広い対応が強みとなっています。

これまではWEB上でのPRにはほとんど力を入れていなかったのですが、現在はつい先日キャンペーンを開始したところという状況にあります。

そのため、今のタイミングでは特に甘い審査状況となっており、実際に他社で事故を起こした方でも融資が可能となるなど非常に柔軟な対応を行っています。


テレビCMなどの印象から大手の消費者金融系のサービスなどをすでに利用されている方は多くいます。やはり最初は有名なところで、となりますが、実は比較的高い金利のサービスが多いのも事実です。

そのような利用がかさんできた場合には、他社の借入状況があっても融資可能な、低金利のおまとめ利用を早期に検討することでその後が随分と楽になるのです。
2006/06/17(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

ここ数年、キャッシング・ローン業界では今までになく競争が激しくなってきています。
これは基本的にユーザーにとっては非常に良いことであると言えます。

競争が起こることでユーザーにとってより良いサービスが次々と生まれてくるということがあるからです。

競争を激しくさせた要因の一つは楽天やソフトバンク、GMO等の企業が参入したことです。

新規参入企業がユーザーを獲得するのは簡単なことではありません。
だからこそ、それまでにはない魅力的な低金利サービスや柔軟な対応が生まれるのです。


楽天マイワンはまさにそのようなサービスの代表と言えます。
500万円という融資枠はおまとめ、借り換えには特に適しています。また、7.0%~という低金利設定は他社に追随を許していません。

楽天がこうした他を圧倒するサービスを始めているのは、会社全体として証券を含めた金融サービス事業への本格進出という背景があります。

楽天は他にも楽天MONEYというサービスも新たに始めています。
これはマイワンほどの高額・低金利設定ではないものの、非常に柔軟な対応が評判になっている人気のサービスです。他社の利用が多い方も多く利用しているなど、激甘融資が期待できます。

その他の新規参入組としてはGMOネットカードがあります。
こちらも甘い審査、強気の融資で今注目を集めています。
その上での300万円までの融資枠と7.3%~の低金利設定が大きな魅力となります。

6月23日からは社名を現在のオリエント信販からGMOネットカード株式会社に変更することが決まっており、これは本腰を入れる意志の表れという風にとることができます。

このような新規参入組に対抗するサービスも出てきています。

それがORIXのオリックスVIPローンカードです。
こちらは新規参入組と同様の高額枠・低金利設定に加えて、オリックスグループの総合力が強みになっております。カードを作るだけでレンタカーやホテルでの各種優待サービスが利用できるということがあります。

融資枠の範囲内では自由に利用できることから、借り換えにも適したサービス内容となっています。


キャッシング・ローン業界は日々変化し続けています。新規参入が続き、競争が激化している今は、その意味でユーザーにとっては狙い目の時期であると言えます。

これまで低金利での一本化や借り換えが難しいと感じている方でも、こういったタイミングを逃さずに活用していくことが、利息カットを実現するためには重要となるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。