最近のローン情報 - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

最近のローン情報カテゴリーの記事一覧です。

低金利!おまとめローン・一本化最速情報! TOP

2007/04/09(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

4月に入って数日経ち、前月分(3月)のキャッシング人気ランキングが集計できました。さっそく簡単な解説を付けて、紹介したいと思います。

人気サービスのトップには前月と同じくGMOネットカードが入りました。

もともと以前から審査柔軟で定評がありましたが、最近になって一段とユーザー獲得に力を入れているようで、その口コミ評判が順位を押し上げたものと思われます。実際、50万円までの融資はきわめて可決率が高い上に、即日スピード振込みの便利さも魅力です(最高は300万円)。

2月のバレンタインキャンペーン以降はこれといった特別なキャンペーンを実施していませんが、借りやすさは依然としてトップクラスと言えます。

イーバンク銀行の口座を持っていると手続き・融資までがスピーディーなので、GMOネットカードとセットで持っておくと良いでしょう。GMO会員なら通常1050円かかるキャッシュカード発行が無料になり、コスト的にもお得感があります。

次に2位は、NISグループのファーストプランがランクインしています。

こちらもGMOネットカードと同じくキャッシング専用カードを発行しない「カードレス融資」方式ですが、ネットではなく電話のフリーコールから融資を受けるタイプです。やはりカードレスだけあって融資は最短即日と、スピード面は申し分ありません。

やや低めの50万円という限度額がネックでおまとめ一本化には向きませんが、15.0~18.0%という安い金利設定のおかげで日常的に使いやすくなっています。

そして3位には、銀行系キャッシングのモビットが来ています。

ちょうど3月から社内キャンペーンということで審査が甘くなっており、300万円の限度額、15.0~18.0%の金利設定によっておまとめ一本化ユーザーから大きな支持を得ていました。この柔軟キャンペーンは今月も続いているため、三井住友グループの安心・低金利キャッシングを柔軟審査で利用したい方は今月までが狙い目です。

こうして上位3サービスを見ているとIT系・消費者金融系・銀行系の多彩なタイプが並びますが、低金利プランを持っている点ではどのキャッシング店舗も共通しています。やはり2009年のグレーゾーン金利廃止を見越して、「どうせ借りるなら低金利のところで」と考えるユーザーが増えてきたためでしょう。

それを知っている低金利ローンの各社もユーザー獲得に力を入れ始めているので、意外に審査が甘いところも目立ちます。今までは「低金利サービスは審査が厳しい」と敬遠されることがありましたが、キャンペーン等の動きをしっかりつかんでおけば、十分に柔軟審査でカード発行が期待出来ます。
スポンサーサイト
2007/03/26(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

去年あたりからキャッシング店舗の審査基準がよく変わるようになって、激甘と言われていた大手キャッシングがのきなみ可決率を大幅ダウンさせる等、ユーザーにとっては借りにくくなってきました。

特に、他社利用件数が多いユーザーには審査が厳しく、大手なら借入れ件数が3~4件以上ある申込者をほとんど門前払いしている状況です。

そこで有効利用したいのが、借入れ件数が多めでも対応できる準大手クラスのキャッシングサービスです。

このジャンルなら三和ファイナンスの評判が良く、5件ほどの借入れ件数があっても柔軟に対応してくれる可能性が高いとクチコミ評価が広がっています。25.5~29.2%と決して低金利ではありませんが、余裕ある100万円の限度額、アルバイトや主婦など職業属性にも激甘な審査を考えれば、かなり頼れるサービスと言えます。

今なら初回ユーザーのみ「30日間無利息キャンペーン」を実施中なので、うまく活用していきたいところです。

また、もう1つの定番といえば女性専用のベティローンでしょう。

こちらも借入れ件数、職業の両方に柔軟審査を誇っており、かなり安定した融資が期待できます。限度額50万円、金利は三和ファイナンスと同じ25.5~29.2%で、短期間のつなぎなら問題ないキャッシング内容といえます。

去年からイーバンク銀行と提携したことで審査が早くなり、今では最短15分でキャッシュインされる業界屈指の融資スピードも高評価です。

なお、こうした「借入れ件数に激甘」なサービスは、もっと規模が小さな中小キャッシングまで探せば意外にたくさん見つけることが出来ます。ただし中小キャッシングになると審査が甘い反面、これからグレーゾーン金利が廃止されるようになると廃業してしまうリスクが高まります。

廃業したあとにユーザーの債権が悪質な業者へ流れると、無理な返済請求をされるリスクもあり、やはりキャッシング店舗の経営が安定しているかどうかは重要になってきます。

その点、今回紹介した三和ファイナンスは資本金10億円規模の準大手キャッシング、そしてベティ・ローンを運営するGMOインターネットは東証一部上場企業ということで、会社の安定度は申し分ありません。

審査が甘いサービスを選ぶときは単純な「激甘」だけでなく、これからも生き残っていける安定したブランドかどうかを考えれば、より安心してキャッシングと付き合っていけるのです。
2007/03/06(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

低金利ローンカードの元祖として有名な店舗にオリックスVIPローンカードがありますが、今日になって面白いニュースが飛び込んできました。これまで300万円だったキャッシングの最大限度額が、サービス改定により一気に500万円までアップするというものです。

変更点はこれだけではありません。同時にキャッシング金利が6.9~17.6%に引き下げられ、ついに6%台にまで突入したのです。これで融資条件はIT系の楽天マイワンにほぼ並び、名実ともにカードローンの融資条件トップランクに立ったと言えます。

また、低金利というメリットに隠れがちで目立ちませんが、パソコンや携帯から24時間いつでもキャッシュイン出来るという「即時振込&即時返済サービス」を備える等、サポート体制もかなりの使いやすさを誇っているバランス派のキャッシングブランドなのです。

ネット振込みをメインで使いたい方は、ぜひジャパンネット銀行の口座も申し込んでおくと便利でしょう。

ちなみに今月20日までは振込みキャッシングを使ったユーザーにギフト券(10万円分)が当たるキャンペーンを展開する等、オリックスVIPローンカードは他社にくらべて非常にトピックスが多い店舗といえます。

サービス豊富で使いやすい低金利キャッシングを探している方は、このサービス改定直後のタイミングを逃さず狙っていくのが良いでしょう。
2007/02/21(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

2009年にグレーゾーン金利が廃止されるなど個人向けローンの業界は厳しくなっていますが、その代わりに最近は中小企業・個人事業主をターゲットにしたビジネスローンが調子を上げています。

JCBが去年からスタートした「JCBビジネスローン」も、その流れに乗ったサービスの1つです。

数あるビジネスローンの中でもJCBビジネスローンは後発組にあたり、他社を使っていたユーザーにも便利さをアピールする融資内容になっているのが特長です。

おもなメリットを見てみると

・担保、保証人が不要
・限度額500万円、金利15.0%
・20歳から70歳まで申込みができる
・電話での振込みキャッシングに対応
・来店しなくても契約できる
・利用可能なATMが全国に15万台

などの好条件が並んでいます。

ビジネスローンでありながら、ほとんど個人向けキャッシングと同じような感覚で利用できることがわかるでしょう。特に、保証人が必要ないところと、融資枠の範囲内ならいつでもATMから追加で引き出せるところは大きなメリットです。

なお、このサービスを運営するJCBは「2010年までに貸付残高500億円を目指す」と発表しており、かなり強気な融資が期待できます。

日本最大級のクレジットカードブランド・JCBが手がけるサービスということで、信用度も安心感も申し分ありません。低金利で使いやすいビジネスローンを希望する方には、かなり狙い目のサービスだと言えるでしょう。
2007/02/07(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

まだまだ2月上旬でキャッシング各社は動きが鈍いですが、シーズンごとに積極的なキャンペーンを展開しているGMOネットカードがさっそく「バレンタインキャンペーン」をスタートさせました。

キャンペーン期間中にGMOネットカードに申し込んで490円以上の利息を支払ったユーザーが対象になり、人気の携帯音楽プレーヤー iPod Shuffleが当たるというものです。当選確率は10人に1人とかなり高めなので、ユーザーにとってはお得感があるでしょう。

限度額5万円のスピード融資から、限度額50万円の柔軟キャッシングプラン、さらに限度額300万円で金利7.3~18.0%の大型融資プランまですべてのコースでキャンペーンが適用されます。

なお、普段ならGMOネットカードは姉妹ブランドのベティ・ローン(女性専用)と同時進行してキャンペーンを実施しているのですが、今回だけは珍しくGMOネットカード単体での実施となっています。

つまりキャンペーン期間中に50万円までのスピード融資を受けたいなら、女性の方でもGMOネットカードの「キャッシング50」プランにしたほうが柔軟審査になってくる見込みがあるということです。金利もGMOネットカードのほうが少しだけ低めになっているため、検討してみるのが良いでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。