審査が甘い低金利融資 - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

審査が甘い低金利融資カテゴリーの記事一覧です。

低金利!おまとめローン・一本化最速情報! TOP

2007/05/03(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

最近のニュース記事によれば、2006年度のキャッシング大手は4社トータルの赤字額が1兆円を超えることになりそうです。もちろん大手に限らずキャッシング業界は全体的に苦戦しており、特に専業系サービスはかなり苦戦を強いられている様子です。

その一方で、前回のエントリーで紹介したイコール・クレジットをはじめとしたIT系サービスはのきなみユーザー数を伸ばす等、この時期でも好調を続けています。

中でもプリーバは去年の末にサイトを大幅リニューアルし、

・主要3キャリア対応の携帯キャッシングサイト開設
・検索機能を搭載したQ&Aコーナーをサイトに追加
・サービス解説コーナー「ゆずナビ」をサイトに追加

など、その後も立て続けにサービス体制を強化してきました。

さらにイメージタレントによるグルメレポートの連載スタート、情報セキュリティ管理の国際規格「ISO/IEC 27001:2005」認証を取得したり、ここ数ヶ月の勢いはかなりのものです。

もちろん肝心の融資サービスも調子がよく、限度額300万円、9.7~23.0%の低金利、それに最短25分という業界最速クラスの融資スピードを誇っています。

このような積極融資の理由は、ほとんどのキャッシング機能をインターネットに集中させたIT系サービスの強みが発揮されている成果だと言えるでしょう。大手がどんどん店頭窓口を閉鎖してリストラに励んでいますが、最初から店頭窓口を持たないネットサービスは圧倒的にコスト面で有利なのです。

また、プリーバの筆頭株主であるクレディアが、ちょうど去年の末あたりから融資サービスを縮小していることも関係しているでしょう。その分だけ今後は子会社のプリーバにキャッシングサービスを集中させる狙いがあるから、これほどまでにサービス強化・柔軟融資になっているとも考えられます。

どんな事情があるにしても、私たちユーザーからすれば短期間のうちにサービスが整備され、しかも柔軟融資になっているのは喜ばしいことです。どちらかといえば歴史が浅いため知名度は低めですが、JCBグループのクレディア、それに伊藤忠ファイナンスやサイバーエージェント等、日本を代表する企業が出資している安心感もあります。

ブランドの知名度よりも実際の使いやすさ、借りやすさを重視したい方にはプリーバが心強いサービスになってくれると言えます。
スポンサーサイト
2007/03/28(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

銀行以外で融資サービスを行なっている消費者金融など「ノンバンク」には、それぞれ得意としている分野があります。個人向けキャッシングを専門にしているところが多い一方、事業者をターゲットにしたビジネスローンを得意とするところもあります。

また、一部の実力あるサービスに限られますが、個人向けキャッシングと事業者ローンの両方を展開している店舗も見られます。こうした会社は規模が大きい上に幅広い収益源があるので、グレーゾーン金利廃止のダメージをそれほど大きく受けずに済みます。つまりキャッシングも事業者ローンも柔軟審査なのがメリットになるのです。

その代表選手は、やはりNISグループでしょう。個人向けには50万円まで金利15.0~18.0%の「ファーストプラン」を備え、柔軟審査で人気サービスランキングのトップ常連となっています。

さらにNISグループの本領は事業者向けのローンで発揮され、最高499万円まで12.0~18.0%の低金利融資を展開する「ビジネスタイムリー」が、特に事業者ユーザーから好評です。審査の可決率がコンスタントに50~60%を超えるという借りやすさは、無担保・保証人不要のビジネスローンとして最高クラスにあると言えます。

IT系キャッシングのイコール・クレジットもNISグループと同じような性格を持っており、やはり柔軟審査の借りやすいサービス体制です。限度額300万円、金利8.0~29.2%の融資条件で主婦やアルバイトの申込者にも積極的に融資しているおかげで、ライバル他社に比べて女性ユーザーの割合が多いことでも定評があります。

そして事業者向けローンは個人向けキャッシングよりさらに条件が良く、限度額1000万円、金利5.0%~となっています(上限29.2%)。これほどの好条件に生まれ変わったのは去年の4月ですが、ごく短期間のうちにビジネスユーザーから広く受け入れられるようになりました。

他にも事業者向けローンを展開している会社はありますが、借りやすさの面でいえばこの2社が優位に立っています。さらに付け加えるなら、どちらも「極度額タイプ」の契約なので、最初に融資枠だけ確保しておいて後から必要に応じて借り入れることが可能です。

このように借りやすさだけでなく「使いやすさ」も他社をリードする柔軟ローンは、個人・事業者どちらのユーザーにも大いに役立つ存在だと言えるでしょう。
2006/12/04(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

そろそろ年の暮れになって、忘年会やショッピング、旅行のシーズンになってきました。最近はちょっとした飲み屋でもクレジットカードが使える店舗も増え、出来れば手軽にクレジットカードを1枚持っておきたいと思う方は多いでしょう。

VISAやMasterカードの提携店で支払うなら、消費者金融で20%以上のキャッシング金利より、およそ10%台半ばの金利で済むクレジットカードのショッピング機能を使ったほうが安上がりですし手間も省けます。

そこで問題は、消費者金融よりも厳しいといわれるクレジットカードの審査をどうやって通るかでしょう。

まず柔軟審査でクレジットカードを持つ方法として、大手消費者金融・武富士が発行している「TAKE BIG SEVEN MasterCard」に申し込む選択肢があります。

武富士のローンカードとMasterカードが合体したもので、ショッピングもキャッシングにもこれ1枚あれば対応できます。審査は武富士とは別の基準になりますが、それでも普通にクレジットカード会社の審査を受けるよりは非常に激甘な基準なのです。

また、意外なことにクレジットカード会社でも武富士と同等以上の激甘審査を誇っているところがあります。

それが最近になって急激に人気を伸ばしてきた、OMCのJiyu!da!カードです。

OMCといっても馴染みがないかもしれませんが、大手スーパーのダイエー系列だと言えば理解しやすいでしょう。そのため毎月2回の優待デーでこのクレジットカードを使うと、ダイエーのほぼ全品が5%割引で買えるというユニークな特典も付いています。

11月からはキャッシング金利が改定されて16.0~25.0%になる等、武富士の新規キャッシング金利(18.0~27.375%)にも負けていません。キャッシング・ショッピング機能、最短即日のスピード発行、それに激甘審査とまさに弱点が見あたらないクレジットカードです。

ひと昔までは本当に「クレジットカードは審査が厳しい」と言えましたが、現在はこのJiyu!da!カードのように驚くほど審査が甘く、入会金も年会費も一切かからないカードが登場しつつあります。

なかなか他のクレジットカード会社で審査が難しかった方は、この機会に柔軟審査のカードを申し込んでみると良いでしょう。
2006/09/24(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

どちらかといえばキャッシングを考えるとき、サポートが充実した大手や低金利ローン、または審査が激甘など、目立った店舗ばかり注目されることが多くなります。

そのせいか、どうしても中堅~準大手クラスの店舗はあまり目立つことがありません。

では実際のところ、中堅クラスのカードローンはどんな状況かといえば、やはり「けっこう苦しい」というのが本音のようです。

このあたりは、ユーザーの自然な発想から考えると理解しやすいでしょう。

まず私たちが生まれて初めてキャッシングを申し込もうとするとき、いろいろ不安なのでCMなどでよく耳にした最大手を選ぶことが大半です。もちろん他社での借入れがない最初の状態なので審査もすんなり通りやすくなります。

しかし借入件数が増えていくと、大手ではキャッシングを利用しにくくなり、次に中堅や準大手の店舗に申し込むようになっていくでしょう。

つまり、中堅クラスのカードローンは大手に比べると借入件数が多いユーザーを相手に、リスクが高い融資をしなければいけないのです。

その一方で、中堅から準大手になるとサービスの質もそれなりに高いレベルが要求されるため、店舗やATMの設置、サポートダイヤルの人件費等でコストが多めにかかってしまいます。

こうして中堅クラスの消費者金融は、リスクが高い顧客を相手に、コストも高くなるという「板挟み」の状態にあるといえるのです。これが、中堅クラスが厳しい立場にある主な理由になります。

ところが逆にいえば、生き残っていくために独自のサービスを展開しているところが多いため、ユーザーから使いやすいと評判を得ているところが多いのも中堅クラスに多いのです。

例えばレイクなどはその典型的なところで、金利18.0~29.2%、限度額50万円、10秒審査の即日キャッシング等、かなり全体のバランスに優れています。

さらにパートやアルバイト申込み可能、初回の30日は利息ゼロといった独自サービスを展開し、審査も甘いため弱点らしい弱点がありません。むしろキャッシング初心者にも十分使いやすいと言えるでしょう。

飛び抜けた長所がないからといって中堅・準大手のカードローンを無視するのは、はっきりいって損なことです。ネットやATM等によほど偏った使い方をする方は別ですが、どんな場面でも安心して使えるのが実は大きなメリットになるのです。
2006/09/16(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

グレーゾーン金利の廃止は金融庁や自民党内で議論が続いていましたが、今日のニュースを見ると調整案がようやくまとまり、秋の臨時国会へ提出するようです。

法律が改正されると、早ければ3年後の2009年には出資法の29.2%という上限金利が20%まで引き下げられることになります。ただし、その後さらに2年間は「短期・少額の融資」だけに限って最大25.5%という特例金利を認め、消費者金融の経営が苦しくならないように調整していきます。

つまり、法律が改正されて5年後には、完全に金利20%の時代がやってくるのです。

金利が下がってもキャッシング利用者のリスク(返済しない割合)は変わらないため、消費者金融の儲けは減ってしまう可能性があります。

ただでさえ貸金業者は、2005年度だけでも約2割が廃業しています。その上さらに金利が引き下げられると、また新たに廃業するところが増えてくるでしょう。

廃業までならなくても、経営体力の少ない中小規模のキャッシングサービスは審査を厳しくして、リスクが少ないユーザーにだけ融資を行っていく方法しかありません。

または、資金が豊富な企業に買収されることで、ブランド名だけが残るところも出てくるでしょう。そうなると外資系やIT系のキャッシングサービスが増えていくかもしれません。今までの消費者金融とは会社の顔ぶれがガラッと変化すると考えられます。

大手の消費者金融はといえば、現在でさえもイメージダウン等で苦しんでいます。その上さらに金利まで下がってしまうとやはり経営は苦しくなるでしょう。審査が厳しくなるのはもちろん、窓口がある店舗数を減らして運営コストを下げるという努力も必要になってきます。

もともと今回のグレーゾーン金利廃止は、私たちユーザー側が多重債務にならないための法律改正だったのですが、こうして考えるとサービスの選択肢が減ったり、審査が厳しくなる等の不便さも出てきそうです。

まだ法案の段階なので何ともいえませんが、今のうちに出来ることは、低金利のキャッシングで融資枠を確保しておくことが最優先になるでしょう。

マイベストビズ楽天MONEYといった人気キャッシングサービスを筆頭に、今でも20%より低い金利でキャッシング可能なところがいくつかあります。そこでカードを作成しておけば、金利ダウン直後の混乱でも上手にキャッシングを利用していくことが出来るのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。