クレジット系の低金利 - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

クレジット系の低金利カテゴリーの記事一覧です。

低金利!おまとめローン・一本化最速情報! TOP

2007/02/06(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

2月に入って数日が過ぎ、2007年の最初となる1月分のキャッシング人気ランキングが集計出来ました。そこで今回は、その上位からベスト3のサービスをコメント付きで発表したいと思います。

トップの人気だったのは、前回の2位からランクアップしたNISグループでした。

やはり去年10月の金利ダウンがユーザーに好評だったようで、50万円の限度額に金利15.0~18.0%、さらに即日スピード融資と柔軟審査を備える理想的なサービス内容が高く評価されたようです。

実はNISグループ内で個人向けキャッシングが占めている利益の割合は10%と低めなのですが、そのおかげでグレーゾーン金利が廃止になっても会社の運営にそれほど大きな影響を与えずに済んでいます。だから結果的に、ほかの消費者金融が苦しんでいる中でも事業者ローンなどから十分な利益を上げ、調子の良いサービスが続けられているのです。

あえて弱点を挙げるなら、NISグループは電話を使った振込みキャッシング専門サービスなので、これから主流になるネットキャッシングに対応しきれていない点でしょう。これを改善すれば、まだまだ人気は伸びていきそうです。

次に2位になったのは、IT系キャッシングの楽天マイワンです。

こちらはNISグループのように即日審査ではありませんが、限度額500万円に金利7.0~17.8%という圧倒的な好条件が魅力です。それに提携ATMが全国に約80000台、パソコン・携帯からのネットキャッシングに完全対応する等、使いやすさの面でもトップクラスになります。

意外に審査が柔軟なことも手伝って、ランキング2位というのは立派な順位と言えるでしょう。

また、3位はクレジット系のマイベストビズになっています。

新規入会キャンペーンを実施していたことに加え、300万円の限度額と金利7.8~17.6%、ネットキャッシングにも対応する等、楽天マイワンに匹敵する優秀なサービスが多くのユーザーに支持されました。

以上が今年1月のランキングトップ3ですが、やはり並べてみるとすべて「低金利」に分類されるキャッシングであることが分かります。去年から続いている低金利キャッシングのブームは、やはり今年になっても変わっていないようです。

大手の武富士もついに昨年11月から金利9.125%~という新型ローンをスタートさせる等、いよいよ低金利キャッシングでの競争が激しくなってきたと言えます。私たちユーザーとしてはニュースや口コミ情報に気を配り、うまく条件の良いサービスを見つけていくことが大切になります。
スポンサーサイト
2006/11/08(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシング大手が揃って赤字決算を発表するなか、クレジットカード業界も業績をダウンさせるところが目立っています。実のところキャッシング・クレジットどちらも不振の理由は同じで、グレーゾーン金利を超えた部分の利息について返還を求める訴訟が、全国のユーザーから相次いでいるからです。

今まで消費者金融ばかり高金利だとマスコミに悪者扱いされていましたが、クレジットカードのキャッシング金利もよく見てみると、出資法の上限(29.2%)ギリギリの高金利が少なくありません。

先日になって大手クレジットカード会社のUFJニコスが大幅に業績予想を下方修正したのも、まさにそれが原因となっています。

それでも、この動きにすぐ反応してキャッシング金利を引き下げてきたクレジットカードがあります。

それが流通系大手、OMCのJiyu!da!カードになります。

以前はキャッシング金利が28.8%とかなり高めだったのが、最近になって16.0~25.0%まで大きく引き下げてきました。これは全国で相次ぐ利息の返還訴訟や、2009年あたりに予定されているグレーゾーン金利の撤廃をすでに見越したものでしょう。

まだ少しだけグレーゾーン金利(20%)を超えた部分はありますが、キャッシング専業のサービスと比較しても負けないくらいのキャッシング金利を備えるようになったのは評価すべきことです。

もともとJiyu!da!カードは、年会費無料、スピード発行、ポイント還元、自由な返済額、国内旅行保険、ショッピング保険、ダイエー各店での割引など特典が豊富なクレジットカードで人気を集めています。ここに今回のキャッシング金利引き下げが加わり、弱点がほとんど無くなりました。

また、他にも新カードデザインの投入、ネット銀行との連携を強化するといった数多くのパワーアップがされています。

キャッシング専用のカードだけで十分と思っていても、クレジットカードが1枚あるとショッピングにもキャッシングにも使えて便利なものです。クレジットカードの審査が厳しそうと諦めていた方でも、激甘発行でサービス豊富なJiyu!da!カードはきわめて有力な選択肢になるでしょう。
2006/09/20(水)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

このブログサイトを読んでおられる方なら、同じキャッシング店舗でも決算シーズン直前や新サービス開始時には審査が甘くなるということを知っている方も多いでしょう。

こうしたタイミングを知っておけば、普通なら審査に通りにくいような好条件のキャッシングでも、案外すんなりカードを発行出来たりするのです。

ちょうど現在、そういった意味で注目したいサービスとしてはエキサイトローンがあります。

エキサイトローンは今年4月にサービスを開始したばかりで、その後しばらく(5月くらいまで)は驚くほど審査が激甘でした。ところが激甘キャンペーンで規定のユーザー数が揃ったためか、しばらくは審査の甘さも普通レベルに戻っていました。

それが現在、またかなり審査が甘くなっているのです。

9月は上半期の決算シーズンなのでカード会員数のテコ入れをしておきたいという事情があるかもしれませんし、最近は新しく低金利キャッシングも参入してきているため、新規ユーザーをそちらに取られたくないという焦りがあるのかもしれません。

いずれにしても審査が激甘になっている今は、申込みしやすいタイミングと言えるでしょう。

エキサイトローンはサービス開始から半年も経っていないため知名度はいまひとつですが、エキサイトや伊藤忠商事、そして信販大手のオリコ等の名だたるメンバーが出資しているため安心感があります。

限度額300万円に、金利15.0~18.0%というのは低金利キャッシングとして申し分ない融資条件でしょう。しかも審査スピードは最短25分、ネットから申込み完結、全国142000台のATMネットワーク、ネットから24時間キャッシングできる「eオリコサービス」を揃える等、かなりの好条件です。

実に意外な、といっては失礼かもしれませんが、本当に意外なほどハイレベルなサービス体制と言えるでしょう。

今回はおそらく9月いっぱいあたりで激甘審査の時期が終了すると見られています。クレジットカードで有名なオリコブランドの低金利キャッシングを利用したい方には、今がまたとないチャンスになるのです。
2006/08/19(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

本日のニュースで、楽天MONEYカードを運営する楽天KCが事業の一部をオリエントコーポレーションに売却する(買収される)ということが明らかになりました。

売却する事業は自動車ローン事業やショッピングクレジット事業、リース事業などです。
これによって楽天KCはクレジットカード事業とローンカードを扱うファイナンス事業の2つに力を集中していくことになります。

元々は信販系の大手だった国内信販という会社を楽天グループが買収したことで楽天KCという会社が生まれました。今回の件で当時からの主軸のであった信販事業や法人向けの事業を売り払ってしまうことで、完全に一般消費者向けの金融サービスに姿を変えることになるのです。


このことから考えられるのは今後、楽天KCはローンカードの中心にある楽天MONEYカードでは更なる会員増加に力を入れていくことはほぼ間違いないということでしょう。

楽天MONEYカードはサービスを開始して以来、200万円までの限度額と12%~18%の金利で利用できるキャッシングカードとして人気を集めてきていました。

手軽に・低金利で・審査が甘いという魅力的なカードだったこともあり、サービス開始以降も現在まで順調に会員を増やしていましたが、さらにそれをてこ入れするという姿勢です。こうした場合、やはり柔軟な対応が期待できるということがあります。

正式に事業が移行完了するのは11月1日となりますが、この発表を行った現在は事実上楽天KCが売ってしまう事業に力を注ぐとは考えられません。既にクレジットカード事業とファイナンス事業に力を注ぎ始めている頃でしょう。


一般的な消費者金融がグレーゾーン金利の問題で頭を抱えるなか、楽天MONEYカードは最初からグレーゾーン以下の低金利でサービスを行ってきていたため、特に影響は少ないということがあります。

むしろ、今後はこの事業集中も合わせて、一般的な消費者金融のユーザーを会員にしていくために、より一層の柔軟な対応を行っていくことが予想されます。
2006/08/12(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

先日もお伝えしましたが、最近はIT系企業が一般消費者向け金融業界へ進出するパターンが多く見られます。そうした会社の特徴として、提供するサービスのほとんどがこれまでの一般的な消費者金融と比べて低金利の、新しいタイプのサービスを行っているということです。


一般的な消費者金融は、全国に多くの店舗を構えて多くの従業員を雇ってきています。そのコストをカバーするためにも高い金利で貸し出しをすることで、利益をあげて商売を成り立たせて来ていました。

これに対しIT系の企業は徹底的にコストを減らすことが得意なため、ほとんど人手や店舗を持たずにサービスを展開しています。コンビニATMや振り込み融資を活用することで、それほど高い金利で貸し出さなくても十分に利益が出るような体質を作ってきているのです。


もちろん、どちらが正しいというわけではありませんが、インターネットを活用できるユーザーにとってはやはり低金利で利用できるに越したことはないと言えるでしょう。

特にキャッシング利用では、多くの消費者金融が25%以上の金利を設定する中、最近はIT系企業が、低金利ローンとキャッシングの中間とも言える、便利な低金利カードを発行しています。


それが楽天MONEYカードになります。

楽天Moneyカードは12.0%~18.0%で利用できる、限度額200万円までのカードです。これは最近発行されている低金利ローンカードよりも多少金利は高く、限度額も100万円程度低いというサービスで、低金利ローンの性質を持つキャッシングカードとも言えるサービスです。

特徴としてはやはりキャッシングカードの性質上、一般的なローンカードよりかなり柔軟な対応が見込めるという点でしょう。また、一般的なキャッシングカードよりも限度額が高いため、利用目的も広がるでしょう。


一般消費者向けの金融業界は今、激動の時期を迎えています。サービスの数も急増し、冷静に状況を判断できないと、何がお得で何が損をするのかわからないとも言えるでしょう。

どのサービスでも利用するのは同じお金ですから、こうした新規参入企業にも注目し、より低金利で賢いサービス選択をしていくことが必要な時期なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。