おまとめローンの基礎知識 - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

おまとめローンの基礎知識カテゴリーの記事一覧です。

低金利!おまとめローン・一本化最速情報! TOP

2007/04/01(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

審査が通りにくくなったといわれる最近のキャッシング業界ですが、かなり店舗ごとにバラ付きがあるのも事実です。たとえば同じ最大手でも武富士なら半数以上の申込者が融資を受けられるのに対し、不祥事によるイメージダウンが残るアイフルでは可決率が30%台まで落ち込んでいます。

ただ、どこでも共通するポイントとしては「他社の借入れ件数を重視する」という審査の傾向があります。

同じ借入総額のユーザーが2人いたとして、

・5社から合計150万円を借りているAさん
・1社だけから150万円を借りているBさん

を比べると、借入れ件数の少ないBさんが圧倒的に審査に有利になるのがキャッシング審査の特徴なのです。

つまり、このポイントさえきちんとクリア出来ていれば、審査が厳しくなりつつある今後も好条件のサービスで融資を受けやすくなるということです。

借入れ件数を減らす方法でもっとも有効なのは、うまく借り換えられるサービスを探して「おまとめ一本化」を行なうことです。これで件数が一気に減らせる他、ほとんどの場合は低金利のおかげで支払い利息が少なく済むという特典も付いてきます。

このおまとめ一本化に向くサービスとしては、楽天マイワンがよく知られています。去年から限度額を500万円までアップさせた上に、金利も業界最安クラスの7.0~17.8%に設定されています。まだ借入れ件数が増えすぎる前なら、十分に対応できるほどの柔軟審査も魅力です。

また、今月からはオリックスVIPローンカードも限度額を500万円にアップさせ、6.9~17.6%まで金利を安くしました。楽天マイワンと同じく審査が比較的柔軟なので、おまとめが利用しやすくなっています。

もし借入れ件数がオーバーして上記の2社で融資が受けにくかった場合は、スタッフィが昨年11月からスタートさせたおまとめ専用ローン「スタッフィ's300」を選ぶのも有効でしょう。保証人が1名必要になりますが、その条件さえ満たせれば300万円まで激甘審査でおまとめ可能です。

こうした借り換え向けのサービスを有効活用できれば、審査でもっともネックになる「借入れ件数」を一気に減らすことが出来ます。あせってしまい何社とも契約を繰り返すより、この借り換え方針のほうが最終的にはずっと有利になるのです。
スポンサーサイト
2007/03/20(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

グレーゾーン金利の廃止を見越してキャッシング金利をダウンさせる店舗が出てくる中、おまとめ一本化に有利なサービスを選ぶユーザーが増えてきました。やはり総量規制(年収の3分の1までしか借りられなくなる)が実施される前に、少しでも現在の借入額を整理しておこうという方が多いのでしょう。

そこで今回は、おまとめユーザーに人気の注目サービスをいくつか取り上げたいと思います。

低金利と高額融資を誇っているIT系サービスはキャッシング不況と言われる現在も強く、楽天マイワンが安定した人気をキープしています。

去年の4月に限度額を300万円から500万円にアップさせ、逆に金利は7.0~17.8%までダウンしましたが、それでいて意外に審査柔軟なのが支持を集める理由になっていると思われます。ATMだけでなくネットからも気軽に融資が受けられ、入会時の審査がやや遅い(数日かかる)以外は文句の付けようがないサービス体制です。

なお、今月に入ってからはオリックスVIPローンカードも限度額を500万円に上げ、金利を6.9~17.6%に下げたため、条件の上では楽天マイワンにほぼ並ぶようになりました。新聞やテレビへの宣伝を積極的に行ない、審査の柔軟さも十分なレベルです。

楽天マイワンと合わせて、おまとめ向きの最有力候補と言えるでしょう。

また、3月は決算シーズンのためか、銀行系のモビットアットローンが審査柔軟になっています。

どちらも300万円の限度額に15.0~18.0%の低金利を備え、ネットキャッシングも標準対応しています。楽天マイワンとは違って即日スピード融資がOKなので、おまとめ用途以外でも活躍してくれるでしょう。申し込むなら審査が甘くなっている3月いっぱいが狙い目です。

最近は大手キャッシングを中心に「審査が厳しくなった」と言われていますが、そんな時だからこそ今回紹介したような低金利系のサービスが威力を発揮します。なぜならすでにグレーゾーン金利の基準をクリアしており、法律が変わっても利益ダウンなどの影響が出にくいからです。

むしろ大手が足踏みしている今のうちに少しでも多くユーザー獲得しておこうと必死になっているため、申込みが受け付けられやすくなっています。今の段階で何件かに借入がある方は、こうしたサービスを活用して債務圧縮に取り組むことが大切になってきます。
2007/02/22(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

カードローン各社は返済方式にいろいろな方法を採用していますが、その主流はといえば「リボルビング払い」になります。かなり高額のキャッシングを使っても月々の支払い額が低めの一定額で済み、好きなタイミングで追加融資を受けられる等のメリットがあるため、便利に思っているユーザーの方が多いでしょう。

しかしリボ払いには便利な反面、返済回数が決まっていないというデメリットもあります。つまり毎月の負担が少ないため何度も繰り返し利用してしまい「永久に返済が終わらない」というトラブルが発生しやすいのです。

リボ払い先進国のアメリカではこの傾向が強く、クレジットカード等のキャッシングで日本とは比較にならないほど多くのカード破産者が出ています。

日本のキャッシング店舗でも今はリボ払いしか使えないところが増えつつありますが、プリーバのようにいくつかの返済方式が選べるサービスもあります。

プリーバでは3種類の方式が用意され、

・リボルビング返済(通常のリボ払い)
・元利均等返済(分割払い)
・元金一括返済(1年後に一括払い)

のうちからユーザーの用途に合わせて選択することが出来ます。

1つめのリボルビング返済を除けば、残り2つはどれも返済回数がきちんと最初から決まっているため、ついつい無計画に使いすぎる心配がありません。

計画的にキャッシングを使える方なら、途中で追加融資が受けられるリボ払いを選ぶのがベストでしょう。そして利用したい金額や返済期間を最初からきちんと決めておきたい方は、それ以外の方法を選ぶのがベストになります。

どうしてもキャッシングといえば「借りやすさ」ばかり気にしてしまいますが、実は「返しやすさ」も非常に大切です。キャッシングサービスを選ぶときには、どんな返し方が出来るかも確認しておくと良いでしょう。
2007/01/01(月)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

新しい年がやってきました。まだ今のところ正月休みなのでキャッシング各社とも目立った動きはありませんが、今年は新しい改正貸金業法がスタートされる年です。おまとめ一本化を目指すユーザーの方には、大きな節目になる1年になることでしょう。

そんな中で特に今年注目していきたいのは、おまとめ向きのIT系、銀行系キャッシングサービスになります。

IT系キャッシングではイコール・クレジット楽天マイワンあたりがもっとも有力です。

それぞれ限度額300万円と500万円の超高額を誇り、金利の下限が10%を切っている等、まさにおまとめ一本化のためにあるようなサービス内容です。どちらも大手消費者金融のように店頭窓口を持たない低コスト運営なので、審査が甘めなのもメリットでしょう。

これはモビットアットローンといった銀行系キャッシングにも同じようなことが言えます。

運営コストが少ない上に、大手銀行がバックに付いているため貸し出しに使う資金調達に困る心配がまずありません。だからこそ300万円の限度額と10%台半ばの金利設定を持ちながら、IT系キャッシングに並ぶほどの柔軟な融資ができているのです。

このように今のところ借り換え・一本化に向いたサービス体制になっているIT系と銀行系キャッシングですが、まったく将来的に心配がないわけではありません。

今年から施行される新しい法律では、年収の3分の1を超える融資を禁止する、いわゆる「総量規制」が2009年までに行なわれることになっています。こうなると限度額が300万円のサービスでも、私たちユーザーの年収がその3倍(つまり900万円)なければフルに限度額を使い切ることが出来なくなってしまいます。

法律改正によって金利が下がるのはうれしいのですが、おまとめ一本化を狙いたいユーザーにとっては融資を受けられる上限額を下げられるのは、かなり厳しいことです。

おそらく今年中にすぐおまとめが利用しにくくなることは考えられませんが、リミットの2009年まで残された時間はそれほど多くありません。

まだ大きな変化が現れていない今のうちにIT系か銀行系の高額・柔軟ローンですばやく借り換えを済ませ、将来に備えておくのが一番賢いキャッシングの利用方法だと言えるでしょう。
2006/11/25(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

実質年利が10%を下回る低金利カードローンを利用する方は、大きく分けて初めて使う場合と、他社から借り換えをする場合の2つがあります。ただし初回ユーザーはプロミスや武富士等の大手消費者金融を選ぶことが多いため、主に低金利カードローンは借り換え・おまとめ目的のユーザーを中心に支持されています。

このおまとめ目的では、楽天マイワンオリックスVIPローンカードの2サービスが特に高い人気を誇っています。

まずどちらも共通点として、限度額の高さと低金利がポイントです。楽天マイワンは500万円まで金利7.0~17.8%、VIPローンカードは300万円まで金利7.7~17.6%に設定されています。

例えば200万円を29%で借りていたとして、楽天マイワンに借り換えるだけで1年当たり最大20%(40万円)ほど利息が安く済む計算です。何社からも高い金利で借りている方は、この低金利ローンを使わない手はないでしょう。

また、好条件なだけでなく柔軟審査なのも重要です。どちらも他社の借入れ数にそれほど審査が厳しくなく、特に楽天マイワンの方は甘い状態がしばらく続いています。

そしてもう1つ大切なのは、実際に高い金額での融資実績が多いという共通点です。他の高額ローンに比べても楽天マイワンとVIPローンカードは飛び抜けて融資額が高く、おまとめユーザーを優遇していることが分かります。

なお、共通の弱点としては「即日審査ではない」というのがあります。ただ、急な出費でキャッシングを使うのとは違い、おまとめローンであれば審査に数日かかってもそれほど気にならないことが多いでしょう。

ただ単に低金利で限度額が高いカードローンは他にもいくつかありますが、今回紹介した2つは見た目の融資条件だけでなく、サービスの構造すべてがおまとめ一本化ユーザーに適した作りになっています。

キャッシングに関する法律が変わる前に少しでも債務額を減らしておきたい方には、こうしたおまとめ向けカードローンが良い選択肢になるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。