消費者金融系の低金利 - 低金利!おまとめローン・一本化最速情報!

消費者金融系の低金利カテゴリーの記事一覧です。

低金利!おまとめローン・一本化最速情報! TOP

2006/11/26(日)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

普段からキャッシング申込みをする時、またはサイト上でお試し診断を受ける時に、必ずといっていいほど「勤続年数」を記入する欄があります。それほど気にせず記入していると思いますが、実は審査の通りやすさと限度額に大きく影響してくる部分なのです。

というのも、消費者金融はお金を貸すだけでなく、それを利息付きで返してもらわなければ運営していけません。

そこでもっとも重視されるのが、収入額の高さよりも「そこに何年間、安定して勤めているか」になります。年数が長ければ長いほどキャッシングの審査に通りやすく、逆に勤めはじめて3ヶ月くらいだと審査には不利です。

やはり勤続年数が短ければ

・いつ辞めるか分からない
・お金を返さず行方不明になりやすい

という不安がどうしても残ってしまうからです。

なお、実際にキャッシング申込みすると勤め先に確認の電話が来ますが、勤続年数まで確認されることは通常ありません。しかし消費者金融もプロなので、ウソを記入するとほぼ間違いなくバレてしまい、かえって不利になります。勤続年数は正直に書くのが原則です。

この勤続年数をどれだけ重視するかの度合いですが、キャッシング店舗によって変わり、プロミス アコムといった大手はこのあたりの基準が柔軟になっています。

勤続年数にどうしても自信がなく、他社の利用件数が3件までの方なら、むしろ大手キャッシングに申し込むのが間違いのない選択になるのです。
スポンサーサイト
2006/11/21(火)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

オリックスVIPローンカード、NISグループの金利引き下げ、武富士の新型ローン導入など、この秋だけでもキャッシングの低金利化がいっそう進んできました。その一方で女性専用ローンはどうかと言えば、いまだに「審査は甘いけど高金利」のイメージが強くあります。

確かにレディースローンは貸し倒れリスクを高く見積もっている関係で、女性の方でも審査に通りやすいですが金利は高めのところが大半になっています。

しかし探してみれば、オリーブのように女性専用でありながら低金利、高額融資のサービスも見つけることが出来るのです。

オリーブの最大の特長はなんといっても優れた融資条件にあります。限度額200万円、金利7.5~18.72%のプレミアムプランは、レディースローンに限らず一般向けサービスと比べても非常に好条件となっています。

融資スピードが即日OKの素早さなので、日常のキャッシングからおまとめ一本化まで幅広く使えると言えるでしょう。審査も比較的柔軟なので、口コミで女性ユーザーの支持を集めています。

また、それほど高い融資枠が必要ない女性の方ならマイベストミューも有力な選択肢です。

金利は18.0%固定に設定され、50万円の限度額だけで比較するとかなりの低金利ローンになります。審査が比較的柔軟な上に、利用出来るATMが全国15万台、ネットキャッシング、携帯キャッシングに対応する等、その使いやすさは間違いなくトップクラスでしょう。

運営しているのは人気のマイベストビズと同じUFJニコスなので、実は隠れた実力派レディースローンと言えるのです。

もちろん単に審査激甘というだけなら、もっと高金利なレディースローンも選択出来ます。しかし借入件数がそれほど多くない場合や、一定の収入がある女性の方なら、あえて高金利なところを選ぶ理由もないでしょう。

そういった女性の方には、金利が低めでサービスのバランスが良好なレディースローンを使った方がお得になるのです。
2006/11/02(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

消費者金融の広告をじっくり見ている方はご存じかもしれませんが、キャッシングの店舗によっては金利の幅が大きく違っていることがあります。なかには1つのサービスなのに最低金利が10%以下、最高になると20%を超えるところも見られます。

実は、この金利幅は審査が甘いカードローンを見つけるための大切な手がかりにもなるのです。

その良い例が、人気のネット系サービス、イコール・クレジットになります。

限度額が300万円と非常に高く、金利は8.0~29.2%に設定されています。8.0%といえば業界でも最低レベルの金利で、逆に29.2%は出資法で決められた金利の上限です。ここまで1つのサービス内で金利が違ってくるところは珍しいでしょう。

この金利が示すのは、信用度が高いユーザーには低金利で融資でき、信用度があまり高くない(借入件数が多い等)ユーザーにも金利は高くなりますが融資可能ということです。つまり、どんなユーザー層にも対応出来るように金利が設定されているため、申込み時に「門前払い」される可能性が低くなっているのです。

実際、ネット系キャッシングのなかでもイコール・クレジットは審査が非常に甘いと好評です。特に女性ユーザーの割合が他社とくらべて高いのも、柔軟審査を証明しているといえるでしょう。

また、同じような性格のキャッシングにネット系のプリーバがあります。

限度額が300万円、そして金利は9.7~23.0%とかなり幅広くなっています。審査の方はイコール・クレジットと同じかそれ以上に柔軟を誇っていて、なかなか他店では難しいような方でもカード発行が期待できます。

この2つのサービスはどちらも高い限度額を持ち、高い融資枠を持てれば金利が下がるためおまとめ一本化にも十分使っていくことが可能です。逆に、少額でもいいから柔軟審査が希望というユーザーにも、即日スピードキャッシングで期待にこたえることが出来るでしょう。

このように、いつもなら見過ごしてしまうような「金利の幅」に注目するのも、激甘キャッシングを探したり、将来的におまとめ一本化を狙っていくには有効な方法といえるのです。
2006/09/30(土)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

前回のエントリーで、武富士が携帯カメラを使った「携帯\enむすび」を発表したと伝えましたが、その武富士が今日、キャッシング利用者全員にかけていた生命保険から脱退すると発表しました。

武富士を含む大手20社以上がユーザーに生命保険をかけていたというニュースはつい先日流れたばかりで、「契約者の生命で貸し金を回収するとは何事か?」と世間からの批判が強まっていたようです。

今になって保険への加入をやめても、しばらく消費者金融大手はイメージダウンからの業績悪化が避けられない状況といえるでしょう。

たびかさなる不祥事や悪いニュースで大手が苦戦する中、IT企業の楽天グループが運営するキャッシング2社は、それぞれ低金利と柔軟姿勢の融資によって好調を続けています。

特に人気なのが、楽天KCによって運営される楽天MONEYです。

もともと運営元の楽天KCはクレジットカード会社であり、そのキャッシング機能だけを独立させたのが楽天MONEYになります。そうした特殊な経緯でスタートしたせいか、一般的なキャッシングとは審査基準が違うともいわれています。

つまり、キャッシング他社での借り入れ件数には非常に柔軟となっており、すべてのキャッシング店舗の中でも特に審査が甘いグループになっているのです。

普通なら審査が激甘であれば金利が高かったりするものですが、楽天MONEYはまったく違います。むしろ金利12.0~18.0%、限度額200万円という激甘キャッシングでは破格の好条件が用意されています。

より柔軟な審査でおまとめ・一本化をしたい方には、ベストの選択になるでしょう。

また、とことん低金利・高額融資を目指したいなら、同じグループの楽天クレジットが運営する楽天マイワンが理想的になります。

こちらは限度額500万円、金利7.0~17.8%となっており、楽天グループ内どころか全キャッシングサービス中で最大級の融資条件を誇っています。

楽天MONEYの審査が甘いため目立ちませんが、この楽天マイワンも普通と比べればかなり柔軟審査でユーザーからは定評があります。

このように柔軟融資でありながら好条件キャッシングを続けられるのは、楽天グループが金融部門からの利益を重視しているからと考えられます。

楽天が先月に発表した中間決算では、売上高・経常利益とも過去最高になっていましたが、とりわけ楽天KCを中心とするクレジット部門は「前年比24倍」という驚きの売上アップを果たしています。

また、今月に入って親会社の楽天は、楽天KCに大幅な増資をすることを発表しました。

これにより、今後さらに楽天KCの資本力は強くなり、クレジット・キャッシングで新しいサービスを生み出したり、融資条件をさらにアップさせることが可能になるでしょう。私たちユーザーへのメリットも、ますます大きくなると言えるのです。
2006/09/28(木)

[PR]【新金利6.9%~★】業界最低金利を追求!
[PR]こちらもお得!SBIグループ 年率6.5%~17.5% 限度額300万円!

キャッシングの申し込みで、ネットから手続きすれば即日融資がOKという店舗が増えています。しかし基本的には郵送で本人確認書類を送ったりする必要があり、正式な手続きが完了するまでは少し時間がかかっていました。

そこで、ネット時代を反映したサービスとして、携帯電話のデジカメ機能を使って身分証(免許証等)を撮影し、そのまま送信することによって手続きを簡単にできる店舗が出てきました。

武富士は27日の報道で「携帯\enむすび」のスタートを発表し、携帯デジカメでスピーディーに申し込み手続きが出来るようになりました。さっそくこの新サービスは、28日から使えるようになっています。

ドコモの第3世代と呼ばれる比較的新しい機種を持っていることが条件で、申し込みの流れとしては以下のようになります。

・武富士のモバイル専用サイトに携帯からアクセス
・専用のiアプリをダウンロードする
・携帯のデジカメで免許証等を撮影し、そのまま送信
・申し込みが完了し、審査結果の連絡がある

この方法が登場するまでは、店頭や自動契約機に行って身分証を提示するか、身分証のコピーをわざわざ郵送する必要がありました。その手間を考えると、自宅など好きな場所から携帯電話だけで申し込めるようになって、スピードは大幅にアップしたといえるでしょう。

こうしたサービスは、15日間無利息や低金利ローンで知られるクレディアの「写プリ」が業界初でしたが、大手ブランドで同様のサービスを開始したのは今回の武富士が最初になります。

すでに武富士は最大手の名に恥じないよう、店舗やATM、電話などでの融資サポート体制は完璧に近い完成度を誇っていました。さらに今回、「携帯\enむすび」をスタートしたことによって他の大手に少しリードを広げたと言えます。

おそらく今後は他の大手消費者金融も同じようにサービス強化をしてくると予想されるでしょう。これからも健全な競争が続き、よりユーザーにとって便利で使いやすいサービスの展開が期待できるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。